Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2013年07月

いよいよ今週末!

今週末、8月2日(金)夕方から4日(日)朝にかけて、今年も『サマーホリデーin原村星まつり』が、諏訪郡原村の八ヶ岳自然文化園で開催されます。
 
イメージ 1
 
今年でなんと20回!ずいぶん長く続きましたねー・・・。私は第1回に普通に参加したあと、2回目以降はスタッフとして参加させてもらっています。多くのメンバーは1回目からの知り合いですから、つまりはまあ平均年齢も20歳上がったって事ですか・・・(苦笑)。
 
さて、今年のイベントスケジュールです。
 
イメージ 2
 
私は金曜日夕方のオープニングに間に合うように現地入りし、夜は観望会とイベント進行のお手伝いをさせていただく予定です。3日(土)は、長野市内で仕事が出来てしまい、朝出掛けて夜戻ります。日中の楽しいイベントや、掘り出し物の買い物が出来ないのが残念です。
 
ブログでお世話になっている皆さん、何人かの方が参加されると伺っています。会場でお会いするのを楽しみにしています!ガンガン飲みましょう!(そっちか?!)
 
私の場合、例年飲みすぎて夜半前には寝てしまいますので(爆!)、早めにお声掛け下さいね( ゚∀゚)ノ

富士見町でランチ

7月から所属部署が変わり、外に出る機会が増えました。
 
先週は2回、諏訪郡富士見町に行く仕事がありました。久しぶりに行く場所でしたから、ランチをどこで食べようかと考えていました(仕事そっちのけで・・・)。最初に思いついたのは、富士見町乙事にある手打ちそばの『おっこと亭』でした。以前に記事に書いた事がありますが、宮崎駿監督が良く訪れるというお店で、『もののけ姫』に出てくる『おっこと主』は、乙事の地名から付いたのだそうです。で、その『おっこと亭』に行ったところ、なんと団体予約で激混み状態でした。諦めて別の店を考えたのですが、役場前のラーメン屋さんか富士見駅裏の『山甚そば』か?くらいしか思い浮かびません。
 
蕎麦モードに入っていたので『山甚そば』に行こうと思ったのですが、うっかり入り口を間違えて通り過ぎてしまいました。これはたぶん、今日は蕎麦を食べるなという事だな、なんて気がして、別メニューを考えました。そうこうしているうちに国道20号線に出てしまい、こうなれば国道沿いのあの店だ!と狙い定めて向かいました。
 
向かったお店は、国道20号を東京方面から富士見パノラマスキー場入り口を越えて、しばらく茅野市方面に行った右にある洋食レストラン『かぶと』さんです。
 
ハンバーグやステーキ、それにイベリコ豚を使ったメニューが評判のお店で、なんとなく昭和の香りがする洋食屋さんです。しばらく休業されていた時期もあったようですが、再開してからは以前と同じようにランチタイムが賑わっています。
 
今回注文したのはこちら。
 
イメージ 1
鉄板焼きナポリタン(明太子入り、ウインナー付き、生ヤサイ付き)1,280円
 
いやぁ、懐かしい味ですね!玉子を敷いた鉄板焼きは、どこか名古屋風でもあります。
 
天体写真撮影で富士見・原村方面に来られる皆さん、ぜひ一度立ち寄ってみて下さい。
 
 
かぶと
諏訪郡富士見町富士見神戸1892
電話0266-62-5073
定休日:木曜日+不定休

片付かないorz

しばらく前まで松本で単身赴任していた時は、自宅に実家、松本のアパートと、3か所で望遠鏡やパーツなどを分散保管(笑)していまして、どこに何のパーツが置いてあるのかわからなくなる事も度々でした。
 
松本のアパートを引き払う際、その殆どを実家に持ち込みました。なぜなら自宅に収納する場所がないからです。小物関係は2か所に集約されたわけですが、いまだにちょっとした部品が別の場所にあるために観測不能、なんてことが起きます。先日はTリングがニコン用しか実家に置いてなかったため、EOSボディを使用しての太陽撮影を断念する事になりました。
 
基本的にはふだん使わない筒を実家に、それ以外を自宅にと考えていますが、そうなると実家でちょいと星を見ようとするとパーツ類を自宅から持参して行かなくてはなりません。『観望用』『直焦点用』『月・惑星撮影用』というように、目的別にパーツをボックス分けしようかとも思っているのですが、結局全部持ち歩く事になるなあと思い、その日に使いそうなものをコンテナにまとめて車に積み込んでいます。
 
皆さんはどのようにパーツ類の管理をされているのでしょうか?
 
さて、今日は実家に置いてある主な筒をまとめて撮影しました(本当はこの他にも、まだ4本ほどあるのですけどね・・・)。
 
イメージ 1
 
まず手前、TS式65ミリ屈折(D65ミリF900ミリアクロマート)、これは手動の赤道儀架台まで一式揃えて置いてあります。架台は物置の中に組み立てた状態で保管しています。
 
次は筒のみ、ケンコーNew KDS63-800アクロマート。手前2本はほぼ同じスペックですが、40年の時代差があります。TS式もシャープですが、KDSの方が色収差は目立ちません。中国製レンズですが、なかなか良く見えます。ポルタ経緯台との相性が良いです。
 
真ん中がビクセンED80S(D80ミリF720ミリアポクロマート)。これは実に良く見える筒です。火星大接近の際は、並んでいた20センチシュミカセよりも良く表面の模様が見えました。この筒用の架台としてはGP赤道儀があるのですが、三脚も含めてなぜか自宅に置いてあります。実家でこれを使用する時は、SP-DX赤道儀を使います。
 
その奥、TS式80ミリ屈折(D80ミリF1,200ミリセミ・アポクロマート)。1977年に購入、36年来の相棒です。月・惑星の拡大撮影から星野写真のガイド撮影まで、長く活躍してくれています。架台はシステム改造をしていないオリジナルのままです。ピラー脚仕様ですが、このピラーが曲者で、軽合金製で震動が収まりにくく、木製の直脚の出物があれば入手したいと常々思っています。
 
いちばん奥が、コスモス製150ミリニュートン式反射(D150ミリF1,200ミリ)。トップリングとセルはビクセン、斜鏡支持具はアストロ光学、そして接眼部はタカハシMT130用と、各社のパーツを集めて製作されたもの。超高精度ジンデン鏡を使用した15Mと、NTKパラボラミラーを使用した15Aの2種類が販売されていました。これはNTK製ミラーの普及品15Aの方です。中央遮蔽の小ささ、F8の長焦点と、調整さえすれば主砲のMT160よりも確実に良く見えるはずなのですが、焦点内外像が非対称で、ずいぶん苦労させられた筒です。セルをいじったり斜鏡押さえを緩めたりした結果、ずいぶん良像になりました。架台はSP-DXがベストマッチです。
 
筒にはけっこうホコリがたまっています。化学ぞうきんで拭きあげ、風を通してまた片付け・・・なのですが、実は殆どは座敷の床の間に転がしてあるだけでして(笑)。しかもその前にはパーツやバッテリーの入ったコンテナが積みあがっていて「ここは客間?」という状況です。まあ、お客さんも来る事がないのでいいんですが、それにしてももう少し何とかしなくてはいけませんねえ・・・。

薄雲越しの月齢12.1

相変わらず不安定な天気が続いています。スッキリと晴れてくれませんね・・・。
 
今日は14時過ぎまで仕事に出掛けていました。時々空の様子が気になりましたが、雲量は減らず、太陽も出たり隠れたりの繰り返しでした。
 
夕方になると、雲は薄くなったものの、高層雲が広がって来ました。南東の空に見える月も朧な状態です。しかし今夜を逃すと、またしばらく月の撮影も出来そうにありません。曇ってしまうかも知れないな、とは思いましたが夕食前にとりあえず写真撮影の準備を済ませました。
 
19:30頃外に出ると、やはり月は薄い高層雲越しに見えています。まあ仕方ない、この状況で撮影開始です。
 
イメージ 1
2013年7月20日19:40 タカハシMT-160+コレクター(FL1,330ミリ)CANON EOS Kiss X3
ISO400 Tv1/400
 
20カットほど撮影していると、どんどん雲が厚くなり、結局20:00前には月はすっかり雲の中、早々に撤収となりました。
 
ちょっと処理をしてみましたが、やはり薄雲越しではシャープになりませんね・・・。コントラストもつかず、かなり残念な仕上がりになってしまいました。

ビッグニュース!

今日の夕ニュースで報道されましたが、なんと!
ポール・マッカートニーが11年ぶりの来日決定です!
 
実は数週間前に、大学時代の後輩からの情報で、どうやらポールが来日するらしいと聞いていました。つい数日前にはチケットも入手可能と聞き、予定も何も考えずに「よろしく頼む!」と連絡したところでした。
 
東京ドーム11/21(木)の公演、S席確保です!バンザーイ!!
 
思い返せば11年前、当時東京支社に勤務していた私は、当時の上司を誘い東京ドームに行きました。ライブの1曲目、All My Lovingで涙が溢れ出し、震えが止まりませんでした。
 
ポールも71歳、今回がラスト・チャンスになるのかも知れません。全力で楽しんで来ようと思います。

ヤケのやんぱちヽ(`Д´)ノ

全く晴れません!!
 
どうなってるんですかね?3連休完全にOUT!でした。
ヤケのやんぱち、石投げた~ってわけにもいきませんが、いい加減ストレスが溜まりますね。
 
ネタもなく、話題もない・・・。そんなわけでiPhoneの保存画像を引っ張り出し、最近の昼食メニューを一挙公開です!(意味不明・・・)
 
まずは東京出張の際、六本木ヒルズにある『梅蘭』で頂いた、海鮮やきそばから。
 
イメージ 1
 
このかた焼きの中華麺の下に、エビやイカ、野菜が隠れているわけです。横浜中華街の本店も人気が高いですよね。
 
続いて久しぶりに食べた『リンガーハット』の長崎皿うどん(笑)。最近は枝豆が載ってます。
 
イメージ 2
 
私はソースをかけるより、カラシと酢で頂くのが好みです(邪道ですが)。
 
長野市『ごくろう三』の唐揚げ定食。あまりの量の多さに、最後の1個は後輩にあげました。私が食べきれないというのは、そうあることではありません。
 
イメージ 9
 
次に伺った際は、唐揚げをやめてしょうが焼き定食。
 
イメージ 10
 
確かに生姜の香りはするけれど、殆ど黒胡椒で味付けされていました。まあそれはそれで美味しかったのでOKですが。
 
長野市手打ちうどん『山崎屋』でざるうどん。ざるだけは麺の量が1.5人前あります。これにちくわ天を付ければかなり満足、でした。
 
イメージ 11
 
松本零士ファンならこれ。『富くどり食堂』のラーメンライス(笑)。シンプル・イズ・ベスト!
 
イメージ 12
 
最近お気に入り、長野市南石堂の『中華そば鍾馗』。一時提供がストップしていた煮干しそばが再び登場!つい先日しばらく休業が続き、また心配していたのですが、ご主人が過労で入院していたのだそうです。身体に気をつけて、これからも美味しいラーメンを食べさせて下さいね。
 
イメージ 13
 
セットもの2連発!まずは長野駅近くの『中華屋正華』の日替わり半ラーメンセット。麻婆豆腐が辛すぎず美味いです。
 
イメージ 14
 
南長池『横浜亭』はあんかけチャーハン&冷たいラーメンのセット。
 
イメージ 3
 
冷たいつながりで、『金龍飯店長野第一ホテル店』の冷しラーメン。ホウレン草が涼しげです。
 
イメージ 4
 
これからの時期、冷し中華は外せませんね。長野駅東口『気むずかし家』で。
 
イメージ 5
 
地元上田でのランチ2題。まずは『刀屋』のもりそば(普通盛)。一般の蕎麦屋さんの大盛以上に量があります。大盛は常連以外食べさせてもらえません。
 
イメージ 6
 
ここでしか食べられないのが『日昌亭支店』の焼きそば(大盛)。海鮮が入っていない、野菜のみのあんに、チャーシューと錦糸玉子。タップリの酢辛子をかけて食べるのが最高です!
 
イメージ 7
 
こんな記事、最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 
では最後に、本日夕刻、雲間から顔を出した朧月の写真を・・・。このあとすぐ、雲の中に隠れてしまいました。
 
イメージ 8
2013年7月15日19:20 CANON EF70-200ミリF4+ケンコー2×テレプラス(400ミリF8)
CANON EOS Kiss X3 ISO400 TV1/50
 
やはりテレコンをかますと、色収差が出る上に像の悪化が目立ちますね。それにしてもこの3連休、結局星を見ることは出来ませんでした。非常に残念でした。
 
※1本の記事に写真14枚、自己新記録です(爆!)。

晴れませんなあ・・・しかし

この3連休、久々に完全オフ!遠征のスタンバイもしていたのですが・・・。
 
全く晴れませんね(´ω`)
 
今夜もほぼ晴れる見込みなし、写真は自宅から見た18:00頃の西空です。雲が幾重にも重なっていて、短時間に回復する様子はありません。
 
イメージ 1
 
梅雨明けとは言われるものの、やはり時期が来なければスカッと夏空というわけにはいかないんでしょうかね?気温だけは真夏並みなのに・・・。
 
連日の猛暑で熱中症に注意が必要ですね。昨日、夕方の気温がそれほど上がっていなかったので、伸び放題だった庭の芝刈り(正確には、半分以上雑草刈りですが)をやりました。40分ほどでしたが、大汗をかいてクタクタになりました。いくら気温が高くなくても、湿度がある屋外での活動は注意が必要です。皆さん、水分と塩分を適度に摂って、体調管理に気をつけましょう。
 
イメージ 2
 
明日の夜はどうでしょう?もう月がだいぶ大きくなるので、撮影対象は月と土星くらいになりますが、ちょっとくらいは晴れて欲しいものですね。

7月度ワイン会 その2

今回はいつも参加してくれるS社のA氏が仕事の都合で欠席、諏訪から馳せ参じてくれるS氏も都合が付かずというわけで、計8名での開催となりました。スタートして7年、ソムリエY氏のほか皆勤賞はU女史とM氏くらいかな?しかしほぼメンバー固定で良く続いていますね。毎回テーマを決めてワインリストを作成してくれるYさん、お疲れさまです!
 
さて、会も後半、いよいよ赤ワインです。
 
イメージ 1
 
前列左から2本目『モレ・サン・ドニ2008』。ピノ・ノワール100%のブルゴーニュ・ワイン、この会の仕掛け人のひとりM氏がブルゴーニュ・ワイン好きという事でY氏が用意したもの。ブドウ産地の村の名を冠したワインで、調べて見るとかなりの高級品もありますね。この村のピノ・ノワールには梅やサクランボのような、ちょっと酸味の強い香りがあるのだそうです。確かに重味よりも果実味が勝る、飲みやすい味でしたね。
 
ここでエキストラ、写真いちばん左の『ヴァドッシ・キャンティ・リゼルヴァ2007』が登場。イタリア・トスカーナ産の、ハウスワインにピッタリのお手ごろ価格だそうですが、これが案外イケました。お店でワインをオーダーする際、キャンティがあれば価格相応でハズレなしだと、最近私は思っています。たいていボトル1本3,000円以内だと、このあたりやチリワインが置いてありますが、私なら迷わずキャンティにいきます。
 
右から2本目、『バローロ・リゼルヴァ・アウダチェ2006』。バローロは2度目の登場でしたか?イタリアはピエモンテ産のワイン。ネッビオーロ品種100%、渋味も程よく、飲みやすかったです。
 
さて、最後に登場したのが写真いちばん右『ミトロ・GAM・シラーズ2010』!ネックに貼られたシールに見覚えあり!これはあのオーストラリアはグレッツァー醸造所のワインでは?!
 
そう、Y氏が私の好みに合わせて用意してくれたのが、このシラーズ100%の濃厚な赤ワインでした。以前に、同じグレッツァーの『アモン・ラ』を飲んだとき、思わず私が「これは美味い!」と感動した事を覚えてくれていたのです。『ミトロ』は『アモン・ラ』に比べると格安ですが、コストパフォーマンスは高いですね。私はこういう重口なワインが好きです。
 
今回は3,000円~5,000円という価格帯のワイン中心で飲みましたが、いずれも美味しく飲めました。しかし、8人で9本!相変わらず皆さん良く飲みますね。
 
イメージ 2
 
会も終盤、飲んだワインの話をしながら、デザートとして頂いたのが『大信州 梅酒』。これは純米吟醸の日本酒に梅を漬け込んだお酒で、まろやかで実に美味しかったです。しかもかなり酔いました(笑)。
 
イメージ 3
 
今回も実に充実したセレクション、美味しいワインを準備してくれたYさん、ありがとうございました。
ギャラリー
  • やはり流星写真は難しい…
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ