Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2017年05月

デジカメ星空診断ワークショップ

今日は午後から、上田市マルチメディア情報センターで開催された「デジカメ星空診断ワークショップ」(第2回)に参加して来ました。
光害などによる夜空の明るさを計測する方法を学ぶ、というワークショップです。

イメージ 1

4月に基礎知識を学ぶ第1回のワークショップがあったのですが、当日仕事になってしまい参加できませんでした。基礎を学ばずに、いきなり実践と言うのもいかがなものかですが、まあ私らしいと言えば私らしいですね(笑)。参加費は1名1,500円で、2回合計の金額です。

イメージ 2

講師は「星空公団」の方で、参加者は約20名でした。

夜空の明るさを測るための写真は、デジタルカメラ+標準レンズF5.6でISO800、30秒固定撮影で写した星空写真を使用します。

イメージ 3

使用するソフトはMakali'i(マカリ)という計測ソフトで、RAW画像を取り込んで処理します。基準星の等級や撮影時の高度などは、星図ソフトStellarium(フリーソフト)のデータを使って計算します。受講者各々がExcelに数式を入力し、撮影に使用したデジカメの撮像素子のスペックや使用レンズの焦点距離などを入力し、さらに大気による減光の変数なども入力して夜空のベースの暗さ(明るさ)を等級で導き出します。

イメージ 4

空の良い山などでは20等級を越える暗さ、市街地では16~18等級というような数値が出ました。正直、三角関数やlogなど、なぜこういう数式になるのか?まったく根本は理解出来ませんでしたが、言われるとおりに入力した結果、どうやら概ね正しい数値が出たようです。

以前は環境省で行っていた星空診断ですが、例の事業仕分けで予算が無くなり、現在は星空公団で行っているのだそうです。

毎年1月と8月に全国からデータを集めているそうで、星空公団のHP内のデジカメ星空診断のページから、誰でもデータを送ることが出来ます。8月12日~8月25日、私もデータを送ってみようと思います。

午後1時から5時までみっちり講習を受け、仕事以上に疲れましたが勉強になりました。

腰痛

先月末あたりから、左足の裏側、太ももからひざ裏にかけて痛みが出て、時折我慢できないほどの痛さが走ることがありました。

以前から腰が悪く、椎間板ヘルニアであることはわかっていたので、いよいよ来たかと思った次第で、先週初めに整形外科にかかりました。MRI検査の結果、腰椎の下側3つほどの椎間板がつぶれ、下から2番目の軟骨が飛び出して神経を刺激していることがはっきりとしました。

これを治すには手術しかないとのこと、しかし手術ともなれば1か月、場合によってはそれ以上の期間の安静が必要になります。仕事のこともあり、今すぐというわけにはいきません。とりあえず痛み止めとリハビリで様子を見ることになりました。

痛みが増し、さらにしびれや足に力が入らなくなるような症状が出れば、これはもう即手術だそうです。いわゆる脊柱管狭窄症による神経痛というのが現在の状況で、とにかく前かがみになる姿勢をとらず、腰周辺の筋肉を柔らかくする運動を続けていくことが今出来る対処法で、医者の言うとおりにやってみるほかありません。

星を見たり撮ったりというのは不自然な体勢をとることが多く、無理が出来なくなりました。

症状が自然に改善することは100%ないそうなので、いつかは手術することになるのでしょう。困ったことです。

みなさんもどうか気を付けてください(どうやって気を付ければいいのかわかりませんが…)。

人生2度目のバーゲンセール

上田市にあるArio上田、中核店舗はイトーヨーカドーですが、店舗内には西武百貨店が入っていたりして、最近の流通業界の複雑怪奇さはわからない事ばかりです。

イトーヨーカドーがここ数年、中年層をターゲットにしたと思われるブランド「Kent」を展開していた事は、TVCMなどで皆さんご存知だと思います。しかしスーパーのブランド展開は、あっという間に打ち切りされたりする事が多く、いつまで続く事やらと見守っていたわけですが…。どうやら重点ブランドからは外れたらしく、今やっている店内リニューアルに合わせて縮小が決まったようです。Kentブランドは元々VANが持っていたわけで、そのコーナーではVANの商品もわずかながら販売していました。となると、VANの商品はどうなるんだろう?と覗いてみると、なんと!殆どに50%OFFのタグが付いているではないですか!販売をやめるのは構わないけど、Kentのブランドを使わせてもらっていたVANに対して、こりゃあまりにも失礼じゃないか!と憤りながら、「Lサイズ残ってねえかな?」と棚を物色(笑)

イメージ 1

コットンの半袖ボタンダウンシャツの中にLがひとつ残っていました。ラッキー!

イメージ 2

イメージ 3

いわゆるスイングトップ、VANのショップではポケットにボタン付きフードがある、裏地にタータンチェックのウールが付いたものが売られていますが、こちらはどうもスーパーマーケット向きに作られたと思われる廉価版、それでも22,000円の値札が付いています。こういう廉価版を売っては失敗して来た事を忘れちゃったのかな?関連会社ベルソンジャパンがVANファミリーショップを展開して、品質がちょっと劣るけれども安い商品を扱った結果、上手くいかずに倒産、本業にも悪影響を及ぼした事があったのに。まあそもそもイトーヨーカドーにKentを使わせた事が間違いだと思いますけどね。
こちらも1着だけLが残ってましたのでキープ。

イメージ 4

イメージ 5

パンツはウエストのサイズがやたら細いものか太いものしかない。1本だけW85があったので、これも迷わずお買い上げです。少しポリが入ったチノクロス・パンツ、VANブランドなので尾錠付き、オーセンティックなデザインです。

イメージ 6

定価だったら絶対買わない手提げバッグ。紙バッグと同じカーキ色なら最高でしたが、まあとりあえず押さえておきましょう(たぶん使わないけど)。

とまあ4点ほどを衝動買いしたのですが、実はVANのバーゲンは人生2度目の経験でした。1978年に、(株)ヴァンヂャケットが500億円とも言われる負債を抱えて倒産しました。当時高校生だった私は、上田市にあった百貨店ほていやで開催されたバーゲンに行き、高根の花だったVANのボタンダウンやコットンパンツをまとめ買いしたのです。倒産在庫の販売は、当時の従業員組合が管財人の許可を得て開催したものだったと、あとから知りました。

その後、従業員組合が中心となって新生ヴァンヂャケットが復活、現在に至っているわけです。最近の商品はウェブショップで購入していましたが、正直かなりいいお値段です。まあ復活した80年代と変わらないのですが、世間がデフレで衣類がかなり安くなってしまっているのでそう感じるのかも知れませんが。

ブランドはイメージが何より大切だと思います。KentにしろVANにしろ、あの時代のイメージを大切にしないとユーザーが離れて行ってしまうのではないでしょうか?

計画変更の結果…

さて、30日のポール・マッカートニーライブのあと、余韻を仲間と楽しもうと水道橋駅近くの居酒屋に入りました。気分が高揚していたこともあって、かなりハイペースで飲んでしまい、あっという間に出来上がりました。

23時頃にはお開きになり、それぞれ宿に向かうことにしたのですが、私はもうちょっと飲みたくて、ホテル近くのバールに寄ってしまいました。ワインを少し飲み、コンサートのセットリストを再確認、27日のライブではアンコールでBirthdayを演ったのを、当日はGet Backに変更されていたなあなんて思いながら、スマホに保存された写真を眺めていたのです。気がつけば1時過ぎ、おおこりゃいかんと宿に戻って就寝。

実は翌日5/1は振替休日を取ってありました。ゆっくりと起きてホテルを10時前にチェックアウト、近くのカフェで酔い醒ましのコーヒーを飲みつつ、今日の行動予定を検討。ランチの場所は決めてあったので、午後行くお店のチェックです。

秋葉原の天文ショップ、スターベースに行くことは決めていたのですが、まああとはシュミットに寄って、近くのエアガンショップで小物を買って帰ろうかと決め、お店の情報を検索。秋葉原駅の北側には、ずいぶんたくさんのガンショップがあるんですね。

時計を見ながら、11:30に代々木駅に到着出来る時間に赤坂見附を出発、四谷乗り換えで代々木まで。西口を出て10分弱歩いて到着したのが、インドカリーのお店ライオンシェアです。以前にも書いたことがありますが、その昔松本市にあったシュプラの味を受け継いだお店なのです。

イメージ 1

久しぶりに食べるドライキーマ載せライスにトマトとチキンのカリー、もちろん辛口で。いやぁ、本当に美味い!香辛料のみで小麦粉不使用、油も殆ど使っていないので爽やかに辛く、さっぱりしているのです。大満足のランチでした。

あっという間に大盛ライスを完食し、お店の方に「本当においしかったです」とお礼を言って店を出ました。

代々木から総武線で秋葉原へ。まずスターベースに向かいます。実は今回、μ210用のアリミゾ(中)を購入するつもりでおり、中古があればいいなと目論んでいたのでした。ところが、お店に在庫していたのはひと回り小さなアリミゾ(小)のみ、笠井とビクセンのものはありましたが、これはすでに持っていますので購入せず。

あんな単純なものでも1.8万もします。それなりに金子(きんす)を持参していったものの、見事空振り。残念だったなあなんて思いながら、末広町側に歩き出しました。シュミットを後回しにして、そのままエアガンショップのエチゴヤへ。あれば買ってもいいかなと思っていた、マルゼンのワルサーPPK/Sは当然のごとく在庫なし。壁に並ぶ長物を見ながら海外製のstg44に目が行きました。金属製でストックはリアル・ウッド、確か松栄のモデルガンは15万くらいしたはずですが、こちらは電動ガンでなんと29,800円!こりゃ安い!思わずお持ち帰りでと言ってしまいそうになりましたが、さすがにこりゃいけません。残金がちょうどそのくらいしか無く、連休後半にラーメンすら食えなくなる危険性ありで(笑)。

そうだそうだ、壊れちゃったローダーの替わりを買うんだったと思い直し、戻りながらガラスケースに目を落とすと、実にきれいな仕上げのガバメントが…。

そうです。東京マルイのコルトガバメントMarkⅣ/SERIES70ブルーフィニッシュモデルです。ちょっと手に取って見たいと思い、店員さんに声をかけました。フレームヘアラインが美しく、ハンマーサイドはポリッシュ仕上げされています。うーん、これはなかなかきれいだなあと感心しながら、「在庫はあるの?」と聞くと「ありますよ」と。あー、もう駄目です。

イメージ 2

そんなわけで、今、私の手元には美しいブルーフィニッシュのガバメントが1丁あるのでした。

Paul McCartney ONE ON ONE Japan Tour2017

今年もまたポールが来日してくれました。最近は2年に1度のペース、これは本当にスゴイ!日本が大きなマーケットである事はもちろんですが、ポール自身が日本と日本のファンを好きでいてくれるからなのかな?と勝手に解釈して納得しています。

 

私は今回のツアー最終日、430日(日)の東京ドームに行って来ました。この日がポールにとっては20回目の日本公演だったとの事、さすがにベンチャーズほどの回数ではありませんが、それでも20回という回数、凄いですよね。

 

今回は奥の手(コネクション・ルート)を使わず、ぴあの最速抽選先行予約に応募してみました。まあ、取れなかった時には奥の手を使おうとは思っていたのですが、なんとあっさり第一希望が取れてしまい拍子抜けしました。

 

がしかし、取れた席はアリーナEブロック、そりゃねえだろうとガックリ。さすがにAブロック(最前列)とは言わないけど、せめてBCブロックくらい回せよと思いました。でもまあ中央の通路横だったので、前の人に遮られず、遠いけど良く見える席ではありましたが…。

 

当日は16時前にドームに到着、まずはグッズ売り場に。なぜか非常に空いていて、あっという間に買えてしまい、友人たちとの待ち合わせ時間まで暇を持て余すことになりました。

 

イメージ 1

開場予定時間は16:30でしたが、当然のように押します。結局17時過ぎに案内が始まり、我々は18時ちょっと前に入場しました。

 

イメージ 2

予定時刻を40分ほど過ぎて、ようやくライブがスタート、まずは「ア・ハード・デイズ・ナイト」から。おお、けっこう声が出ているじゃないですか!とても74歳とは思えないパワフルな歌声、いやほんと凄い人だ!

 

イメージ 3

今回は「ミスター・カイト」、日本で初演となった「彼氏になりたい」や、「テンポラリー・セクレタリー」なども披露されました。「バンド・オン・ザ・ラン」、良かったなあ。


イメージ 4

そして「ヘイ・ジュード」では、観客全員に配られたブルーのサイリウムが一斉に点り、ドームがブルー一色に染まりました。これはポールには知らされていない、サプライズ演出でした。

 

イメージ 5

アンコールは1回、合計39曲を披露してくれました。そして最後に、ハッキリと日本語で「マタアイマショウ!」と。もちろん、次も必ず行きますよ。
ギャラリー
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ