イメージ 1

アサヒペンタックスSL Super-Takumar50mm F1.4付き 1969年製(ここが重要)

大ベストセラーだった『アサヒペンタックスSP』から、TTL露出計を省いたモデルと
して発売されました。

だいたい当時、休日の動物園や遊園地で、家族連れのお父さんたちが首から提げていた
カメラの半分はアサヒペンタックスってくらい。その殆どがSPだったと思います。
ビートルズも愛用していました(東京公演でNikon Fを買うまでは・・・)。

感覚的には、露出計を省いた『廉価版』カメラというふうに思いますが、当時、カメラ
内蔵の露出計を信用出来ず、単体露出計を使用する人も多かったため、実は上級者向けと
いう位置づけのモデルだったのです。

当時の『天文ガイド』を見ると、多くの人がペンタックスSPやSLを使っていました。
SLは、電池を全く使用しないモデルですから、天体写真にはピッタリの機種です。
ニコンほど交換レンズの価格も高くないし、旭光学工業は庶民の味方でした。

で、ペンタックスユーザーが必ず持っていた交換レンズが、写真左の135mm F3.5です。
とにかく、まず『望遠』が大事なのです。しかもなぜか135mm。

望遠レンズの圧縮効果を求めれば、200mm以上の焦点距離が欲しくなりますし、人物写真
(ポートレート)なら85mmくらいの方が使いやすい。

無理すればどっちでも使えるっていう、貧乏性な焦点距離が135mmだったんでしょうか。

標準の50mmは、コーティングのヤケがひどくて、カラーバランスが取れない感じですが、
ネガカラーなら、何とか調整できる範囲でしょう。

40年経った今でも問題なく作動する、布幕横走りフォーカルプレーンシャッターの柔らかな
感触、分割巻上げも可能な、曲線を使った巻上レバー。
電装部品がないという強みでしょうか、写真のSLは、バリバリ元気です。

写真に写っている金属製キャップだけでも、最近は値段が付くらしいですね。

もう少し状態の良い標準レンズと、28丱ラスの広角レンズを入手して、60年代の写りを
楽しんでみたい気がしています。