Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

天文

新コロ対策で・・・

この週末も外出を控えましょうと言うことで、こちら長野県の田舎ではありますが、自宅と実家で過ごしました。

4月3~4日は夕空に金星とM45のランデブーが楽しめたわけですが、天気予報はイマイチ。さらに私はどうも金星との相性が良くないらしく、過去の金星日面通過は土砂降りの雨、金星食もドン曇りで全く見ることが出来ませんでした。

3日(金)は夕方から雲が切れ始め、日没前には西空がスッキリと晴れて来ました。いつもならハナ金で飲みに出てしまうところですが、こんな状況で誰からもお誘いが無く、迷わず自宅に直帰しました。

キヤノンのEF300mm F4で撮影を始めたところ、金星のゴーストが思い切り出てしまい、どうにもよろしくありません。仕方なく古いトキナーのAT-X400AF SDに取り換えてみると、こちらはゴーストが出ません。たぶんレンズ構成が少ないためでしょうか。しかし古い設計で青ハロが出てしまうため、星の色がおかしくなってしまいました。まあ記録写真ということでアップします。

IMG_3998-2
2020年4月3日20:07 Canon EOS Kiss X3 Tokina AT-X400SD(F4→8) ISO800 Tv15s

4日は残念ながら曇り空で見ることは出来ませんでした。
そして今日5日、翌日が仕事の夜は良く晴れるのジンクス通り、雲ひとつない快晴です。
とりあえず月を撮影しました。

img_4040-3
月齢10.0 2020年4月5日19:11 Vixen ED103S+BORG1.4×Extender(FL1,113mm F10.8)
Canon EOS Kiss X3 ISO400 Tv1/400s Takahashi EM200Temma2Jr

なかなかμ210の出番がありません。早朝の惑星撮像はなかなか敷居が高いので、もう少し季節が進んでから頑張ります。

新型コロナウィルス、早く終息して欲しいものですが、どうやら長期戦を覚悟しなくてはいけないようですね。皆さんどうぞお気を付けください。

新型コロナウィルスに思う

2020年年初、まさかこんな事態が起きようとは思いませんでした。新型コロナウィルスによる感染症が、世界的流行を見せていますね。

21世紀になっても、新種の疫病に対して流行を抑え込むことが如何に難しいのか、今の政府の対応を見ていて思います。

サプライチェーンの中に占める中国の比重が、この20年で極めて高くなっていて、マスプロの製品の多くに中国が関わっているので、この先思わぬ物が品薄になるんではなかろうか?と心配しています。

天文趣味の方ならピンと来ると思いますが、今や天体観測機材の多くはMade in Chinaです。セレストロンもミードも、スカイウォッチャーもみんな中国で製造されているのです。ここ数年、天文界を席巻している「赤いカメラ」ZWOもそうですね。

生活必需品はともかく、こんなニッチな品が他より優先して生産されることはあり得ず、全く日本国内に入って来なくなるのではなかろうか?そんな心配をして、思わずZWOの冷却CMOSカメラを買ってしまいました。

FullSizeRender

使いこなせる自信はありませんが、近いうちに試写だけは済ませようと思います。

月齢8.2

新年おめでとうございます。
昨年、まさかのYahoo!ブログサービス終了により、せっかく繋がったコミュニケーションの輪がきれてしまい、非常に残念に思いました。こちらのブログではまだまだ繋がりが少ないですが、少しづつでも繋がりを作っていけたらと思います。

さてこの正月は実に穏やかな気候で、ここ信州上田は3が日とも晴れて暖かかったです。元日、2日とも少々飲み過ぎてしまい、酔い醒ましに星をちょっとだけ眺めただけでした。今日は上弦、購入してから実際に使っていなかったBORGのエクステンダーのテストも兼ねて、簡単に撮影をしてみました。

ビクセンのED103Sですが、眼視では色消しの効いたシャープな像を見せてくれますが、撮影となるといくつか気になる点が出て来ました。ドローチューブをクランプで固定しようとすると、視軸がずれます。この辺りは、やはりタカハシのガッチリした接眼部に比べてチープな造りのため仕方ないところでしょう。

欠け際は露出不足ですが、かなりひどいシーイングの中での写真なので、まあ写りとしてはこんなところでしょうか。80ミリに比べると、やはり解像度が1段良くなりますね。

img_3952-3
2020年1月3日18:19 ビクセンED103S+BORG1.4×エクステンダー(FL1,113mm F10.8) Canon EOS Kiss X3 ISO400 Tv1/125 タカハシEM200Temma2Jr RegiStaxにて10枚合成

北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019

10月25日(金)から27日(日)にかけて、小海町松原湖高原の小海リエックスホテル周辺を会場に『北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019』が開催されました。

25日夜には、出展社と主催者、一般参加者による懇親会がホテルで開催されました。

IMG_5011

私は初回から実行委員として参加をさせていただいています。第1回は台風直撃で2日目朝に中止、昨年の第2回は夜の天候に恵まれずとスターパーティとしてはなかなか厳しい状況でしたが、今年は2晩とも晴れ間が出て松原湖高原の第1級の星空を楽しむことが出来ました。

IMG_5017

とにかく空が暗いのです。近くに大きな街がない事もありますが、やはり標高1,400メートルの高原が会場であることが大きいですね。そのかわり、夜の寒さも第1級です。真冬の装備で来ないといられません。もっとも、会場は小海リエックスホテルすぐ横なので、部屋さえ取っておけば非常に快適に過ごすことが出来ます。ふかふかのベッドで眠れるスターパーティです。

さて、今回私はフリーマーケットスペースに出展しました。小海星フェスには、個人が出せるフリマスペースがあるのです。

IMG_5021

今回売りに出したのは、コスモス製15センチF8ニュートン鏡筒(主斜鏡はNTK製)、アサヒペンタックス6×7ボディに105ミリと55ミリ交換レンズ、TTLファインダーに固定ピントフード、外部電源アダプターなど一式をアルミケースにまとめたもの、ロシア製500ミリF5.6ミラーレンズ、ビクセンの70ミリアクロマート屈折鏡筒です。

私の店のすぐ横でTS式65ミリD型一式が1.5万円、TS式50ミリ一式が1万円という破格で売られており、私もつられてずいぶんディスカウントしてしまいました。結果ソールドアウト出来たので、まあ良しとします。

さて、この星フェスの特徴にはいくつかあります。まず、星と自然を謳っており、小海町の紅葉ウォークが同時開催されていたり、バードウォッチングなど自然観察のイベントもあります。また、メーカーや販売店がホテルの会議室を使って商品紹介や講習会を多く開催しています。例えば画像処理の講習会であったり、新製品のデモンストレーションであったり、自分が興味のある講習会を自由に受講できるわけです。

IMG_5024

町の観光課と地元の観光協会が全面的に協力しており、抽選会では町長さんが自ら抽選を行ったりと、とても熱心にこのイベントを育てていこうという思いが感じられます。

食事が充実しているのも特徴です。ホテルが提供するスパイシーなチキンカレーは500円とリーズナブルですが、実に美味しいです。商工会がキノコ汁や唐揚げを提供し、フードエリアにはラーメンのキッチンカー、ガパオライスにケバブ、クレープ販売もありました。クラフトコーナーもあり、鳥のカービング作品や革製小物、陶器の販売などがありました。

P1030382

今年初めてハロウィン仮装コンテストを行い、地元の子供たちが多く参加してくれたことは良かったです。今後はもっと地元の人たちが参加できるイベントを増やしていけたらいいと思います。

今回、フリマで販売した売り上げで、こんなものを買ってきました。

P1030393
P1030395

国際光器さんでデモ品のFUJIYAMA HD-Or25mmを6,900円、スターベースさんでほぼ新品のSWA38mmを9,000円、アストロストリートさんでCanon EOS用Tマウント1個500円を2個、モアブルーさんの12V温度可変型レンズヒーターを7,000円、アイソテックさんの星図バンダナ150円、そしてリコーイメージングさんでPENTAX100周年記念マグカップを1,300円で購入し、手元に若干諭吉さんが残る結果となりました。

補正レンズをテストする

そもそもが機材コレクターな私は、使うか使わないかというようなブツを貯め込むクセがあります。

メインの筒をタカハシμ210に換えた事で、月面写真や星雲星団の撮影用のサブとしてビクセンED103Sを使うことにしたわけですが、直焦点(795ミリ)というのはいかにも中途半端な焦点距離です。そこで各種補正レンズを使うことになるわけですが、フラットナーやレデューサー、エクステンダー各種を揃えてみたので、日中自宅から見える景色を使ってテストをしてみました。

直線距離で400メートルほど離れたビルを狙いましたが、間に電線などもあるため、あまり詳細が確認できるほどの画像は得ることが出来ませんでした。カメラボディは新改造のEOS Kiss X3です。IRカットフィルターを除去してあるので、少々モアレなどが発生します。

まずは直焦点とケンコートキナー製2インチEDフラットナーです。
IMG_3922-1IMG_3924-1
上が直焦点、下がEDフラットナー使用ですが…
うーん、私の眼では大きな違いが感じられませんね。左下の格子も大きな差はないようです。しかしこれが点光源の恒星像だと、球面収差とコマ収差の差がかなり出るはずです。

続いてレデューサー使用です。
現在ビクセンからはEDシリーズ用の高性能フラットナーレンズ、レデューサーレンズであるHDシリーズが出ていますが、私の物はレデューサーED(F7.7用)という廉価版です。
さすがにF値が明るくなったためISO400では露出オーバーになってしまい、この写真だけはISO100での撮影です。

IMG_3926-1
あまり像面湾曲は無いようです。APS-Cで撮影する限り、周辺減光もあまり気にならないようですね。

月面全景を撮影する場合に使うエクステンダーは2種、古いビクセンFL用テレコンバーター(F9用)とBORG【7215】1.4×テレコンバーターGRです。
30年前の製品と今の最新のコーティング技術で作られている製品の勝負、さらにはBORGの方が大口径レンズでもありかなり差が出ると期待したのですが、結果は

IMG_3928-1
IMG_3930-1
上がビクセンFL用、下がBORG【7215】です。
拡大率がビクセンの方が高いです。またBORGで撮影している時に強風が続き、少々ブレがあったようです。コントラストはBORGの方が良いですが、ビクセンも特に悪くはないですね。レンズ径が小さいですが、フルサイズでなければあまり関係ないようです。

今回使用した各レンズです。
IMG_4967
左からケンコートキナーEDフラットナー、ビクセンレデューサーED、ビクセンFLテレコンバーター、BORGテレコンバーターGRです。後方は各レンズをED103Sに接続するパーツです。FLテレコンバーターを50.8ミリスリーブに差し込むパーツを間違ってしまいました。真ん中はタカハシ用43ミリP0.75用でした。実際に使用したのは、ビクセンの50.8-43(P1.0)接続環です。

いつもの鈍眼、甘いピントで結果を出すことが出来ませんでした。月面全景を撮影する際には、まずは2種類を交互に使ってみようと思います。

増税前に…

10月1日から消費税率が上がりますね。
増税前の駆け込み需要を見込んでいた業界も多かったようですが、カードを使うことでの還元があったりで、ほぼ不発に終わったようですね。もっとも「増税前セール」みたいなことはやってはいけないことになっていたんでしょうか?詳しくは知りませんが、殆ど見かけませんでした。

そうは言っても、どうせ近いうちに買うんなら税率10%に上がる前の方がお得というもの。しばらく前から考えていたパーツを思い切って購入することにしました。

それは、BORGの補正レンズ1.4×テレコンバーターGR【7215】です。月の全景撮影に使用するビクセンED103Sで使用します。定価44,571円(税別)、なかなかのお値段です。今回は協栄産業さんで購入、販売価格は37,905円(税別)でした。

P1030356

前回の撮影ではキヤノンEFレンズ用のテレコンバーター1.4×を使おうとして、電気接点を殺しておかなかった結果カメラが反応せず、結局直焦点で撮影となりました。望遠レンズ用のテレコンよりも、望遠鏡用のテレコンバーターの方が間違いなく良いであろうことは予測できますから、この【7215】が流通しているうちに入手しておこうと考えたわけです。

日食のコロナ撮影などで評価が高い補正レンズです。対物レンズの焦点距離に合わせてバックフォーカスを調整して、最良の補正効果を出すことが出来ます。

例によっていつものBORGパズル、望遠鏡への接続方法を考えるわけですが、【7215】は前後が57ミリのオスメスネジとなっているため、非常にシンプルな接続が可能でした。

P1030357

まずビクセンの60ミリ接眼部ネジを57ミリに変換するM60→M57AD【7901】で望遠鏡に接続し、カメラマウントホルダーM【7000】を介してカメラマウントEOS【5005】、これでカメラの取り付けが出来ます。

P1030358

しかしこの組み合わせでは、構図を決めるのにカメラの回転が簡単には出来ません。上手い方法を考えなくてはいけませんね…。

構図が決めやすいのは、ビクセンの旧型FL鏡筒(F9)用の1.4×テレコンバーターを使う方法です。ED80Sで使っていたものですが、レンズ径が20ミリしかなく、入射光束の角度が大きなED103Sでの相性がわかりません。まあ一度実写テストしてみようと思います。

P1030360

ビクセンの古い形式の43ミリP0.75ネジでの接続です。これはビクセンから出ている50.8スリーブ→43ミリネジのアダプターを介し、後方にはビクセンM43NSTカメラアダプターの直焦点セットでカメラに接続します。これだと50.8スリーブとNSTアダプターの2か所でカメラの回転が可能です。

P1030361

ついでに鏡筒も少々改修しました。タカハシのアリミゾに取り付けるには、ビクセン製のプレートホルダーはとても不便なのです。アリガタ側の切り込みよりもタカハシのアリミゾ金具の幅が大きいため、ホルダーを前後にズラすと段差に落ちてしまい、上手く載せることが出来ないのです。そこでアリガタ下面に段差のない、汎用型アリガタを使うことにしました。

P1030365

これでEM200に簡単に載せられ、さらに前後にスライさせてバランスが取りやすくなりました。

この3連休は台風接近で星見は難しそうですね。15号の時のような大きな災害が無ければいいのですが。皆様どうぞお気を付けください。


ED-103Sによる月面

17年間愛用したMT-160を降ろし、メインに使用する筒をμ210に変更してからずいぶん経ちました。
しかし天候が思わしくなかったり、いやいちばんは暑すぎてやる気が出なかったというのが正直なところですが、サブ機のビクセンED-103Sに至ってはまだファーストライトが済んでいないという体たらくでした。

夕方、まだまだ暑さが厳しかったのですが、筒を載せ換えて準備を完了し、夕食後から撮影をスタートしました。と、ここでいきなりトラブル発生です。ED-103Sの焦点距離は795ミリ、直焦点ではたとえAPS-Cのカメラでもサイズが小さすぎます。そのためキヤノンの1.4×エクステンダー中古を手に入れておいたのですが、「レンズの接点がどうのこうの」みたいな警告が出て動きません。カメラを交換しても一緒なので、これはテレコンを使う場合の設定をいじらなくてはいけないようです。

この場でいろいろやっても大汗をかくだけですし、今回は諦めて直焦点での撮影としました。

img_3870-2
2019年9月7日18:41 ビクセンED-103S(FL795mm)Canon EOS Kiss X3ボディ ISO400 Tv1/400
RegiStax5.1にて9枚合成 中央部トリミング

さて、屈折系の少し黄色系の着色を感じますが、さすがに最近のアポ屈折は色収差が無くてきれいですね。しかしシャープさではニュートン式反射の方が一枚上のように感じました。

その後土星を眺め、μ210に載せ換えて土星を見比べてみました。明るさの違いは当然ですが、やはりミューロンは惑星が良く見える筒だと再認識しました。カッシーニの空隙が明瞭で、本体の色のグラデーションも良くわかりました。

ED-103Sでの月面撮影ですが、拡大光学系を再検討しなくてはいけません。古いビクセンのFL屈折用のエクステンダーはあるのですが、いかにもショボいのですよね…。

第26回サマーホリデーin原村星まつり その2

さて今回もいろいろなメーカー、販売店さんが出展されていたわけですが、話題の新製品もお目見えしていました。

まずは五藤テレスコープさんのハーモニックドライブ赤道儀MX-HDです。

resize0892

スマホから「M13」と言葉で指令すると、自動導入がスタート。架台に触ることなくすべての操作が可能だそうです。しかしお値段が60万円超えとのこと、生産数が限られているから仕方ないのかも知れませんが…。また極軸合わせのポールマスター取り付けベースがバランス軸近くに付いている辺りは改善の余地ありかと感じます。それになぜメタリックブルーにしなかったんでしょう?

ビクセンさんのブースにはAXJ赤道儀が展示されていました。かなりガッチリした架台ですね。突起物が少なく、移動して使う人には便利そうです。

resize0894

スコープテックさんの前には、かなりガッチリとした経緯台が置かれていました。大沼さんが製品の説明をされているところです。

resize0895

すぐ横には、セレストロン20センチF2アストロカメラを載せたiOptronの新型架台がありました。

resize0907

ZWOの冷却CMOSカメラがプライムフォーカスに直接取り付けられており、小型ガイドスコープがファインダー台座に載っています。話題のASi AIRのWi-Fiでスマホアプリからすべてを制御して撮影が完了出来るそうです。極軸設定にはポールマスターのようなシステムが組み込まれており、極望を覗かずにセッティングが出来ます。

resize0908

resize0909

ここまでくると、もはや私のようなアナログ天文アマチュアは完全に置いて行かれている気がします。

さて、機材整理で少々懐が温まった私が今回GETしたものがこちら。

resize0911

往年の名機、アストロ光学工業のニューS-5型屈折赤道儀架台と三脚です。これはタカハシさんの掘り出し物コーナーで購入しました。ニューS-5型架台は、それまでのS-5型架台の赤経微動の位置を変更し、軸と一緒にハンドルが動くようになったものです。

resize0912

以前に入手していた鏡筒と組み合わせ、一応の完成形となりました。ぬるっとした艶有塗装の赤道儀、何とも言えないカッコよさがあります。いかにも「天体望遠鏡」というスタイル、子供の頃憧れた望遠鏡です。

その他、国際光器さんで2インチ延長筒と汎用電動フォーカサー、バーダーアストロソーラーフィルターを、ミザールテックさんで小ねじをいくつか購入して終了としました。
ギャラリー
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 補正レンズをテストする
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ