Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2014年11月

新橋へ

先日、東京出張があり、汐留まで出掛けました。
午後イチのアポだったので、まずは腹ごしらえ。やはり新橋に来ると足が向いてしまうのが、銀座口側にある新橋第一ビルの2階、『ビーフン東』です。ちょうど真冬並みの寒気が入った日だった事もあり、焼きではなく汁ビーフン、いつも通りに五目汁ビーフンをオーダーしました。
イメージ 1

ここは2人で来たらバーツァン(中華ちまき)を1つ頼み、それを2つに切ってもらって半分づつ頂くとちょうどいいのですが、1人だとどうにも食べすぎな感じ、そこでビーフンを単品大盛でお願いしました。

打ち合わせも終り、また新橋駅から電車に乗ろうと戻って来がてら、同じビルの1階にあるKent Houseに立ち寄りました。タイミングが良いとネクタイのバーゲンに当たるのですが、残念ながら今回はセール期間ではありませんでした。

ふと見るとYシャツが税別3,900円で安売り中です。お店の方に話を聞くと、トラッドシャツのメーカーであるスキャッティが、余り生地を使い、Kent Houseブランドで販売しているのだとか。スキャッティのシャツは7~8,000円ほどしますから、これはかなりお買い得。ありがたい事に、私のサイズ41-84で定番のブルー・オックスフォードクロスのシャツが1着残っていました。

イメージ 2

スキャッティ・オーク製ですから、仕立てはとても丁寧です。最近はこういった定番ものが、案外田舎では買えないのです。いやぁ、いい買い物が出来ちゃったなあ、なんて思いながら、仕事の打ち合わせで頂いた難しい宿題をすっかり忘れて帰って来たのでした。

もちろん、この仕事を進めないわけにはいかないので、これからまた何度か汐留まで出掛ける事になりそうです。次回はネクタイのバーゲンに当たると良いのですが(笑)

続いてM42適当処理編

イッシーさんからM42の仕上がりも・・・とコメントを頂きました。
正直、仕上げも何もない、またまたいい加減処理の写真ですが(苦笑)。

イメージ 1
2014年12月23日0:28~90秒×2枚 Canon EOS Kiss X3+ASTRONOMIC CLS ISO1600
MT160+レデューサー EM200Temma2 Jr ノータッチガイド(撮影地:上田市)

もう少し東に振って撮れば良かったですねー・・・。いつものことながら、24時を過ぎると、とたんに気力が失せてしまうので・・・。

年末年始は休みが長く取れますが、月が大きいですね。今年はこれが撮り収めになりそうです。

地震の夜のM31

昨夜、ここしばらくないくらいの透明度が良い夜でした。まさかその後に大きな地震が起きるとも思わず、珍しくオートガイダーを使ってMT-160直焦点撮影の準備をしました。

20時過ぎから撮影を始めたわけですが、正直、市街地からこの季節のこの時間には撮るものがないのですよね。

上るM45を8カットほど撮影し、天頂付近のM31を狙おうとしたのですが、スリットぎりぎりで撮影が出来ません。しばらく休憩をして、ようやくM31が狙える位置にやって来た22時過ぎ、短い縦波とほぼ同時に携帯のエリアメールがけたたましく鳴り、グラグラっと短い時間でおおきな横揺れが起き、その瞬間にスマートガイダーは『STAR LOST』を起こしました。

そこからはもうFaceBook上で情報交換がすごいスピードで行われ、知人の殆どに被害が出なかったことがわかりました。

結局、それからまたM31を撮影し、h-χに対象を変えてから急にスマートガイダーが不機嫌になってしまいました。キャリブレーションはうまくいくのですが、ガイドスタートの瞬間にSTAR LOSTを起こしてしまうのです。

その後はM42を短時間露出で撮影したりしながら、夜半過ぎに撮影を切り上げました。

じっくりと画像処理を楽しむのは年末年始休みにでも、という事で、とりあえず撮影しました、の超適当処理のみの証拠写真を1枚だけ。

イメージ 1

2014年11月22日22:18~300秒露出×8枚 Canon EOS Kiss X3(ASTRONOMC CLSフィルター使用)
タカハシMT-160+レデューサー(FL776ミリF4.8)ISO1600 EM200Temma2Jr スマートガイダーによるオートガイド 撮影地:上田市

地震!

珍しく自宅庭の観測室で天体写真撮影をしていた時、グラグラっと大きな横揺れ!ほぼ同時にスマホの警報がなりました。

22:08、長野県北部で震度6弱の地震発生です。

イメージ 1


揺れ自体は短時間でしたが、P波とS波の時間差が殆どなかったです。
スマートガイダーは、その瞬間にスター・ロストを起こしました!

私は慌てて家に飛び込み、テレビの速報を見ました。震源など、まだはっきりしませんが、北部にお住まいの方に被害などない事をお祈りしています。

気楽なもんです

今週になったとたん、急に寒くなりました。昨日の朝は美ヶ原がうっすらと白くなっていました。先週には浅間山や八ヶ岳も初冠雪を記録したようですし、いよいよ信州の秋も終りに近づきましたね。

 

さて、週末、明日明後日とも仕事です。明日の夕方には高校同窓会の中南信支部総会があり、松本に出掛けます。

 

今日は少し早めに帰れたので、まず米を研いでご飯をまとめ炊き。寒くなったせいか、急に湯豆腐が食べたくなってしまい、顆粒の昆布だしを使って湯豆腐を作りました。

 

湯豆腐ときたら、大根おろしが必要です。おろしに最適な大根と言えば、前にもご紹介した上田地方特産のみどり大根です。地元では支那大根と言います。戦前に大陸から輸入され、上田の風土に合ったのか、多くの農家で作られるようになりました。

 

イメージ 1

水分が少なく、おろしても水っぽくなりません。漬けてもパリパリとした食感で実に美味い。薄く切って煮物にも使えます。おろしは程よい辛さが実に美味いんですよ。

 

イメージ 2

酒は当然、熱燗です。辛口の純米酒を熱めに付けて。

いやぁ、美味い!くいくいいっちゃって、結局2合ほど飲んでしまいました。

 

イメージ 3

一休みしてから夕食。今日はチルドのカニシュウマイと、おろし大根となめ茸瓶詰を和えたのをおかずに。

 

ひとり暮らしは、慣れちゃうと気楽でいいですよ。さーて、コーヒー飲んだらアイロンかけますかねえ。

雨の日は昔話でも

若い頃、何かに真剣に打ち込んだ事、ありますか?

私はまあ、学生時代の弓道と、社会人になってからのスキーくらいは少々真剣にやったつもりです。弓道の話はまたいずれ書かせて頂こうと思いますが、今日はスキーの話を。

中学高校と、スキー教室はあるものの、長野県東部の学校でウインタースポーツと言えば、たいていはスケートでした。ほぼ全員が自分のスピードスケート靴を持っていたものです。コーナーで足をクロスさせながら回るなんて、自転車に乗るようなもので、大概の人が出来たものです。

高校時代までは、年に何度かしか行かなかったスキーですが、年々用具が良くなり、靴が痛くなくて冷たくないと思えるようになったのは、大学生になってからでしょうか。ウェアもそれまでのダサっぽいアノラックではなく、いわゆるスキーウェアとしてお洒落なデザインのものが生まれてきたのもこの頃からです。新素材のワンピースのウェアなど、軽くて薄くて暖かく、以前の『苦行』のイメージは全くなくなりました。

就職して給料が頂けるようになり、夏と冬のボーナスは殆どスキー用品とスキー旅行につぎ込みました。夏の早期相談会でウェアをオーダーし、ニューモデルの板と靴を予約、11月中旬に志賀高原の熊の湯スキー場で初滑りをして、翌年5月初旬の志賀横手山での滑り収めまで、ほぼ半年間はスキー三昧でした。

写真は今からもう25年近くも昔の私です。…額の面積が今の半分しかありませんね!(涙)

イメージ 1

アシックスのウェア5点セット、たぶんこれだけで20万近くかかっています。シーズン初めや春スキー用のセーターにデモパン、風よけのベスト。

イメージ 2

寒い時はオーバーパンツにジャケット、その上にベストを着込みます。

板はオガサカのトライアンZ-SL、スラローム競技用の2メートルでした。ブーツはサロモンSX-92EQ、ビンディングも競技用のゴツいのを付けていましたね。

板に10万、ブーツと金具で10万、ストックが2万、手袋も1万近かったはず。薄給だったのに、よくまあお金をつぎ込んだものです。この時代、私が特別な浪費家だったわけではなく、誰もがお金を使っていた気がします。『欲しい』ものが、誰にでもあった時代だったのでしょうね。

今の若い人たちの多くは、あまり物欲が無いようです。堅実で、それはそれで立派ですが、消費は美徳とまでは言わなくても、ある程度お金を回さなくては、経済は活性化しませんよね。

雨の降りしきる日曜日の午後、なんとなく昔話をしたくなってしまいました。お付き合い頂き、ありがとうございました。

後の十三夜、171年ぶりの月?

今日の昼前、REXさんからLINEで連絡が。なんでも今夜、ミラクルムーンが見られるのだとか。ミラクルムーン?初めて聞く名前ですねと返信すると、「ネットで調べると出て来ますよ」との事。早速調べてみると・・・。

今年は旧暦で閏九月があり、今日が旧暦閏九月十三日。中秋の名月の翌月、十三夜もまた名月と言われますが、今年はそのまた翌月に『後(のち)の十三夜』が見られるというわけで、これがなんと天保十四年以来171年ぶりなのだとか。えー?前に見えたのは水野忠邦の時代ですか?!

?イマイチ意味は良くわからないものの、まあそんな記念すべき月なら撮影して損は無かろうというわけで、例によってちゃちゃっと撮影出来る豆鉄砲を引っ張り出しました。

イメージ 1
2014年11月5日20:11 Kenko NEW KDS63-800 Canon EOS Kiss X3 ISO400
1/400S VIXEN GP赤道儀

やはり今一つピリッとした画像にはなりません・・・。63ミリのアクロマートではこんなものでしょうか。そう言えば、これが初のベランダ撮影となりました。いやぁ、揺れる揺れる。こりゃいくらなんでも、ミューロンをここで使うのは無理ですね・・・。

変わらずやらかしております(^^ゞ

なんだか最近、飲み食いのジャンルの更新が少ないね。熱中症以降、身体に気を使っているの?なんて、拙ブログを読んで下さっている方からご心配を頂いてしまいました。いやいやご心配なく!私は特に変わりなく、飲んで食べておりますよ。

 

さて、いよいよ信州も朝夕の冷え込みが厳しくなって来ました。そうなると食べたくなるのが“ほうとう”です。武田軍に占領された土地には、やはりほうとうを食べる習慣が残ります。手打ちの太い煮込みうどんに南瓜が入るのがミソですが、これが案外苦手って人も多いですね。

 

茅野市街からビーナスラインに向かって左にある『三駒』、玄そばとほうとうの店と、大きな看板が出ています。でも実は私、ここでは麦とろ定食が好みです。山芋のとろろ汁を麦飯にかけるのですが、おかずはメザシと漬物。シンプル・イズ・ベスト、トラッドなジャパニーズ・フードって感じなのです。

 

イメージ 1

今回は豚肉ほうとうを頂きました。

 

長野の本社に出かけた時、久しぶりに『そば処小杉』須坂インター店に立ち寄りました。三番粉のみを挽いた雪のように白い更級そばと二番粉も混ざったそばの『雪あわせ』天ざるセット、ちょっとお値段は張りますが、いずれも蕎麦粉100%、しかも歯ごたえものど越しも良い、美味いそばです。


イメージ 2

下諏訪駅裏にある『泉屋食堂』、かれこれ25年も前になりますか、前の会社に勤務していた頃には時々行っていたお店でした。構えは新しくなっていましたが、ラーメンは相変わらず。案外動物系出汁がガツンと効いた、しかも脂も多めのがっつり系、ライスに良く合います。


イメージ 3

目下、いちばんのお気に入り。今住むアパートから徒歩2分、宗田鰹の出汁がウリの『扶桑』の中華そば。時々夕食を食べに行きます。当然、この前には生ビールと餃子があるわけですが(笑)。


イメージ 4

以前にも記事にしましたが、以前松本市にあったインドカリーのお店『シュプラ』。その秘伝の味を唯一継承するお店が代々木にあります。『ライオンシェア』という名のお店。先日、出張の際にお邪魔しました。今回はシュプラで1年修行をした、店主の吉野さんにお会いする事が出来、懐かしい話をさせて頂きました。

 

イメージ 5
特製ドライキーマのせライス+トマトとチキンのカリー(Aランチ)

 

やはり懐かしい味。ひとりで「美味いなあ」としみじみ食べました。

 

翌日、津田沼に仕事があり、錦糸町で半蔵門線に乗り換えるつもりでいたのですが、ちょうど時刻は正午前に。一駅手前の平井で下車しました。平井というのは、実は私が東京勤務時代に5年間住んでいた町なのです。この駅の北側に美味しい中華そばを食べさせるお店『やなか草』があります。葛西の名店『ちばきや』の姉妹店で、土日はけっこうお客が並ぶ人気店です。


イメージ 6

ここでは支那そば+麦めし。ラーメンスープをネギと刻みザーサイを薬味に載せた麦飯にたっぷりとかけ、雑炊のようにして頂くのが美味。


イメージ 7

諏訪から岡谷にかけては、鰻屋さんが非常に多いのです。そんな中のひとつ『ねばし』も国産鰻に拘った、美味しい鰻屋さんなのですが、私は昔からここのカツ丼が大好きでして…。


イメージ 8

若い頃、麻雀と言えばねばしのカツ丼を出前で頼んだものでした。店で食べるとカツの衣がサクサクで美味いし、出前で頼むと出汁がご飯に浸み込んでこれまた美味い。

 

そば通は温かいそばを食べないものだ、なんていう人もいるようですが、元々は温かいそばの方がポピュラーだったのです。どうせなら具がたっぷりのおかめ(八目)そば。上諏訪駅裏にある『秋月』、大盛はラーメン丼に入ってきます。


イメージ 9

最近、岡谷で評判の『麺ごころ祐庵』に初訪問。祐庵ラーメンを頂きました。鶏白湯に野菜ポタージュ、魚介系出汁が見事にマッチ、こりゃあ人気が出るのも頷けます。


イメージ 10

通い続けて四半世紀、唯一無二の味、『哈爾濱(ハルピン)』本店で限定メニューとして出されている、その名も『どハルピン』。ニンニク、唐辛子、信州味噌などを合わせて4年間熟成させた秘伝のタレを、豚骨スープで割っています。当然、麺は長浜ラーメンのように細いストレート麺。大盛ではなく、替え玉で頂きます。

イメージ 11

仕事で行った大町市八坂地区。平成の大合併前は八坂村と言われたところです。音楽家の喜多郎氏が移住した村として、また灰ころがし(へっころがし)おやきの村として、知る人ぞ知る場所。当然ながら蕎麦も美味い。標高950メートルの蕎麦畑で採れた地粉100%使用の田舎そば、『体験そば処八坂』で頂きました。

 

イメージ 12

まさに新そばの季節、香り立つ美味さ、最高でした。
ギャラリー
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 補正レンズをテストする
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ