イメージ 1

『怪奇大作戦』 桑田次郎:画 朝日ソノラマ刊

毎週日曜日の夜7:00~7:30の『タケダアワー』(武田薬品1社提供枠)。

『ウルトラQ』、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』と続いた、TBS空想特撮シリーズ。
その後、突如番組の路線が変わります。

1968年(昭和43年)秋、同じ円谷プロダクション制作の『怪奇大作戦』が始まりました。

それまでの怪獣物ではなく、怪奇事件を科学的に分析解決する『SRI(科学捜査研究所)』
というチームが主役の番組でした。

そのメンバーは、牧司朗(岸田森)、三沢京介(勝呂誉)、野村洋(松山省二)の3人に、
所長の的矢忠(原保美)とアシスタントの小川さおり(小橋玲子)。
頭脳明晰な牧、武道が得意な三沢、ちょっとおっちょこちょいだけれどムードメーカーの
野村。3人のキャラクターを実力派の俳優陣が演じ、それまでの特撮物とは数段違った
ドラマに仕上がっていました。

各回に出演するゲストも豪華で、森山周一郎や浜村純、天本英世、小松方正、平田明彦らが、
それぞれのエピソードを盛り上げていました。

とはいえ、まだ小学校に上がる前だった私は、毎回怖くて怖くて仕方なかったものです。
怖いけれど見たい。父や母のそばにくっついて、びくびくしながら見ていたことを思い
出します。

そんな中でも、第24話「狂気人間」のインパクトはかなりのものでした。脳波変調器という
物を使い、一般人を狂人にして殺人を犯させるという話でした。
心神喪失状態の人間は、犯罪を犯しても罰せられないという刑法を揶揄したとも思える
内容で、再放送やビデオ化の際にも欠番とされました。

ずいぶん前に、どういうルートだったか忘れましたが、この「狂気人間」のVHSテープを
手に入れました。たぶん、今でも実家に置いてあると思うのですが、定かではありません。

さて、写真は、桑田次郎氏が作画した『怪奇大作戦』のコミックです。
何話かは、ドラマのエピソードが入っており、オリジナルのストーリーも含まれます。
桑田氏独特のシャープな線描が、ドラマの独特な『怖さ』を表現できていると思います。

当時、何人かの漫画家の方が、違う雑誌で『怪奇大作戦』を描いていたようです。
それだけ人気が高かった番組だった、ということの表れなのでしょうね。