Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

天文学

便利な小物をご紹介

ブログ移行ツールの提供日も決まったようですね。
皆さん準備をされていますか?
私はとりあえずギリギリまで、いつも通りのペースで進めていこうかと思います。

最近、観望会のお手伝いをすることが時々あります。その際に持参する機材は、ビクセンED80SとGP赤道儀のセットか、コスモス150ミリF8ニュートンにSP-DX赤道儀の組み合わせでしたが、80ミリでは力不足ですし、ニュートン反射は移動中に光軸ズレが起きてしまうことがあって気を遣います。

そんなこともあり、最近入手したビクセンED103S(口径103ミリ、FL795ミリ)を移動観測のメイン機材にしようと決めました。重量的にはSP-DXにも十分載るのですが、観望会後に撮影をすることも考え、架台はスカイウォッチャーEQ6R赤道儀を使うことにしました。

今までバランスウェイトの運搬には、プラスチック製のコンテナボックスを使っていました。5キログラムのウェイトが2個で10キログラムの重量を、両手で抱えるような持ち方をすると、けっこう腰に来ます。そこでホームセンターで工具などを入れる布製の手提げを使おうかと考えたのですが、耐荷重が10キロ以上の物はやたら大きなものになってしまいます。

イメージ 1

いろいろ探していたのですが、なんとスターベースさんでウェイト用のキャリーバッグを扱っているのを発見、先日お店に伺った折にさっそく購入して来ました。

イメージ 2

元々スカイウォッチャーの薄型5キログラムウェイト用とのことで、サイズはドンピシャです。2個入れる場合は、途中にクッションを挟んでその上にもう1個を入れます。2個でちょうどいっぱいの大きさでした。

イメージ 3

イメージ 4

タカハシのウェイトなら、EM200用の薄型5キロやNJPのウェイトが適合しそうです。EM400用の8キログラムは入らないかも知れません。

抱えるのと違い、握って提げる持ち方になるので、非常に楽に持てます。もう1つ買って合計4個、20キロ持つのもさほど苦労しないと思います。

イメージ 5

まあ、赤道儀本体の運搬は両手で抱える形になってしまいますから、腰への負担は変わりません。しかしウェイトの保持をシッカリすることは安全面からとても重要です。

イメージ 6

バランスウェイトキャリーバッグ【NC0137】、スターベース東京で2,700円(税込)にて購入出来ます。これはお勧めします。

月齢7.5(上弦の月)

大型連休も終わりましたが、月もなく星見に最適な日が多かったのに、私は何もせぬまま過ごしてしまいました。

昨夜の方がすっきりとした晴天でしたが、ちょっとアルコールが過ぎてしまい撮影を断念、今日を逃すとブログ終了までに更新ならず…なんてことにもなりそうでした。

とりあえずさっさと撮影してちゃちゃっと処理、まあやっつけ仕事ですがアップします。南部の山岳地帯が見頃でしたね。

イメージ 1

2019年5月12日19:33 タカハシMT-160+コレクター(FL1,330mm F8.3)
Canon EOS Kiss X3 ISO400 Tv1/200

人生最大口径

私が実際に使っているいちばん古い望遠鏡は、このブログにも過去何度か登場したことがある、1977年製TS式80ミリ屈折赤道儀です。

購入時、木製直脚仕様かピラー仕様かで悩み、高校生では移動観測など出来るわけもなく、どうせならガッチリとしたピラー脚の方がいいだろうと、結局ピラー脚を選びました。しかしこのピラーが軽合金製で、なかなか振動が収まらないという、困ったものだったのです。鋳鉄パイプに交換すれば問題ないとは思っても、今以上に重くなるのも大変なので、結局そのままになっていました。

いつかオークションで直脚が出たら落札しようと思っていましたが、元から数が少ないこともあり、殆ど目にすることがありません。そんな時、同時期に販売されていたTS式65ミリD型用伸縮脚が出品されているのを見つけ、そこそこ安く落札しました。

つい最近まで販売されていたFC-L型三脚と同じものではあるのですが、色合いが当時の黒色赤道儀にマッチするという意味で、やはり65D用の方がしっくりくると思ったわけです。

イメージ 1

三角板が無かったため、これはスターベースさんでFC-L用を購入して取り付けました。

伸縮式木製三脚としては、たぶん最高にガッチリとした三脚でしょう。90SやEM-1でFC100を載せていたわけですから、まあ80ミリF15の鏡筒を載せても大丈夫だろうとは思ったのですが、やはり少々トップヘビーな感じになってしまいました。

イメージ 2

イメージ 3

でもまあ、これでこのTS80を持ち出すことがずいぶん楽になりました。白くて長い筒は、最近なかなか見られないスタイルで押し出しが強いので、観望会でお月様を見てもらったりするのに活用できるでしょう。

さて、実は本題はここからです。

三脚探しで久しぶりにオークションサイトをじっくりと見ていたら、口径103ミリのED屈折鏡筒が安く出ているのが目に留まりました。

ビクセンのED103Sというタイプで、F7.7(FL795ミリ)というスペックです。最近のビクセンのラインナップを全く理解しておらず、現行品なのか販売終了品なのかもわかりませんでした。早速WEBでカタログを見ると、同じ口径でSD103Sという現行機がありましたが、EDはその1つ前の機種だと判明しました。

出品写真を見ると、専用のレデューサーやワイドマウントなどもセットされており、価格も調べてみたところかなりお得な感じです。本体の当時の売価が16万ほど、レデューサーその他で2万以上のオプション付きです。まあどうせ最後の競りで跳ね上がるだろうと適当に金額を入れておいたのですが、終了後に確認すると私の最高入札金額にも届かずに落札していました。

イメージ 4

届いた梱包を開けてみると、鏡筒に塗装剥がれが1か所あるほかは、殆ど使用した様子もない美品です。光学系も実にきれいで、対物レンズにはホコリも夜露のあとも全くありませんでした。

イメージ 5

さっそくファインダーをつけて視軸を合わせたのですが、XY調整式のファインダー脚は、かなり心もとない感じです。暗視野照明付きで便利ですが、ズレることを前提にしたファインダーというのはいただけませんね。

イメージ 6

フリップミラーが標準装備で、こいつを付けないと直視も90度視もピントが出ません。小さな平面鏡がパタパタ動くのは、いかにもチャチです。10センチクラスのED屈折に付ける物ではない気がします。ここは以前から持っている2インチの延長パイプを使って31.7ミリのプリズムを使うか、そのまま2インチの天頂ミラーを付けるかにするつもりです。

ドローチューブ径は60ミリあり、そこに2インチのアダプターが付いているわけですが、これがかなりユルめなサイズで困ります。2点で締め込んでもガタ付きがあります。ここも昔のアダプターに交換して使う方がいいでしょう。

日中、陽が当たる電柱のガイシなど風景を見ただけですが、色消しはかなり良さそうです。今回はGP赤道儀に載せて使いましたが、さすがにちょっと役不足です。私の持つ架台では、SP-DXかEQ6Rで使ってこそ真価が発揮できそうな筒でしょう。

悪循環ですが、こうなると短焦点のアイピース、ビクセンのHRシリーズが欲しくなりますね。月面を撮影するためにはエクステンダーも欲しいところですが、ビクセンにはラインナップがありません。2インチの2×バローとかBORGの1.4×エクステンダーあたりが良いでしょうか。

タイトルについて、ですが。
実は私、屈折系の筒は、今まで口径80ミリまでしか持っていませんでした。したがって今回の103ミリ屈折は、人生最大口径の屈折鏡筒というわけです。

軽量化

自宅庭に設置しているタカハシのMT-160SEですが、当初から65ミリP型鏡筒をガイド用に同架していました。コンパクトではありますが、やはり1970年代のタカハシ設計ですから重量がかなりあります。そのため、MT-160をかなりオフセットして赤道儀に載せていました。

イメージ 1

最近はオートガイダーの性能も良くなり、かなり小口径短焦点のガイド鏡でも問題なく使用できるようになりました。望遠鏡販売店でもかなりコンパクトなガイド鏡が各種発売されていますね。

先日、Amazonで見つけたAstro Streetというブランドの60ミリF4のガイドスコープが、国際光器や天文ハウスTOMITA、笠井トレーディングなどで売っているものとほぼ同じだなあと思っていたところ、たまたまヤフオクにほぼ未使用というのが出ていました。

送料込み10,000円で落札出来たら御の字と考えていたのですが、ほぼその金額で入手出来ました。

届いたものがこちら。31.7ミリ専用の接眼部は、しゅう動筒とヘリコイドによるピント調整がいずれも固定ネジ付きの仕様になっています。

イメージ 2

ビクセンのファインダー用アリミゾに適合した脚付きです。

支持金具の調整ネジ頭には樹脂が付いており、鏡筒がキズ付かずに方向調整が出来るようになっています。

イメージ 3

しかしファインダーを調整する時、必ず3方向すべての調整ネジを動かさないと思う方向に固定できないもどかしさを、たいてい経験されていると思います。そこで私は、この支持脚を使わずに有りモノで架台に載せることにしました。

納戸をひっくり返して探し出したのが、たぶんかつてアトムで扱っていたユニバーサル鏡筒バンドです。

イメージ 4

これを使って筒を固定し、低重心ガイドマウントに載せることにしました。これで今までと同じ使い方でガイド鏡の方向が調整出来ます。

イメージ 5

バランスもかなり改善され、MT-160をかなり重心位置まで近づけることが出来ました。ウエイトも5キロ×3個載せていますが、このシステムなら2個で十分です。

イメージ 6

まあ、あとはこれを実際に使用して撮影をするか?というだけではあります。もう少し暖かくなったら…と、今は考えていますが。

月面X

iPhoneアプリのアストロガイドを見ていて、今日の22時頃、月面Xが見頃になると知りました。以前に偶然月面Xを捉えた事はありますが、実際に注視したことはなく、タイミングよく撮影も出来ました。肉眼では非常にはっきりとXの文字が浮き立って見えますが、撮影するとなると欠け際の露出が難しく、少々物足りない写りになってしまいました。月縁が露出オーバーになるくらいにした方が良かったようです。

さすがに高度が低くシーイングは最悪の状態でしたが、RegiStaxの威力で何とか見られる写真になった気がします。

イメージ 1
拡大出来ます↑
2019年1月13日21:45 Canon EOS Kiss X3 ISO400 Tv1/80 MT-160+コレクター(FL1,330mm) RegiStax5.1にて10枚合成

部分日食

昨日までの天気予報で殆ど見込みがなさそうだと諦めていた部分日食ですが、朝起きてみると薄雲がありますが、それでもなんとか太陽が見えそうな状況でした。

こりゃいかん、全く準備していない!と焦りつつ、MT160に同架している65P型にカメラを接続するBORGの接続リングを探すものの見つかりません。欠け始めの時刻が近づき、これ以上探すのは無駄と判断、正月明けに実家から持ち出したビクセンED80S鏡筒を載せ換えました。この場合2インチ接眼部に直接スリーブ経由のカメラマウントでEOSを取り付けられるので、このシステムで撮影を開始しました。

イメージ 1

しかし雲は薄くなったり濃くなったりをくりかえしていて、全く途切れることがありません。太陽撮影時の露出はスポット測光で、常に+1補正と決めています。雲が厚くなると露出時間を延ばし、薄くなるとシャッタースピードを早めるという繰り返しでの撮影となりました。

とにかく寒くて風が強く、観測所の中でなかったら、たぶんブレがひどくて上手くは撮れなかったと思います。

食分最大の頃の写真を1枚アップします。けっこう濃い雲越しなので、寝ぼけたような写りです。

イメージ 2
2019年1月6日10:05 Vixen ED80S(D80mm FL720mm)直焦点
Canon EOS Kiss X3 ISO200 Tv1/200 ノートリミング バーダーアストロソーラーフィルター使用

証拠写真(笑)

前の記事で、大晦日に赤道儀を出した写真まではご紹介しましたが。

一応、ちゃんと何枚か撮影をしたという証拠写真をアップします。

共通データ:キヤノンEOS Kiss X3+NIKKOR ED180mm F2.8(F2.8) ISO1600
各60秒露出 ビクセンGP赤道儀にてノータッチ電動追尾 撮影地は上田市

イメージ 1
M31 2018年12月31日21:09~ 8枚合成

イメージ 2
M33 2018年12月31日21:32~ 4枚合成

当夜は10×42ミリの双眼鏡でM33が視認できる、わりと透明度の良い空でした。実家の庭も、まだまだ写真撮影が可能な暗さです。処理していて、このED180ミリF2.8(マニュアルフォーカス)は、周辺光量は豊富ですが星が赤く写ることを思い出しました。やはり古いレンズは、デジタルカメラの受光素子には不向きな部分がありますね…。

1000年目の満月

今日、長野県内で活動する天文愛好者の集まり「第2回長野県天文愛好者連絡会」に出席して来ました。会の詳細は、また後日改めてアップしたいと思います。

その中で、連絡会顧問の大西浩次先生から、「今日の満月は特別なもの、あの藤原道長が『望月の歌』を詠んでから、ちょうど1000年目の満月なのです」とのお話がありました。

平安時代に栄華を誇った藤原家。特に自身の娘を皆皇室に嫁がせ、これ以上ない権勢を誇ったのが藤原道長です。寛仁二年(西暦1018年)旧暦十月十六日、道長がこれを詠んだ日です。旧暦を現在の暦に直すと、まさに今日11月23日の満月に当たるということだそうです。

この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば

まさに人生の絶頂を迎え、思わず詠んだのでしょうが、満月のあとは欠けていくのが常。藤原氏の栄華も長くは続かなかったと、まあ実に良く出来たお話です。

懇親会がお開きになり、塩尻市から1時間半ほどで帰宅。早速1000年目の月を撮影しました。

イメージ 1
2018年11月23日22:05 タカハシMT160+コレクター(FL1,330mm F8.3)
Canon EOS Kiss X3 ISO200 Tv1/400 Registax5.1処理

気温が3℃、さすがに寒くなってきました。こんな寒い中で、優雅に和歌なんぞ詠めるものかいな?と、ふと思ったりしました。
ギャラリー
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ