今回の台風19号は、東日本の広い範囲で大きな被害を出しています。
長野県は比較的台風被害を受けない場所だと思っていたのですが、今回は北部から東部にかけて大雨による被害が出ています。

長野市にでは千曲川左岸の堤防が決壊し、広範囲にわたって住宅の水没被害が出ました。上田市はその上流になるのですが、上田電鉄の鉄橋が、堤防が削られたために崩落してしまいました。映画などでも良く紹介される見慣れた赤い鉄橋が、千曲川の濁流に落ちているのを見て衝撃を受けました。

IMG_4911

北陸新幹線の車両基地が水没し、多くの車両が水に浸かってしまいました。復旧にはかなりの時間がかかりそうです。

地球温暖化の影響が大きいと思うのですが、海水温上昇によって日本に襲来する台風の勢力が年々大きくなっているようです。カテゴリ5クラスのハリケーンと同じ強さの台風が、毎年複数襲来するようになる危険があります。自然災害ですから避けることは出来ません。如何にして被害を抑えるか、減災の方法をみんなで真剣に考えなくてはなりません。

それにしても、一夜明けてから災害対策本部を立ち上げようという政府の対応はいかがなものか?気象庁があれだけ事前に警告をしていたのですから、もっと早くから準備・対応が出来たはずではないのか?と憤慨してしまいます。