今日は代休を頂き、自宅でゆっくりしています。

久しぶりの雨、朝はけっこうな勢いで降っていましたが、この時間になってもあまり雨脚が変わりませんね。晴天がずっと続いていましたから、まあ今日くらいは雨でも仕方ないでしょう。

 

とは言え、せっかくの休日が雨では、なんだかずいぶん損した気になりますね。まあ午後はホームセンターへ、故障した洗面所の電灯スイッチを買いにでも出かけたついでに、カメラのキタムラで中古の定点観測でもして来ましょうか(笑)。

 

足早に進む信州の秋、先週からの様子を何枚かの写真で。

 

毎年、境内の大銀杏の色づきを撮影しに行っている、上田市塩田平の真言宗前山寺(ぜんさんじ)。今年は1025日に行ってみましたが、やはりちょっと早かったようです。この写真の左に、大きな銀杏の雌木があるのですが、まだ半分ほどは緑色でした。

 

イメージ 1

しかし銀杏の実が山ほど落ちており、かなり臭かったですね。境内に銀杏の絨毯が敷かれるのは、そろそろ今時分からでしょう。明日にでも、もう一度出掛けてみようと思っています。

 

先週末は、日中好天に恵まれました。月がまだ大きかったので、遠征などをされた方は少なかったでしょうが、私も夜半前に双眼鏡で空を眺めて楽しんだ程度でした。

 

土曜日の日中、アパートの近所を散歩しました。ちょっと歩くと、未舗装の川の土手道があります。ススキが秋を感じさせますね。秋の陽はつるべ落とし、午後3時には、もうこんな長い影が。

 

イメージ 2

イメージ 3

日曜日、仕事で松本に。途中、諏訪湖サービスエリアから見えた名残りの月。こんな風景も、空の透明度が上がる秋ならではですね。

 

イメージ 4

イメージ 5

松本から見た北アルプスは、白馬方面の山頂がすっかり白くなっていました。乗鞍も既に雪が積もっていて、山はもう初冬ですね。