さて、一昨夜はラーメン先行、ラヴジョイ彗星を後回しにして失敗したわけですが・・・。

 

そうは言っても、薄雲が覆う中で撮影した写真を処理してみました。

 

やはり星全体が滲んだようになっていますが、この後撮影したものは更に酷く、カブりも強くなってしまっています。なんとか核から出た尾の一部が見えているようです。

 

周辺部の光量不足は、空が明るい事にも起因していて、なかなかフラットには仕上げられませんでした。

 

イメージ 1
201511820:2840秒露出×2枚合成 Canon EOS Kiss X3Ai Nikkor ED180mm F2.8

ビクセンGP赤道儀自動追尾

 

とにかくこれは、空の良い場所で1回は撮影しなくてはならないですね。