Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2013年10月

ハロウィン記念大公開(爆!)

今日はハロウィン。ハロウィンの何たるかは全く知りませんが(笑)、日頃から行きつけのOldies Barで昨夜1日早く、常連客のハロウィン・パーティが開催されました。
 
いつもお店で会う(というか、ここでしか会わない)メンバー(平均年齢50代後半)と、先月飲みながら話をしていて盛り上がり、「よし!ハロウィンやろう!」となったのですが、みんなどうしていいのかわからず、「まあ、とりあえず何か仮装して集まろう」となりました。
 
当初私は、『COMBAT!』のヘンリー少尉の扮装をしようかと思っていました。ミリタリーグッズのコレクションもこのところ全く手付かず、それでもナンチャッテU.S.ARMYくらいの扮装は可能です。しかし、なにせヘルメット(実物)は重いし、M1カービンを持って街なかをうろつくわけにもいきません。職質どころか検挙の危険性もありますから。そんなわけでヘンリー少尉はあえなく断念、結局パーティグッズでマッシュルーム・カットのウィッグを購入し、ブラック・スーツに細身のニット・タイ、60年代モッズ・バンド風衣装でキメる(キマりませんが)事にしました。とはいえ、ウィッグはカリフォルニア州からエア・カーゴでの購入、けっこう気合いは入っていたんですよ。
 
では本邦初公開!(爆)、モザイクなし写真を!まあ、全員仮装していますのでいいでしょう。
 
イメージ 1
 
リードギターは松田優作『探偵物語』風カツラ付き帽子のウエスタン・オヤジ(お店のマスター)、ブルース・ブラザーズのジョン・ベルーシに扮するドラマー(不動産会社社長)、なんちゃって女子高生ファッション(?)のキーボード(普通のOLさん)、そしてサイドギターの私。ベーシストは10月1日付け人事で大阪に転勤しちゃいました。昨夜は、この奇妙キテレツなバンドでパーティがスタートしたのでした。オープニングはHELP!から。
 
こうして写真を見ていると、学生時代はこのくらい髪の毛の量があったなあ、なんてしみじみ思ってしまったり・・・。
 
他のおじさんたちも、それぞれに工夫を凝らした仮装で来店、お互いに大爆笑!酔いもふだん以上に回ったという、実に楽しい一夜でした。

里の秋・・・にはちょいと早かった

昨日は松本で仕事、屋外で雨に遭いながらかな?と心配していたのですが、幸い雨をしのげる場所で、午後は陽も当たる天気で助かりました。昨夜は晴れ間も多かったようですが、疲れてしまって早々に就寝、そんなわけで今朝は早くから目が覚めてしまいました。
 
今日は久しぶりに朝から晴天、風もなく穏やかな陽射しに誘われて、近所に秋の気配を探しに出掛けました。
 
イメージ 1
 
まず向かったのは、松茸山荘が多くある、塩田平の富士山(ふじやま)地区。ちょうど山蔭に下弦の月がかかるところでした。
 
イメージ 2
 
まだ里山の紅葉には早かったようですね。
 
そこから少し下って、生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ)へ。ここは日本中央とある通り、ちょうど日本列島の真ん中に位置する神社と言われています。北方四島や沖縄諸島を入れたら?・・・なんて事は聞かないで下さいね。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
ちょうど七五三の時期だったので、境内は晴れ着を着た子供たちと親御さんたちで賑わっていました。ここの写真は時期を変えて撮る事にしましょう。
 
イメージ 5
 
続いては毎年通う前山寺(ぜんさんじ)です。信州の鎌倉といわれる塩田平の北端にあり、三重塔は重要文化財に指定されています。未完成の完成塔と言われ、二層三層目には窓が無く、工事途中の角材が飛び出したままになっています。
 
イメージ 6
 
横にある大銀杏は、先端部分が色づき始めたところでした。
 
イメージ 7
 
お寺の高台から眺めた塩田平。里も色づくのは、あと半月までかからないでしょう。
 
イメージ 8
 

アイソン彗星に向けて(ってほどの話でもないですが)

さて、いよいよアイソン彗星が間近に迫ってきましたね。まずは次の新月期が狙い目ですが、その準備をそろそろやらなくては・・・と思っていました。
 
基本的にはカメラレンズの望遠を使い、1~3分程度の露出で枚数を稼ぐという作戦で、赤道儀は使い慣れたP2Sを使おうと考えています。天候によっては平日早朝の出動もするつもりです。
 
ヘール・ボップ彗星の時(まだ若かった時・笑)は、ほぼ1週間、毎朝諏訪から原村の八ヶ岳山麓まで出動していました。彗星が夕空に回ってからは、明科町(現安曇野市明科)の天平の森まで仕事を切り上げて出掛けました。・・・いやー、あの頃は情熱があったんですねー(他人事みたい)。
 
まあ当時ほどの気合いは無理としても、11月初旬と11月下旬から12月中旬までは、天候を見つつ、いつでも出られるようにしておこうというわけです。
 
P2架台は小型ですから、いつもは車の後部座席に寝かせて乗せ、三脚はバラすと暗い中での組立てが面倒なので、組んだまま荷室に積んでいます。しかし2ヶ月間も積んだままにしたのでは、シートが凹んでしまいますし、パーツが散らかるのもイヤなので、まとめてケースにしまう事を考えました。
 
用意したのは、798円のプラ・コンテナ、1本198円のフリーカット・スポンジを3本です。
 
イメージ 1
 
フリーカット・スポンジは、台所で食器を洗うためのお買い得版で、サイズは10センチ×50センチです。これを内寸約30センチ×45センチのコンテナに入るようにハサミでカットして並べて完了。簡単至極。余ったスポンジは緩衝材として適当に置きます。
 
イメージ 2
 
モータードライブの電池ケース、Pライト、マッチプレートと自由雲台を入れて、三脚と一緒に荷室に置いて準備OK!となりました。
 
イメージ 3
 
暑い時期は車内も高温になり、電装部品がイカれたりグリスが流れ出てしまったりというトラブルが心配ですが、今の時期なら大丈夫ですね。あとはカメラとレンズを積めば出動出来ます。
 
カメラレンズは、11月初旬についてはニッコールのED300ミリF4とED180ミリF2.8を考えています。これをKiss X3に付けて撮影します。おっと、バッテリーは常に満充電にしておかなきゃいけませんね。

上田が浅草になっちゃった?!

上田市は、映画やテレビドラマのロケ誘致に力を入れています。
観光協会の中にフィルムコミッションがあり、様々なシチュエーションのロケ好適地を製作者に案内するわけです。エキストラの登録者も多く、例えば野球場のシーンで必要な観客も数百名ならすぐに集まるのだとか。
 
近く公開予定の、劇団ひとり初監督作品『青天の霹靂』(大泉洋主演)も、先日まで上田ロケが行われていました。そのロケのため、市内本町(ほんちょう)の通称映劇通りが、映画の舞台である浅草に“変身”していると聞き、先日見に行って来ました。
 
いきなり入り口には『花やしき通り』!
イメージ 1
 
左すぐにはストリップ劇場!おっと、上田市にはこのテの劇場はありません。念のため(笑)。
イメージ 2
 
以前は映画館で、今は落語や演劇の場として使われている『上田映劇』は、演芸場『雷門ホール』に変身していました。
イメージ 3
 
扉のガラスはそのまま、たぶんこういった細かな部分はCGでどうにでもなるのでしょうね。
イメージ 4
 
ロケはとうに終わっていますが、オープンセットはそのまま残っています。まあ、映画の話題にもなりますし、観光客には楽しいかも知れませんね。
 
この場所が映画の中ではどう見えるのか?封切られたら見たいと思います。

飲み屋さんでお買い物?

ブログのデザインを変えたのに合わせ、今回から少しだけ文字を大きくしてみました。
 
時々お邪魔する上田市内の『フォーク酒場アルペジオ』さん。
イメージ 1
 
マーチン、ギブソン、ギルドにヤマハ、総額ン百万になろうかと言うアコースティック・ギターが揃い、自由に弾かせてもらえるお店です。12日には同窓会の2次会で、同期生13人で押しかけました。全員で飲めや歌えやの大騒ぎ!52歳のおじさんおばさんたち、元気いっぱいでした。
 
イメージ 2
 
そのアルペジオさんで、19日20日の2日間、新潟県上越市のトラッド・ショップ『ガーベル新潟』さんが出張販売をしました。
 
イメージ 3
 
以前に書きましたが、上田市に昔からあったトラッドのお店『バロン』さんが閉店して以来、市内にはIVYウェアを置くお店が無くなってしまったのです。そんなわけで、IVYオヤジでもあるアルペジオのマスターが以前から懇意にしていたガーベル新潟さんが、年に2回、こうして出張販売をする事になったのだそうです。
 
イメージ 4
 
2回目の今回、私も初めて伺いました。店長のこだわりの商品群は、どれも欲しくなってしまうものばかり。しかし今月は婚礼や法要、同窓会にふだん以上の飲み会で出費がかさみ、すでにゲルピン状態だったため、今回はネクタイを1本買わせて頂くだけにしました。もちろん、右下がりのレジメンタル・タイ(いわゆるサザーランド・ストライプ)です。先ほどメールがあり、本日発送して下さったとの事、明日には届きそうです。来春は絶対にブレザーを作らせてもらいますよ。
 
さて、そろそろ本格的にアイソン彗星迎撃の準備を始めなくてはなりません。次の記事はそんな内容になるのか、はたまた単なる飲み会ネタになるのか・・・。たぶん後者かな?(爆!)
 
追記
今日、頼んであったネクタイが届きました。これがガーベル新潟さんのサザーランド・タイです。
 
イメージ 5
 
Hand Made、Made in Japan、締めやすくて緩まない、これはいい買い物でした!

今期最終

台風27号の影響による前線のため、昨夜は曇天、今日はずっと雨が降り続いています。台風26号は大きな被害を各地にもたらしましたが、27号はさらに大型になる可能性もあるとか。充分ご注意下さい。
 
さて先週14日、ちょいと東京に出掛けて来ました。夕方までに仕事を済ませ、夜は知人と行きつけのお店に出掛けました。
 
およそ2ヶ月ぶりの来店でしたが、料理長が気を遣ってくれて「今シーズン最後ですよ」と用意してくれたのが、松茸と鶏肉の陶板焼きでした。
 
イメージ 1
 
いやー、しばらく前に小さな松茸を3本ほど頂き、松茸ご飯を食べて今シーズン終了!と思っていたのですが、最後にこんな料理を頂けるとは思いませんでした。
 
ふだんはワインがメインの知人ですが、「松茸と来たら、やっぱり熱燗だよね」と言うわけで、熱燗をぐいぐい。海老しんじょのお椀、カツオのたたきも美味かったです。
 
イメージ 2
 
燗酒の美味い季節になりました。ちょっとの刺身と湯豆腐があれば、それはそれは幸せなひと時が味わえます。・・・イヤですねー、酒飲みって(爆!)

落とし穴!

私が惑星撮像に使っているのは、既に製造中止となっているウェブカメラToUcam Pro2改造品です。ケースを換え、31.7ミリスリーブ仕様になっていて、IRカットフィルターは光映舎製をスリーブに取り付けています。
 
このToUcamはウィンドウズXPまでしかサポートされておらず、早晩使えなくなるなと思っていました。次の惑星カメラをどうするか?としばらく前から考えていたのですが、次はやはり最近多くの方が使われているイメージング・ソース社のカメラかな?と決めようとした矢先、ネットで気になるカメラを発見しました。
 
それはZW Opticsというメーカーの、ASI120というカメラです。愛知県にあるエレクトリック・シープという会社が輸入販売しています。ASI120MMというモノクロカメラと、120MCというカラーカメラがラインナップされています。いずれも30,000円ちょっとの価格で、これを使って撮像した惑星像が非常に階調豊富で滑らかだった事から、一気に購入意欲が湧いてしまいました。
 
これが海外の方が撮影したものだったら「買おう」とまではならなかったのですが、日本のユーザーもけっこう多いようで、「他の人が使えているんだから、まあ俺にも使えるだろう」くらいの感覚で買ってしまいました。輸入元のHPで見た中では、特に使用環境の説明もなかったので、さほど難しく考えなかったのです。PCとの接続もUSB2.0でしたし。
 
私の場合、RGB合成なんて高度な作業は出来ません。一発でカラーになるMCを迷わずチョイスして先週半ばに発注、週末には手許に商品が到着しました。
 
イメージ 1
 
ところが・・・
 
なんとこのカメラ、基本は64bitの英語環境での使用が標準、つまりウィンドウズXP日本語では動かないかも?というシロモノでしたorzうわー、そんな大きな落とし穴があったのか!
 
輸入元のユーザーサポートページに、日本語のマニュアルがアップされていて、合わせて実際のユーザーがXP環境で使用できる方法を紹介したブログ記事のリンクが張られていました。えー、そこがユーザーまかせなの?何でも輸入元ではすでに32bitで動くPCが無くて、検証できないからだとか。
 
確かに既にXPは古過ぎますし、近いうちには私もウィンドウズ8機に買い換える予定ではあります。しかし観測所で使うノートPCは、まだしばらくはXPの予定でした。こりゃ困った・・・。
 
とりあえず紹介されている方法でXP上でも動くかどうか試そうと思いますが、ディレクトリの書き換えなどをするという、パソコン音痴の私にはかなりハードルが高そうな作業のようです。
 
やはり新しい物を買う時は、良く検討してからにしなくちゃいけませんね。

日曜日雑感

3連休、いかがお過ごしですか?天気も上々、星見に撮影、遠征に出られている方も多いことでしょうね。
 
私はと言うと、金曜日夜は疲労困憊でさっさと就寝、12日(土)は高校同窓会の会員大会があり、我々の期が幹事と言う事で賑やかしのために出席、夜半過ぎまで大いに飲みました。クラス違いも入り混じり、2次会も非常に盛り上がりました。
 
イメージ 1
 
したたか酔っ払って家に戻り、階段を上がろうとしたら思いっきり右足薬指をぶつけてしまいました。でもまあ麻酔が効いていた事もあり、それほど気にせず眠ってしまいました。日曜日朝、足がジンジン痛んで目が覚めます。ほんの4時間ほど眠っただけでした。こりゃあヤバいかな?とは感じました。しかし夜には会社の後輩の結婚式2次会が設定されていて、まあそれまで家で静かにしていれば大丈夫だろうなんて思ったのですが、靴を履こうと思ったら飛び上がるくらい痛いし、歩いても痛い!二日酔いも手伝って、2次会ではノンアルコールで過ごし、帰りに近くの総合病院の夜間外来に寄って来ました。
 
レントゲンの結果は、骨には異常なし。まずは良かったです。中指を添え木代わりにして、シップをしながら固定、ようやく痛みが薄らぎました。痛み止めの錠剤とシップを出してもらって帰宅。今晩は酔っていませんが、どうやら眠れそうです。
 
イメージ 2
 
そんなわけで、すっかり遠征する気力も失せてしまいました。明日は東京へ出掛ける予定があり、どのみち早く寝なくてはなりませんでしたが・・・。
 
今朝、ジンジン痛む足で起こされた時、ふとこの曲が頭の中でリフレインされました。
 
 
ビリー・ヴォーン・オーケストラのヒット曲『峠の幌馬車』ですが、実はこの曲、私の実家付近では幼い頃から毎週日曜日の早朝(たぶん朝6時だったかと)に、どこかの公民館から流れる曲だったのです。これを聞くと「あ、今日は日曜日だ。遊びに行けてうれしいな」となるわけです。あれ?上手くリンクが張れないな?
 
今でもこの曲を聴くと、あの頃の日曜日の朝を思い出します。休みの日、両親はゆっくりしたいのに、私は学校に行くときよりも早く起きてしまったものでした。どこかに買い物や食事に連れて行ってもらうのが本当に楽しみでした。デパートのゲームコーナーなんかが最高でしたね。
 
さて、明日はこの痛む足を引きずってちょっと遠方まで出掛けます。大丈夫かな??
ギャラリー
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 補正レンズをテストする
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ