1月11日の金星・水星再接近は、残念ながら曇ってしまい、上田市からは見る事が出来ませんでした。約1°に接近となれば、天体望遠鏡でも観測出来る近さ、晴れていたら素晴らしい眺めだった事でしょう。まあ、シーイングは最悪だったと思いますが。

翌12日、峠の道路が凍結するのが怖いので、早めに諏訪に戻る事にしました。空は抜けるような快晴、すっかり太陽は西に傾いていましたが、今夜までこの晴天が続きそうなのは間違いありません。焦る気持ちを抑えつつ、諏訪のアパートに戻りました。

荷物を部屋に放り込み、三脚とカメラを持って駐車場へ。ロケハンもクソもありません。電線の邪魔がなさそうな場所まで移動して、空が暗くなるのを待ちます。

イメージ 1
2015年1月12日17:38 Canon EOS7D+EF-S15-85mm F3.5-5.6(80mm F5.6)
ISO400 0.6秒露出

田舎なので、手前の風景が真っ黒(笑)ゼイタクを言っては怒られますね。

さて、お次はラヴジョイ彗星ですが。

GP赤道儀を組むか、それともポラリエでいくか悩んだのですが、設置場所が狭い事もあり、今回はポラリエでトライする事にしました。しかしレンズは重量級のAiニッコールED180mm F2.8です。長時間のガイドは無理、まあ、空も明るい場所なので、さほど長い露出も出来ません。

イメージ 2
2015年1月12日21:00 Canon EOS Kiss X3+Ai Nikkor ED180mm F2.8
ISO1600 30秒露出(10%ほどトリミングあり)

やはり市街地からは、淡い尾を写すのは難しいようです。

この後、余りの寒さに気力が萎えてしまい、早々に撤収しました。