Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

食べ物

冷し中華に光を!

中華を名乗ってはいますが、間違いなく中華料理じゃない「冷し中華」。この時期になると、ラーメン屋さんの軒先に涼しげな色合いの幟旗が立ちますね。

家でスーパーから買って来た生麺の冷し中華を作っても、店と変わらぬ味になるという、飲食店泣かせのメニューでもあります。結局、トッピングで勝負!となるようですね。

私は冷し中華が好きです。最近よく言われる「町中華」のお店では、丼ものと共に良くオーダーするメニューのひとつです。連日の猛暑で食欲が落ちた時でも、酸味の効いたタレでするっと食べることが出来ますね。

味噌ダレもありますが、私はもう醤油ダレ一辺倒、どこの店でも醤油味です。トッピングの飾りつけでお店ごとにひと工夫ありの冷し中華を、ちょっと並べてみました。

まずはこれぞ「町中華」と言える上田市内の老舗中華料理店。冷し中華はハムに限ると内心思っているのですが、こちらは蒸し鶏が載っていました。

イメージ 1

麺はお店独自に発注しているものらしく、昭和の香りがする白っぽい中太麺です。錦糸玉子の量が、少々お上品でしたか。

続いては、国道18号線沿いにあるがっつり系の豚骨醤油ラーメンのお店。

イメージ 2

なんとタレを後から自分で適量かけていただく方式、ラーメンの無骨さとは正反対の、とても上品な一品でした。ハムが載っているのでポイントアップ、さらに辛子だけではなくマヨネーズが添えられているのも高評価ですね。次回はマヨ大盛でお願いすることにします。

こちらはご飯の盛りの良さで人気の、長野市内の食堂です。

イメージ 3

並サイズですが、麺はたぶん150グラム以上ありそうです。以前こちらで味噌ラーメンの大盛を頼んだら、箸も渡らない洗面器大の丼で出て来て参ったことがあったため、大盛は怖くて頼めませんでした。こちらの冷し中華もハムではなく蒸し鶏でした。
レタスの歯ごたえが嬉しかったです。

住宅街にある、カツ丼とラーメンのセットなど、かなりボリュームのあるメニューが並んでいるお店の冷し中華がこちら。

イメージ 4

なんとチャーシューが刻まずに3枚載って来ました。しかしこういうチャーシューは温かいスープに浮かんでこそ、柔らかく温まって味が出ると思うのですが。正直ちょっと硬かったです。スイートコーンの色合いは良いんですが…。

今のところ、今シーズンいちばん気に入った冷し中華がこちら。

イメージ 5

「元祖ニュー・タンタンメン本舗上田住吉店」の冷し中華です。
まず目につくのがオクラ。ネバネバが身体に良さそうですね。白髪ネギの下には、なんとアツアツの揚げナスが載っています。冷たい麺の上に揚げたてのナス、アクセントが効いています。そしてハムと蒸し鶏のダブル載せ、これはかなり嬉しい。しかも麺の量が多く、並サイズでも200グラム近くありそうでした。
これは今夏のヘビーローテーション確定な感じです。

良いお年を

今年も残すところ、今日を含めて3日になりました。

仕事は昨日で終わり、今日から新年3日までお休みです。この年末年始はカレンダーが良くなくて、最も短い年末年始休業です。

27日に同僚が仕事で上田に来て、昼を一緒に食べました。彼は「刀屋の蕎麦が食べたい」と言ったのですが、残念ながら駐車場がいっぱいで入れず、同じように盛りの良い蕎麦屋、更科さんに連れて行きました。

刀屋さんは、小諸が本店の草笛さんと双璧の、盛りが非常に良い蕎麦屋さんです。信州では、かつて蕎麦が主食であった地方が多く(米が充分に収穫出来ず、雑穀や蕎麦を食べていた)、主食で腹いっぱいになるように、だいたい盛りが良いのです。

上田市周辺は県内でも特に蕎麦の盛りが良く、値段も安い店が多いです。どうやら店の数が多いため、競合で値段が上がらないという理由のようですが、私のような蕎麦食いには、実にありがたいことです。

同じ県内でも、諏訪や松本は高級店が多く、お値段もヘタをすると上田の倍くらいするお店もけっこうあります。

イメージ 1

こりゃもう年越し蕎麦だなぁ、なんて話しながら頂いたもり蕎麦の中盛。この量で、なんと700円(税込)ですよ。もちろんご主人の手打ち、大根おろしは地大根のみどり大根、ネギも大盛り!いやぁ、美味かった。

今日は夕方から実家に向かいます。一応、星見の道具も持参しますが、たぶん呑んだくれてしまって無駄になる気がしますが…。

では、皆様良いお年をお迎えください。

恒例行事

毎年この時期、神奈川県からお客様に来ていただく仕事があり、夕食と翌日の昼食をご一緒させていただきました。

夕食は、やはり蕎麦屋でということで、馴染みの蕎麦屋さんで鴨しゃぶを。

イメージ 1

汁につけるまえに、鴨肉に蕎麦粉を塗します。とろみが付き、鴨の旨味が引き立ちます。しゃぶしゃぶのつけ汁は、鴨肉を食べ終わったあとに、盛りそばをつけていただくわけです。

鍋の汁には塩を入れ、蕎麦粉と鴨肉の旨味が出たそのままをいただきました。蕎麦も美味で満足でした。

翌日は、今が旬の辛味大根、坂城町特産のねずみ大根の搾り汁で釜あげうどんをいただく、おしぼりうどん。

流通量が少なく、なかなか県外ではお目にかかれないねずみ大根、見た通り、姿はねずみそっくりです。

イメージ 2

坂城町の土壌で作ると、とびきり辛い大根になるのだそうです。

イメージ 3

搾り汁そのままでは、これはとてもじゃないですが、辛くてむせてしまい食べられません。そこに信州味噌を溶くと、辛さが和らぎ、とても美味いのです。

今年はねずみ大根の収量が少なく、品不足のようでした。

海なし県は旨いものがあまり無く、お客様に食事をという時、いつも困ってしまします。山の幸は、初夏から秋までしかありませんからね…。

新蕎麦

そろそろ新蕎麦の季節ですね。

今日のランチは、最近良く伺う上田駅近くのそば処更科さんへ。
蕎麦粉を2か所から入れていて、片方が今週から新蕎麦粉になったそうで、ご主人曰く「半分新蕎麦だよ」(笑)。
来週からもう1か所の製粉所も新蕎麦粉になるそうですから、週が明ければ完全に新蕎麦という事ですね。

いつもはかき揚げ天ざるを頂く事が多いのですが、今日は大もりで。

イメージ 1

他県ではまずありえないデカ盛り!薬味も蕎麦つゆも大盛りです。これで750円ですから、上田の蕎麦は安いです。しかも美味い!

今、大河ドラマ真田丸の効果か、平日でも上田城跡公園を中心に観光客が多く、市内の蕎麦屋さんは軒並み大混雑で、なかなか蕎麦にありつけません。しかしこちらは駅裏の住宅街にあり、観光客はまず来ません。さすがに正午を過ぎると、いつも常連さんで混みますが、外に並ぶことはないので助かります。

来週は新蕎麦を頂きに伺います。

上田に戻り3か月

最近、飲み食いネタがないけど、心を入れかえたの?なんて言われたりするのですが、いやいやそんなことはありません!しっかりと食ってますよ。
 
というわけで、7月以降のスマホアルバムから切り出してみます。
 
長野市松代の『五十里うどん麺味座(めんみくら)』さんの釜おしぼりと松代揚げのセット、おこわ付き。


イメージ 1

松代揚げというのは、長芋の角切りが入ったかき揚げのこと。おしぼりと言うのは、前にも書きましたが辛味大根の搾り汁に信州味噌を溶いて食べるメニューです。味噌を入れると辛味が和らぎ、実に美味いのです。
 
上田と言えば、やはり日昌亭(支店)の焼きそば!このタイプ、あるようでどこにもありません。中華鍋で炒めた麺の上にガラ出汁と塩で味付けした野菜のあんかけが載ります。辛子を酢で溶いたものをタップリかけて頂きます。MYソウルフードです。
 
イメージ 2

佐久市の藤蔵屋さんのもり蕎麦。小盛というメニューがある事を忘れて、うっかり大盛を頼んでしまいました。都内なら大盛2人前以上は確実にある麺の量です。
 
イメージ 3

上田市内の丸木屋さんではつけ麺や中華そばを良く食べます。無化調の優しい味、クセになります。
 
イメージ 4

その昔、東部町(現東御市)にあった「かるかや」のレシピを継承した手打ちラーメンの恵比寿家さん。平打ちの麺と、ちょっと酢が効いたスープが特徴。このチャーシューメンは、本当に美しい顔ですよね。
 
イメージ 5

同じく東御市のゆいやさんは、シンプルな中華そば。丁寧な仕事で、実に繊細な味です。
 
イメージ 6

上田市武石にあるかじかやさん。手打ちの幅広麺は柔らかく、独特なのど越しです。


イメージ 7

うどんと言えば、上田市天神の中村屋さん。こちらの肉うどんは馬肉を使っています。この馬肉、スープの出汁に使ったものなのですが、醤油で煮込んだ何とも言えない美味さがクセになるのです。天丼とのセットで1,000円也。


イメージ 8

上田市に2軒ある車屋さん。浦里の本店の天ざるは、もり蕎麦の上にかき揚げが斜めに載っています(笑)。秋和店は別添えです。どちらも柔らかめで弾力ある蕎麦が特徴的です。
 
イメージ 9

イメージ 10

飲んで2軒目に良く行くママス&パパスさん(スナック)。こちらのチャーメン(皿うどん)が、なぜか酔った後に食べたくなるのです。
 
イメージ 11

最近知った、上田駅温泉口にあるそば処更科さん。蕎麦はコシが強く、量も多め。かき揚げセットで、なんと830円!安くて美味い!このところマイブームです。
 
イメージ 12

おしぼりうどんの大根、ねずみ大根の産地坂城町。花州苑八重さんのおしぼりは、天ぷらまでセットになっていてお得。しかも辛さがハンパ無い!
 
イメージ 13

戸倉上山田温泉にある大黒食堂さん。こちらはご主人の拘りで、スープの出来が悪い日は店を開けないという「不定休」。ゲンコツがガツンと効いたチャーシューメン、ボリューム満点です。相席が当たり前。皆さん席を譲りあい、どんぶりも自分で片づけたり。
 
イメージ 14

飲んだ翌日食べたくなるのが、四川やさんのサンラーメン。酸辣湯が胃を活気づけてくれます。
 
イメージ 15

あー、疲れた…。

追加ネタ!これを外しちゃいけませんでした。

イメージ 16

上田で食する『竹岡式ラーメン』!軽井沢から上田市に移ってきた梅の家さんの、元祖軽井沢黒醤油ラーメンです。刻みタマネギがピリッと辛く、スープは見事に真っ黒。手打ちの平麺はコシが強くて量も多め。ガッツリ行きたい時にはGood!

駅の立ち食いそばは何故美味いのか?

前にもちょっと書きましたが、駅の立ち食いそばコーナーの横を通ると、あの出汁の効いたツユの香りに食欲がそそられますよね。食事の後にも関わらず、思わず一杯食べちゃったり(笑)。

短時間でさっと食べられるよう、蕎麦つゆを熱すぎないようにしているあたりも、時間のないお客さんを考えているのでしょう。

さて、単身赴任の気楽な夕食ですが、先日、ふとあの駅そばのようなかけそばが食べたくなりました。早速、近くのスーパーに買い出しです。

そばは7割の茹でそば、かき揚げも出来合いの物を買い、蕎麦つゆは少し濃い目にして作ります。さっと茹で上げたそばに生卵をのせ、蕎麦つゆを多めにかけます。かき揚げに薬味のネギをたっぷりのせて出来上がり!

イメージ 1

うん、まさに『あの』味!手打ちの上品なそばも、もちろん美味しいのですが、これはこれでやっぱり美味い!

そば通を自任される方の中には「あんなものは『蕎麦』じゃない」なんて切り捨てちゃう方もいますが、これはこれで『立ち食いそば』という食べ物だと思って欲しいですね。

豊作の年

先週月曜日、高校の同窓会支部の幹事会が松本であり、久しぶりに出席して来ました。これ、実は毎月開催されているんですが…。毎回お店は駅前の居酒屋さんと決まっており、ほぼ貸切状態で開催されます。

 

私は幹事ではないのですが、時々顔を出させて頂いています。特に今月は、たぶん『アレ』が出るだろうと思っていたからです。

 

『アレ』というのは、『松茸』!信州は今年は松茸が豊作と言われていました。夏の終わりに長雨があった事が良かったのだそうです。

 

イメージ 1

まずは雑キノコの鍋、これがいい出汁が出て、実に美味いのです。キノコ汁を頂きながら、これが焼けるのを待ちます。

 

イメージ 2

無造作に新聞に包まれて持ち込まれた松茸!信州上田産の地物、例年に比べて値段は半分くらいだそうです(これは持って来られた方の山で採れたもの)。

 

イメージ 3

焼き松茸で頂きました。スダチをちょっとかけるか、塩や醤油をちょっと付けるくらいで頂きます。香りと歯ごたえが、やはり茸の王様ですね。

 

今年はけっこう松茸を頂く機会が多かったです。豊作のおこぼれが、私にまで回って来たくらいですから、本当にたくさん採れたと言う事でしょうね。しかし、例年なら10月中旬までは採れるのですが、今年は一気に季節が進んだせいか、既に松茸は終了に近いようです。

ようやく甲信越でも

私がまだ小学生の頃、インスタント・ラーメンなどは『身体に悪い』と言って、子供に食べさせない親がけっこういました。コーラも同様、炭酸飲料を高校生になるまで飲んだ事が無かったという知人もいたくらいです。

我が家はそうではありませんでした。両親が共働きだった事も理由でしょうが、小さい頃からインスタント食品を気にせず食べていました。カップラーメンも、ずいぶん早い時期から食べていましたね。案外日清のカップヌードルは近くの店には置かれておらず、明星食品や東洋水産、お隣の群馬県の赤城食品のものが多かったです。理由はわかりませんが、日清さんはあまり長野県を重点地区と考えていなかったのかも知れませんね(理由は不明ですよ、あくまでも)。

カップ焼きそばと言ったら、これはもうぺヤングソース焼きそばでした。テレビCMもずいぶん流れていましたし、お店に置いてあったのもペヤングばかりでした。ペヤングのメーカー、まるか食品も群馬県、近所だったからかどうかわかりませんが、とにかく発売当初から良く食べましたね。

そのペヤングソース焼きそばが、例の事件で製造を休止してしまった時、友人など買い置きの焼きそばを賞味期限が切れても温存、2か月過ぎて仕方なく食べたと言っていました。

先月、首都圏を皮切りに、ペヤングソース焼きそばの発売が再開!当初の予定では7月2日から長野県でも発売再開予定だったのですが、想定外の売れ行きで製造が追い付かず、数日発売が延期されていました。

イメージ 1

で、ようやく長野でも発売が再開されました。たまらず昼前に事務所近くのコンビニに出撃、早速買って戻りました。製造工程の安全をより追求した結果だと思われますが、以前のようにプラスチック蓋を取り外してお湯を入れる形ではなく、良くあるスチロール製容器の上に紙製の蓋が付き、お湯は紙蓋の一部を剥いで入れるタイプに、湯切りも蓋の爪を広げて切るのではなく、紙蓋の一部が二重になり、二重部分を剥ぐと湯切り口が現れるタイプになりました。

イメージ 2

味は昔のままですね。乾燥紅ショウガ、白ゴマ、青のりの薬味はそのまま。スパイスと書かれた白胡椒もあのままでした。

いやぁ、久々に食べて嬉しかったです。ずいぶんささやかな話ですけど。
ギャラリー
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ