Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

飲み食い

主食としての蕎麦

信州といえば「蕎麦」です。
とは言え、地元の蕎麦屋さんの多くは地粉で蕎麦を打つだけの量をまかなえず、国内産地各地の蕎麦粉を使っていることがほとんどです。こだわりのお店の中には「信州産蕎麦粉100%使用」を謳うところもあるのですが、私の場合はそこまでのこだわりは無く、美味くて満腹になれればいいやというタイプです。

私の住む上田市や長野市、県の北東部では、だいたいどちらの蕎麦屋さんでも量が多いのが特徴です。もともと寒冷地で米の収穫量が少なく、雑穀を使っておやきや蕎麦などを主食にもしていた土地柄なせいか、お客さんへの最大のおもてなしは「量」でということになったのかな?と思っています。

上田市内でも有名な「刀屋」さん。池波正太郎氏が真田太平記を書くときに何度も訪れ、氏の著書にも登場する名店です。そんな理由からか観光客も多く訪れるわけですが、お客さんが「大盛ください」というと、店員さんが「かなり多いですけど大丈夫ですか?普通を食べてみて、食べ切れたらお足ししますよ」と答えていたりします。

もりそばやざるそばの量は4種類、小盛・中盛・普通・大盛と順番に量が増え、中盛が普通のお店の大盛の量です。私はいつも普通を食べるのですが、それがこちらの量です。太打ちの田舎蕎麦というビジュアルですね。

IMG_2222

若いころは大盛もいけましたが、今や無理。そのうちに中盛でちょうどよくなるのでしょう。

市内でもう1店、お気に入りの蕎麦屋さんがあります。上田駅近くの住宅街の中にひっそりとある「更科」さんです。

こちらはメニューには並と大盛しか載っていないのですが、私は中盛でお願いしています。ご主人も心得てくれていて、座ると「いつもと同じでいいかい?」と中盛を出してくれます。さらにサービスでそば切りの端っこの耳を一緒に入れてくれることもあります。薬味も量が多く、蕎麦湯を飲むときまで充分です。

IMG_3678

刀屋さんの蕎麦は硬めで食べごたえがあるのですが、更科さんの蕎麦はちょうど好みの硬さです。啜れるか啜れないかの違いと言っても良いかも知れません。

週に1回は昼食に蕎麦を食べます。LDLコレステロール値を下げるべく、食事にも気を遣っているのですが、蕎麦を食ってりゃ大丈夫!と主治医からも言われています。

歳末ですね

すっかりご無沙汰してしまいました。

今日は会社の有給休暇取得奨励日となっており、休みを取りました。でも12/2の休日出勤の振替にしたため、今年もまた有給休暇取得ゼロで終了です。

世の中では働き方改革とやらで、近々有給休暇を必ず年に何日か取らなくてはいけなくなるそうですね。しかし我が国は戦後、国民がとにかく働いて働いて復興を遂げたわけで、今さら働くなと言ったら未来がないんじゃないか?と思ったりもします。

若い人たちには休みを取らせ、残業手当や休日出勤手当がつかない私たち年配者が働かなくてはいけない状況ってのも、まあいかがなものかと思います。

さて今年一年、拙ブログをご覧いただきありがとうございました。最近食い物ネタが少なくなっておりますが、特に意図しているわけではなく、単に記事のアップが少ないのが理由です。

昨日の仕事納めの昼食は、上田市民のソウルフードのひとつ、中村屋さんの肉うどんをいただきました。

イメージ 1


馬肉で出汁をとり、その馬肉を煮込んでうどんに載せてあります。スープが濃く見えますが、甘めの味付けで全部飲み干せます。大盛で680円、安定の旨さでした。

年越し蕎麦は31日の昼にいただく予定です。

冷し中華に光を!

中華を名乗ってはいますが、間違いなく中華料理じゃない「冷し中華」。この時期になると、ラーメン屋さんの軒先に涼しげな色合いの幟旗が立ちますね。

家でスーパーから買って来た生麺の冷し中華を作っても、店と変わらぬ味になるという、飲食店泣かせのメニューでもあります。結局、トッピングで勝負!となるようですね。

私は冷し中華が好きです。最近よく言われる「町中華」のお店では、丼ものと共に良くオーダーするメニューのひとつです。連日の猛暑で食欲が落ちた時でも、酸味の効いたタレでするっと食べることが出来ますね。

味噌ダレもありますが、私はもう醤油ダレ一辺倒、どこの店でも醤油味です。トッピングの飾りつけでお店ごとにひと工夫ありの冷し中華を、ちょっと並べてみました。

まずはこれぞ「町中華」と言える上田市内の老舗中華料理店。冷し中華はハムに限ると内心思っているのですが、こちらは蒸し鶏が載っていました。

イメージ 1

麺はお店独自に発注しているものらしく、昭和の香りがする白っぽい中太麺です。錦糸玉子の量が、少々お上品でしたか。

続いては、国道18号線沿いにあるがっつり系の豚骨醤油ラーメンのお店。

イメージ 2

なんとタレを後から自分で適量かけていただく方式、ラーメンの無骨さとは正反対の、とても上品な一品でした。ハムが載っているのでポイントアップ、さらに辛子だけではなくマヨネーズが添えられているのも高評価ですね。次回はマヨ大盛でお願いすることにします。

こちらはご飯の盛りの良さで人気の、長野市内の食堂です。

イメージ 3

並サイズですが、麺はたぶん150グラム以上ありそうです。以前こちらで味噌ラーメンの大盛を頼んだら、箸も渡らない洗面器大の丼で出て来て参ったことがあったため、大盛は怖くて頼めませんでした。こちらの冷し中華もハムではなく蒸し鶏でした。
レタスの歯ごたえが嬉しかったです。

住宅街にある、カツ丼とラーメンのセットなど、かなりボリュームのあるメニューが並んでいるお店の冷し中華がこちら。

イメージ 4

なんとチャーシューが刻まずに3枚載って来ました。しかしこういうチャーシューは温かいスープに浮かんでこそ、柔らかく温まって味が出ると思うのですが。正直ちょっと硬かったです。スイートコーンの色合いは良いんですが…。

今のところ、今シーズンいちばん気に入った冷し中華がこちら。

イメージ 5

「元祖ニュー・タンタンメン本舗上田住吉店」の冷し中華です。
まず目につくのがオクラ。ネバネバが身体に良さそうですね。白髪ネギの下には、なんとアツアツの揚げナスが載っています。冷たい麺の上に揚げたてのナス、アクセントが効いています。そしてハムと蒸し鶏のダブル載せ、これはかなり嬉しい。しかも麺の量が多く、並サイズでも200グラム近くありそうでした。
これは今夏のヘビーローテーション確定な感じです。

久しぶりに好物を

知人と会う約束があり上京中です。

せっかく休日に出て来れたので、昼前に上京して、久しぶりに目白につけ麺を食べに行きました。

目白駅から新宿方面に歩くこと約5分、お目当てのお店『丸長』に到着です。11:00開店直後でしたが、既に10人ほどの待ちが出ています。30℃を超える猛暑の中、日なたで待つこと20分、ようやく私の順番がやって来ました。

イメージ 1


頼むものは決まっていて、いつも呪文のように唱えます。
「チャーシューやさいつけ、小鉢の中」
「はい、小鉢・中です」と、お店の人が復唱すると、ものの3分ほどでお目当てのつけ麺が目の前に。

イメージ 2


チャーシューやさいつけ麺、スープが小鉢で麺中盛です。普通に頼むと、ラーメン丼に具だくさんのスープが出てきて、これが多量過ぎるのです。で、小鉢のスープにしています。細切りチャーシューとモヤシが山ほど入っていて、麺をスープに絡めるためには、かなり具を食べなくてはいけません。

暑い中並んで食べる価値のある、満足の一杯でした。

季節もの

寒い時期はあまり有り難味がない気のするつけ麺ですが、こう暑くなってくると食べたくなりますね。

私の中でベストワンのつけ麺は、やはり目白の丸長さんです。チャーシューやさいつけ麺、小鉢の中盛が最強だと、今でも思っています。ちなみに丸長グループの『長』は、長野県の『長』だと言われています。戦前、蕎麦屋をやっていた信州出身の蕎麦職人が、戦後すぐに蕎麦粉が手に入らず、進駐軍放出の小麦粉を使って中華麺を打ったことから、東京に信州ゆかりのラーメン屋が多いのだとか。

ちなみにつけ麺は、東池袋大勝軒の山岸さん(信州出身)が、賄いで作ったのが最初だそうです。熱いつけダレに水で締めた中華麺をつけて食べる『もりそば』として提供しました。名前にも信州蕎麦のルーツを感じます。

さて、今日はイベントの手伝いで午前中から屋外にいたのですが、あまりの暑さに参ってしまいました。昼はさくっと蕎麦でもと思ったのですが、ここはやはりつけ麺でいこうと思い、上田らーめんはちさんへ。

イメージ 1
あっさりつけ麺(400グラム)972円(税込)上田らーめんはち

こちらは茹で上げる前の麺の重さで計っているようで、茹で上がりでは600グラムくらいありそうです。

暑さでやられていましたが、酸味の効いたつけダレで、美味しくさっぱりといただきました。

さて、これから午後もうひと働きしなくては!

良いお年を

今年も残すところ、今日を含めて3日になりました。

仕事は昨日で終わり、今日から新年3日までお休みです。この年末年始はカレンダーが良くなくて、最も短い年末年始休業です。

27日に同僚が仕事で上田に来て、昼を一緒に食べました。彼は「刀屋の蕎麦が食べたい」と言ったのですが、残念ながら駐車場がいっぱいで入れず、同じように盛りの良い蕎麦屋、更科さんに連れて行きました。

刀屋さんは、小諸が本店の草笛さんと双璧の、盛りが非常に良い蕎麦屋さんです。信州では、かつて蕎麦が主食であった地方が多く(米が充分に収穫出来ず、雑穀や蕎麦を食べていた)、主食で腹いっぱいになるように、だいたい盛りが良いのです。

上田市周辺は県内でも特に蕎麦の盛りが良く、値段も安い店が多いです。どうやら店の数が多いため、競合で値段が上がらないという理由のようですが、私のような蕎麦食いには、実にありがたいことです。

同じ県内でも、諏訪や松本は高級店が多く、お値段もヘタをすると上田の倍くらいするお店もけっこうあります。

イメージ 1

こりゃもう年越し蕎麦だなぁ、なんて話しながら頂いたもり蕎麦の中盛。この量で、なんと700円(税込)ですよ。もちろんご主人の手打ち、大根おろしは地大根のみどり大根、ネギも大盛り!いやぁ、美味かった。

今日は夕方から実家に向かいます。一応、星見の道具も持参しますが、たぶん呑んだくれてしまって無駄になる気がしますが…。

では、皆様良いお年をお迎えください。

恒例行事

毎年この時期、神奈川県からお客様に来ていただく仕事があり、夕食と翌日の昼食をご一緒させていただきました。

夕食は、やはり蕎麦屋でということで、馴染みの蕎麦屋さんで鴨しゃぶを。

イメージ 1

汁につけるまえに、鴨肉に蕎麦粉を塗します。とろみが付き、鴨の旨味が引き立ちます。しゃぶしゃぶのつけ汁は、鴨肉を食べ終わったあとに、盛りそばをつけていただくわけです。

鍋の汁には塩を入れ、蕎麦粉と鴨肉の旨味が出たそのままをいただきました。蕎麦も美味で満足でした。

翌日は、今が旬の辛味大根、坂城町特産のねずみ大根の搾り汁で釜あげうどんをいただく、おしぼりうどん。

流通量が少なく、なかなか県外ではお目にかかれないねずみ大根、見た通り、姿はねずみそっくりです。

イメージ 2

坂城町の土壌で作ると、とびきり辛い大根になるのだそうです。

イメージ 3

搾り汁そのままでは、これはとてもじゃないですが、辛くてむせてしまい食べられません。そこに信州味噌を溶くと、辛さが和らぎ、とても美味いのです。

今年はねずみ大根の収量が少なく、品不足のようでした。

海なし県は旨いものがあまり無く、お客様に食事をという時、いつも困ってしまします。山の幸は、初夏から秋までしかありませんからね…。

新蕎麦

そろそろ新蕎麦の季節ですね。

今日のランチは、最近良く伺う上田駅近くのそば処更科さんへ。
蕎麦粉を2か所から入れていて、片方が今週から新蕎麦粉になったそうで、ご主人曰く「半分新蕎麦だよ」(笑)。
来週からもう1か所の製粉所も新蕎麦粉になるそうですから、週が明ければ完全に新蕎麦という事ですね。

いつもはかき揚げ天ざるを頂く事が多いのですが、今日は大もりで。

イメージ 1

他県ではまずありえないデカ盛り!薬味も蕎麦つゆも大盛りです。これで750円ですから、上田の蕎麦は安いです。しかも美味い!

今、大河ドラマ真田丸の効果か、平日でも上田城跡公園を中心に観光客が多く、市内の蕎麦屋さんは軒並み大混雑で、なかなか蕎麦にありつけません。しかしこちらは駅裏の住宅街にあり、観光客はまず来ません。さすがに正午を過ぎると、いつも常連さんで混みますが、外に並ぶことはないので助かります。

来週は新蕎麦を頂きに伺います。
ギャラリー
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 補正レンズをテストする
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ