さて先日の人間ドック、空き時間に読むために、何冊か本を持ち込みました。もちろん老眼鏡と共に(笑)。
 
待合室には新聞や漫画、雑誌なども揃えられていて、皆さんそれぞれに時間を潰しています。私も新聞を読もうと書棚に行くと、そこにこんな本が。
 
イメージ 1
信州松本平の方言マンガ『アルプス市民』 小林君江 作・画
 
これ、地元の人ならめちゃくちゃ楽しめます。私の地元上田市では全く使わない方言も多く、松本勤務時代に「え?」と思った方言が満載です。
「~でしょう?」を「~だじ?」、「そういうものだよ」を「そういうもんせ」etc.ただし、松本に住んでいる皆さんの中には、これが方言だと思っていない人も多いのでしょうが・・・(笑)。
待ち時間にひとりニヤニヤ・・・。周りの人から危ない人と思われたかも・・・。
 
以前に読んだ事があったのですが、繰り返し読んでも笑えます。
 
地元のタブロイド朝刊紙、市民タイムスが出版元です。登場キャラクターの中に、市民タイムスの社長さんと思しき人がいるのもご愛嬌。新○社長、ご活躍ですね!(笑)