Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2016年07月

便利小物

さて、これは何でしょう?

 

イメージ 1

サイズは直径が2インチアイピースのスリーブと同じ、材質は金属です。

 

お分かりの方も多いでしょうが、これは望遠鏡のアイピースアダプターに差し込んで使用する乾燥剤入れです。

 

ネジで分解したこの中に、除湿剤やシリカゲルを入れ、2インチの接眼部に挿入します。屈折鏡やシュミカセ、マクストフ光学系のように、塞がれた鏡筒の内部の除湿に向きます。

 

イメージ 2

望遠鏡販売店シュミットさんで扱っている小物ですが、果たしてこの金額を出してまで買うべきものなのか?という疑問はありますよねえ…。

 

イメージ 3

しかしこれは、なかなか良く考えられたものなのです。まず材質。軽量なプラスチック製で十分では?と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、万が一締め込んだ際にプラスチックが割れて、鏡筒内に破片が入っちゃったらどうしましょう?ミラーの上に載ったら、あっという間に擦り傷が付いてしまいます。さらに、このネジ山が極めて細かいのです。締めるのに苦労しますが、それは逆に緩みにくく、緩んでもすぐには分離しないという事でもあるわけです。

 

そう考えると、まあこの値段も納得できるかな?と思い、つい入手してしまいました。

 

まずはミューロンで使用し、ED80Sにも使えるよう、もう1個追加発注しようかと思っています。

舌の根も乾かぬうちとはまさにこれ(爆!)

さすがにもう双眼鏡は…と思っていたのですが、安くて良く見えると評判だった、協栄産業オリジナルブランドの8×32ミリ(もちろん中古)を手に入れました。

イメージ 1

新品でも税込15,000円ほどの価格ですが、対物レンズ、接眼レンズともマルチコート、プリズムにはフェーズコートが施され、窒素ガス封入の防水タイプです。

きれいなコーティング(ちょっと見難いですが)。

イメージ 2

視野もニコンの8×30ミリの8.5°には及ばぬものの、8°という広視野です。見かけ視界が40°前後の双眼鏡は、まるで鍵穴を覗いているようで窮屈ですが、この双眼鏡くらいあると、解放感もありますね。ハイアイ仕様で、ツイストアップ式の見口もしっかりとした感触です。視度調整ダイヤルがかなり硬めなのも、すぐにズレてしまわず良いと思います。

イメージ 3

その見え味は、なかなかのものです。ニコンのモナークなど、10万円を超える双眼鏡と比べたらやはり少々分が悪いですが、ごく弱い糸巻き型の収差はあるものの、視野の8割程度までの像質はかなり均一です。コーティングが良いせいか、コントラストもヌケもいいです。口径32ミリなので天体観測には物足りませんが、コンパクトなダハプリズムタイプは携行性も良く、バードウォッチングなどには非常に向いていますね。グリップ感も悪くないので、手振れもあまり気になりません。かなり優秀なOEMメーカーに造らせたようです。

実は私、ポロプリズムの双眼鏡が好きで、ダハプリズムの双眼鏡は実質2本目です。最初の1本は口径24ミリのコンパクト双眼鏡で、娘に貸し出したままになっています(笑)。

インナーフォーカス式のピント調整なので、全長も変化しません。いや、これは久々の大当たり!現在はソールドアウトで、今後再生産されるのかどうかは不明です。


呼吸・・・するか

いや、呼吸はしています(笑)

私の知人の星好きに、機材を買っては手放し、また買っては手放すというのを繰り返し、手元にはいつもわずかの望遠鏡しか置いていないという人がいます。彼を私は「呼吸する人」と呼んでいるのですが、つまり吸い込む(機材を買う)次に吐き出す(売りに出す)ということを繰り返しているわけです。

これはこれで、極めて健康的(場所塞ぎにもならず、使わない物がない)なわけですが、結局常に損をするわけで(買うより売るほうが当然安くなっちゃいますからね)、なかなか真似は出来ません。

私の場合、機材好きなうえに手元に置いたもの全てに愛着が湧いてしまい、手放すことがなかなか出来なくなってしまうのです。フィルムカメラなど、未来永劫使いそうにないものまでみんな死蔵しています。

しかしながら、ここにきて吐き出す動作も必要だと感じています。

なぜなら、単身赴任を終えて戻った自宅が、すでに飽和状態になってしまったからです。自宅だけでなく、実家の一部屋も機材で埋まってしまい、さすがにこれはまずいと…。

使っていない周辺機器もけっこうあります。タカハシのハンドコントローラーTHCや、ASIのCMOSカメラ、バローレンズも数本、カメラアダプターもいくつかありますね。双眼鏡も、あんなに本数は必要ありませんし。

いや、赤道儀だってほとんど使わない物も多く、コレクションにしておくのはもったいないなあとも思います。筒も何本かは放出して、どなたかに使ってもらうほうがいいでしょうね。

ここは一念発起して、一気に機材を減らそうかと。

お察しの方もいらっしゃるかも知れませんが、実は資金を捻出して入手したい物が出来てしまったのでした。

それは何か?…今はまだ言えません(爆!)。

来週末は原村星まつりです

8月5日(金)17:00~8月7日(日)朝まで、第23回サマーホリデーin原村星まつりが開催されます。

いやー、23年目ですよ。すごいなあ。参加し始めた時、私はまだ30代でした。
第1回からとりあえず皆勤賞を取っているのですが、今年は金曜日夜のみの参加となってしまいます。6日(土)に仕事が入ってしまい、どうしても上田に戻らなくてはならないのです。残念です。

今年もイベント&メーカー・販売店の出店で楽しめそうです。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。5日は開会式前から会場入りするつもりでいます。来られた方はお声掛けください。

今年のプログラムです。
イメージ 1

イメージ 2


片付かないorz

諏訪を引き払って1週間、自宅と実家に分けて持ち帰った荷物が全く片付きません。

最大の原因は収納場所の不足ですが(笑)、この暑さが全ての気力を失わせるのですよね…。実家の軒先には洗濯機が置かれたままで、古い洗濯機を取り外して入れ替えるのを昨日のうちにやりたかったのですが、それも出来ず…。そもそも庭の雑草をなんとかやっつけなくてはと思っていたものの、日中に除草剤散布をするのはかなり危険と思われる暑さで断念、自宅庭の惨状も目に余る状態ですが、これもまたどうにもならず…。いっそのこと全てコンクリートで埋めちゃおうか?なんて思ったりもしますが、よけいに暑くなっちゃうし、ほとほと困っているという状況です。

庭の観測所は雑草を刈らなくては扉の開閉もままならないほどで、今日の夕方にでも少しやっつけようかとも思うのですが、とにかく暑い!(暑い暑いと言うから、またよけいに暑く感じるのですけどね…)

子供の頃、こんなに暑かったんだろうか?いや、ここまで暑かったことはないですよねえ。

まあ、暑さを理由に片付けが進まなければ、この状態で10月くらいまで行ってしまうかも?そうなると、もう開かない荷物は永久に不要なものになってしまうでしょうね。

それにしても暑い!昼寝も出来ない!午後はヤ○ダ電機に行って、カメラコーナーでも冷やかしながら涼しく過ごそうか?なんて思ったりしています。

引越し完了

先週末、ようやく諏訪のアパートを引き払いました。

イメージ 1

わずか2年住んだだけの築1年半で入居した1LDKは、収納も多くレオパレスと比べ格段に快適でした。

望遠鏡を出し入れする事を前提に1階の部屋を選んだのですが、2階の住人の足音には少々悩まされましたね…。当初はおっさんが住んでいると思っていたのですが、ある日ばったりと2階の住人とあったのですが、30代と思しき女性でびっくり。普通女性なら、もう少し静かに歩くものだと思ったのですが、とにかくドタドタと夜中に動かれるのが困りものでした。しかしまあ、そんなことも時と共に慣れてしまうので、たまに音がしないと「おや、今日は帰りが遅いねえ」なんて思う程度になりました。

月末から月初にかけて、とにかくスケジュールがいっぱいで、全く荷造りが出来ませんでした。結局8日に振替休暇を消化して、1日で一気に部屋の片づけ。望遠鏡は半分を前週末に実家へ運び込み、残りを引越し当日自分の車で自宅に運びました。

イメージ 2

すっかり荷物を運び出したアパートの部屋は、こんなに広かったっけ?と思うくらいの広さを感じるものですね。

ところで、過去かなりの回数引越しをしましたが、当日雨に遭ったのは今回が初めてでした。まあ。梅雨時ですからそういう事もあるのでしょうが、やはり雨の中は大変でしたね…。
ギャラリー
  • やはり流星写真は難しい…
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ