Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2013年03月

その後の聯合艦隊

イーグルモスの『世界の軍艦コレクション』、その後の状況です。
 
まず『赤城』。昭和16年、真珠湾攻撃時を再現したものです。帰到した飛行機から母艦がわかるように、後部甲板左に赤城の『ア』が書かれています。現在のようにレーダーもコンピュータもない時代、飛行兵は計算尺と海図のみで飛び立った位置とは違う場所に移動している母艦に辿り着かなくてはなりません。空から見た航空母艦は、海に浮くマッチ棒のようなもの。猛訓練の成果なのでしょうが、よくまあ70年以上も昔に凄いことをしたものです。
 
イメージ 1
 
第二次世界大戦当時、航空母艦を実戦で運用できた国は、アジアではもちろん日本だけ。世界中でもアメリカ、イギリスなど、ほんの数カ国しかありませんでした。
 
ところでこの『赤城』、実は買ったわけではありません。不思議な縁で私の手許にやって来ました。理由はちょっと書けませんが・・・。
 
続いて戦艦『長門』。戦時中、大和・武蔵を建造していた事は国民に秘匿されていましたから、多くの国民は『長門』と『陸奥』が聯合艦隊最大の戦艦だと思っていました。1920年(大正9年)竣工、41サンチ砲を8門搭載した、当時世界一の大戦艦でした。改装を重ね、威風堂々たる姿は太平洋戦争開戦の昭和16年当時でも古さは感じさせなかった事でしょう。1942年(昭和17年)、その役を『大和』に譲るまでは、聯合艦隊旗艦として司令長官山本五十六の乗艦でもありました。
 
イメージ 2
 
モデルは1944年(昭和19年)、捷一号作戦(フィリピンレイテ島攻略を目的とした陸海軍合同作戦)でブルネイ湾から出撃した際の姿を再現しています。
 
終戦時、長門は唯一残った日本海軍の戦艦でしたが、その後アメリカ軍によるビキニ環礁での核実験において標的艦とされ1946年(昭和21年)7月に沈没しました。
 
戦艦大和には近代的な機能美を感じますが、長門のフォルムには、どこか日本的な美しさを感じる気がします。

ようやく・・・

諸事情により、前回アップした記事を削除しました。コメントを頂いた方には失礼致しました。Mさん、申し訳ありません。
 
さて、各地から桜の便りが届いていますね。長野県内でも咲き始めたようですが、ここ上田市ではようやく梅の花が咲いたところです。
 
家の近所を散歩しながら、満開の白梅を見てきました。
 
イメージ 1
 
桜の花に比べるとやはり地味な感じですが、香りは梅の花の方が数段いいですね。
 
イメージ 2
 
さて、桜が咲くと花回廊になる常田池の土手ですが、今はまだこの状況です。
 
イメージ 3
 
あと10日くらい待たなければ開花しないかも知れませんね・・・。皆さんの地方はいかがでしょうか?

反省は・・・してないな(´・ω・`)

23日(土)~24日(日)、仕事で諏訪から伊那方面に出掛けていました。
 
月齢も撮影に向いた時期だし、木星も最後のチャンスだし・・・と、かなり後ろ髪を引かれる思いではあったのですが、仕事をサボるわけにもいきません。
 
23日(土)昼頃、昼食を食べずに同僚と2人で車に乗って長野を出たのですが、少し遅くはなるけれど、どうせ諏訪方面に行くならハルピンラーメンを食べようという事になりました。
 
諏訪インターそばのハルピンラーメン本店に到着したのが午後2時近く、久しぶりの訪問だった事もあり、ちょっとぜいたく(笑)をしてハルピンスペシャル(チャーシュー2枚、モヤシ2倍、海苔5枚、寝かせニンニク玉子入り)を大盛でオーダー。
 
イメージ 1
哈爾濱(ハルピン) ハルピンスペシャル大盛 1,100円
 
2人ともスープまで残さず完食、いや美味かったです。やはりこちらのラーメン、他には無い味なんですよねえ。車に乗り込んだ後、同僚と「なぜスープまで飲みきれるのだろうか?」と話をしたのですが、たぶん辛さはあっても塩分が少ない事、スープに油が殆ど無い事が理由ではなかろうか?という結論に達しました。
 
伊那での仕事も無事終わり、ちょい早めの時刻から専務と2人で伊那北駅そばにある人気の居酒屋『あぶらや』さんへ。美味い肴が揃うと評判のお店です。早速、地酒『黒松仙醸』をぬる燗で頂きます。軽く一杯のつもりが、二合徳利の本数がどんどん増えます。ツマミに頼んだネギマの鶏肉があまりに巨大でビックリ!
 
イメージ 2
 
かなり酔ったところで同僚3名が合流、食事が出来ていなかったT女史だけ寿司を食べ、ほかの連中はさらに日本酒を飲み続けます。
 
イメージ 3
 
食事を済ませたT女史がひと足速く宿に戻り、さらにペースが加速。そして全員が斜めになった頃、最若手のH君が「ラーメン食べて帰りましょうか!」という禁断の発言。「おー、いいねー。行こう行こう!」既に判断力がなくなった4人で、近くの『ラーメン縁』さんへ。
 
イメージ 4
ラーメン縁 とんこつ細麺 700円
 
もう何が何だかわからない状況でラーメンを食べ、ホテルに戻ったのは深夜0時でした。実に、飲み始めてから6時間以上が経過!(爆)
 
翌朝目が覚めると、なんだか胃の中に鉛が入っているような感覚。そりゃそうですよね、あの時間にとんこつラーメンを食べてしまったんですから(苦笑)。
 
ホテルの朝食はほんの軽めにして、胃をさすりながら午前の仕事へ。
 
午前中の仕事が終わったのが12:30過ぎ、ほとんど腹は減っていない状態でしたが、メンバーから「せっかく伊那に来たのだから、やはり名物『青い塔』のソースかつ丼を食べよう」とのリクエスト。うわー、この期に及んでかつ丼か!と思いながら『青い塔』さんへ。
 
イメージ 5
青い塔 ロースかつ丼 980円
 
さすがに食べきれないかな?と思ったのですが、案外イケてしまいました(苦笑)。
 
いや、それにしてもハイカロリーな食事続きの2日間でした。50過ぎてこんな食生活ではいけませんね・・・。
 
と反省していたつもりが、今日の昼食にメンチカツ定食を食べてしまったという、懲りない私でしたorz
 
イメージ 6
乙妻(長野市)メンチカツ定食750円 

やはり検出は出来ず・・・

画像転送ソフト(EOSユーティリティー)の不調で、撮影当日見る事が出来なかった17日夕刻の西空ですが、先ほどカードリーダーを使って転送し終えました。
 
撮影した33カットをつぶさに見ましたが、結果は予想通り、パンスターズ彗星は全く写っていませんでした。まあ、写した方角に雲があるんですから当たり前なんですけど・・・。万が一、という事も無いとは限らないとも思ったもので。
 
さて、当夜はEOS7Dに70-200ズームを付け、標準ズームなどを自宅に置いて、極力身軽にして出掛けました。普段ならカメラバッグに一式を詰め込んだ状態で行くのですが・・・。結局パンスターズを確認できないで終了し、ふと天頂付近を見上げると、月と木星、アルデバランが良い感じに木立から顔を覗かせています。・・・しまった!標準ズームを持って来れば、木立と3天体を一緒に納める事が出来たのに・・・。しかしこれは後の祭り。手持ちのレンズ70ミリでとりあえず撮影、若干レンズが曇ってしまい、月の周りにフレアが出てしまいました。対角にはうっすらとゴーストも認められます。
 
イメージ 1
月・木星とヒヤデス星団 2013年18:59 EF70-200mm(70mm)F4 5秒露出 ISO400 EOS7D
 
オリジナルサイズで見ると、木星の周りにガリレオ衛星が2つ確認できます。
 
しかし目的が決まっていても、やはり撮影する時は使わないと思うものでもひと通り持参するべきですね。次回から気をつけましょう。

パンスターズは撃沈!

昨日は穏やかで暖かい一日でした。

16日にパンスターズ彗星を撮影された方も多く、晴れていたら私も今日こそは!と考えていました。しかしあまり遠出をするわけにもいかず、自宅周辺に適当な観測場所はないものかと、ひとり思い巡らしていたのです。我が家は千曲川河岸段丘の東側2段目にあり、もう1段上に行けば、そこそこ西側の見晴らしが良くなります。3段目の縁で、木や建物に邪魔されない場所は…と家のベランダから眺めていると、ありました!家から直線距離でわずか100メートルほど、上田第一中学校横の公園です。北側にはユニクロ、東側にはケーズデンキが接していて、かつ上田市中心部が西に広がるかなり明るい場所なのですが、まあ薄明時に撮影なので光害もさほど気になるまいと考え、夕食を済ませて出掛けました。

車ではぐるっと回って行かねばならず、それでも5分ほどで現地に到着。ひと回り歩いて撮影場所を探します。ちょうど木がない場所を見つけ、早速コンパスで方角を確認すると、南西から北西まではほぼ障害物がなく、高度も5度くらいまでは見えそうです。なんだ、近くにこんないい場所があったじゃないか、なんて思いながらカメラを準備します。EOS 7Dに70-200mm F4をセットして準備完了したのが18:10頃でした。

イメージ 1


空は殆ど快晴、中天には月齢5の月が輝き出しています。しかし西の低空には黒い雲がかかっていて、だんだん北アルプスの山並みがボヤけてきてしまいました。18:20、双眼鏡で探しますが、西空の雲はだんだん広がってきています。時間はどんどん過ぎていきますが、肝心な場所だけ全く晴れません。

結局19:00を過ぎ、パンスターズ彗星が地平線より下がったと思われる頃まで、対象を確認出来ないまま30カットほど撮影をしました。

家に戻り、EOSユーティリティで画像をPCに転送しようとしたら、なぜか出来ません。ノートPCでも同じ状況で、結局画像転送が出来ませんでした。まあ写っているわけないのでいいのですが、なぜでしょう?

これから月が大きくなりますが、チャンスがあれば、またこの場所から狙ってみようと思います。

3月16日の木星orz

世の中、パンスターズ彗星で盛り上がっているにもかかわらず、なぜかシーズン終わりの木星を撮っている私です(笑)。
 
昨日は日中気温も上がり、ずいぶん過ごし易い一日でした。しかし風が強く、時折うなりを上げて突風が吹いたりしていました。夕方になっても風が収まらず、西からやって来るちぎれ雲の動きも速くて、上空の気流の悪さを感じさせました。
 
夕空に浮かぶ月を望遠鏡で眺めると、ユラユラと川の中にある石を見るようなイメージです。先週土曜日よりはシンチレーションが小さい感じですが、全く安定する時がありません。しかしまあ、とりあえず撮影の準備も済ませてしまった事もあり、写りに期待は出来ないとは思いながらも撮影を行いました。
 
イメージ 1
2013年3月16日19:25 MT-160+GSO3×EDバロー ToUcam Pro2 658フレームスタック
 
うーん、やはりロクな画像を得る事が出来ませんでした。本体左上にある衛星がボケボケになっていますが、まさにこんなシーイングだったのです。
 
さて、今日も今のところいい天気です。今晩はとりあえず近所の公園まで、パンスターズを見に出掛けてみようかと思っています。

今週の麺

もともと食事における麺比率が高い私ですが、思い返せば今週もけっこう麺を食べました。
 
11日、上田勤務時代の知人が会社に寄ってくれたので、一緒に昼食を食べに近所の『麺道 麒麟児』さんへ。普段なら確実に並ばなくてはならないお店ですが、どういうタイミングか待ちなしで入れました。
 
オーダーしたのは、中華そば餃子セット。昼から餃子?いや、大丈夫。こちらのお店の餃子、ニンニク臭が殆ど無いのです。最近は前にも増して混んでいて、お店の前まで行って何度か断念していた事もあって、久々の味、大満足でした。
 
イメージ 1
 
12日、松本市で会議。午後イチからという事で、早めの昼食を食べてから行こうという話になりました。会議の場所が松本城周辺だったという事もあり、お城近くの『ハルピン食堂』さんに立ち寄りました。松本勤務時代は、時々昼食を食べに寄ったお店です。日替わり定食550円、小鉢2つが付くラーメン定食650円。このラーメンが、昔懐かしい中華そばで美味いのです。
 
イメージ 2
ラーメン定食(小鉢はひじきとマカロニサラダ)
 
13日、午後から東京へ出張。有楽町の国際フォーラムでのセミナーに参加しました。終了後、八重洲地下街で買い物をして、ついでに軽く一杯やって帰る事にしました。立ち寄ったお店は沖縄料理の『海人酒房(うみんちゅしゅぼう)』さん。オリオンビールと島豆腐、仕上は当然沖縄そばでした。
 
イメージ 3
 
14日、部のメンバー3人と一緒に昼食に出掛ける事にしました。私が「何食べる?」と聞くと、1人がすかさず「坦々麺がいいなあ」。他に意見がなかったので、そのまま中華食堂『鈴鈴(りんりん)』さんへ。定番メニューの坦々麺半チャーハンセットを頂きました。シャキシャキのレタスが入ったチャーハン、美味かったですよ。
 
イメージ 4
 
15日、朝から松本へ。昼前に松本の支社に顔を出すと、「一緒に昼飯食べに行こう」と誘われました。向かった店は、本町の『四川乃華 嵐(らん)本町店』さん。こちらに伺ったら、やはり酸辣湯麺を頂かなくてはなりません。
 
イメージ 5
 
程よい酸味と辛味、頭のてっぺんから汗が吹き出る感じで、新陳代謝が促進された感じです。
 
改めて1週間を振り返ってみたら、なんと毎日麺を食べていました(笑)。今日の昼は日清の焼きチキンをさくっと食べたので、連続記録更新中です。今週がちょっと珍しいのは、蕎麦とうどんを食べていない事でしょうか。明日の昼は蕎麦にするかな?(爆!)

3・11に・・・

今日はテレビ各社とも、午後の時間帯に東日本大震災特集を放送していました(テレビ東京は洋画をやってましたが・・・)。あの日からちょうど2年、もう2年?いや、まだ2年、両方ですね。
 
あの日私は、会社の将来に影響するかも知れない大トラブルに見舞われ、それを気にしつつ当時の勤務地の松本から佐久に出掛けていました。それとは全く関係ない打ち合わせを済ませ、佐久市臼田からJR佐久平駅に向かう途中で震度5の揺れに遭遇しました。道路が波打つように揺れ、真っ直ぐに車を走らせる事が出来ないほどでした。
 
その半月ほど前、ニュージーランドで起こった地震について記事を書いていました。糸魚川静岡中央構造線と東海・東南海・南海地震について、近いうちに起こるかも知れない事に注意が必要だと。よもやその前に三陸沖で巨大地震が発生するなどとは、その時全く思いもしませんでした。
 
3月12日未明、長野県北部の栄村でも震度6強の地震が発生、当初は東日本とは関連なしとの発表でしたが、現在はひずみ解消の作用による地震だったと言われています。
 
その3か月後、6月30日に、今度は松本で震度5強の地震が発生します。翌日から長野に転勤が決まっていた私は、松本勤務最終日の朝、この地震に自宅アパートで遭遇しました。会社の事務所はめちゃくちゃになり、取引先への離任挨拶回りも出来ず、終日片付けに追われてしまう事になります。この地震もやはり、プレート間のひずみにアンバランスが起きている事が原因なのだろうと推測されるものです。
 
これが終わりではありません。必ず次がやってきます。
 
2011年3月11日の地震は、揺れによる直接被害よりも、地震によって発生した大津波による被害の大きさ、恐ろしさを痛感させました。プレート境界型の大地震には、その後に津波が必ずやって来るのです。直下型の大地震の場合は、人口密集地であれば火災の発生が被害を拡大します。いずれも揺れへの対処だけでは不十分なのです。二次災害を防ぐ事も大切ですが、まずは身を守る事、命を守る事が最優先だと思います。
 
東海地震の想定では、上田地方も震度7に近い揺れがあるとの事。糸静線牛伏寺断層が動くと、これもまた震度6強の揺れに見舞われる予測がされています。今、我が家を見渡してみると、家具の固定などまだまだ出来ていません。早急に対応しなくては、と思っています。
ギャラリー
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ