Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2013年02月

これも上田名物!肉うどん

先日、私用で午前中休みを取り、午後から出社しようとした日の事です。新幹線の乗車時間まで30分ほどあり、上田駅前でさっと昼食を済ませようと考え、久しぶりに天神通りの『中村屋』さんに伺いました。
 
こちらのお店は肉うどんが名物の、上田市民には古くからお馴染みの店です。ちょっと珍しいのは、肉うどんの『肉』が豚肉でも牛肉でもなく、馬肉を使っている事。なぜ馬肉なのか?もともと信州では馬を食べる習慣があります。馬刺しはもちろんですが、煮込んだ馬肉も食べます。特に県南部では馬モツ煮込みを『おたぐり』といい、けっこうポピュラーな料理です。酒の肴には最高ですよ。競馬をやる方、申し訳ありません。
 
イメージ 1
肉うどん(大盛)650円 並は570円です。
 
甘辛く煮込んだ馬肉は独特の臭みが少しあり、好き嫌いがはっきり出るかも知れません。しかし噛めば噛むほど味がでて、クセになる美味しさがあるのです。トッピングは馬肉煮とネギのみ、シンプル・イズ・ベストですね。
 
こちらのお店で不思議なのは、肉うどんよりも月見うどんの方が高い事(笑)。私は肉うどん以外頼んだ事がないので判らないのですが、ひょっとすると“肉うどん+玉子”って事なのかな?今度伺った時に、お店の方に聞いてみようと思います。
 
久しぶりの肉うどん、お店は新しくなりましたが、子供の頃に食べた記憶と全く変わらない味、食べるとほっとする味でした。
 
イメージ 2
 
肉うどん中村屋
上田市天神1-6-6
電話0268-22-2014

本日の太陽(ピンボケ~orz)

昨夜は天気が下り坂・・・と見込んで、早々に寝てしまいました。しかし朝起きたら快晴、「えーっ!予報ハズレかよ!」と思ってみてもあとの祭りです。せっかくの新月期、またしても外したかと、朝からけっこうブルーな気分になってしまいました。
 
せっかくの晴天、とりあえず太陽さんを撮影しようかと思い立ち、ふと気づいたのはED-80Sを実家に置いたままだった事です。しまった、昨日持ち帰ってくれば良かったなあと、さらに落ち込み(笑)、まあ仕方ない、MT-160に同架してある65P鏡筒で撮影する事にしました。
 
カメラをセットして、ライブビューでピントを合わせようとしますが、黒点がさっぱり明瞭になりません。確かに対物レンズは少しクモっているのですが、それにしても見えない。シーイングは良くないことはもちろんですが、使ったアイピース(LV25ミリ)が原因か?とも思います。というのは、先日、アイピースを入れたケースを持ち運ぼうとした時、蓋が外れて落としてしまったのです。レンズ系のどこかがズレてしまった可能性も否定できません。
 
仕方なく「まあこの辺で」と合わせたピント位置にて撮影開始。
 
イメージ 1
2013年2月10日11:36 TS65P(D65ミリFL500ミリ)+LV25引伸法 キヤノンEOS Kiss X3
ISO100 1/160秒 EM-200Temma2Jr自動追尾 レベル・コントラスト調整(写真上が南)
 
天文ネタ切れにつき、不出来な写真ですがアップします。今夜も晴れていますが、これから予定があり、遠征も自宅での観測もNG。まあ仕方ないですが・・・。

人間ドックに行って来ました

昨日から1泊2日の人間ドックに入ってきました。
 
私の勤務先は、50歳を過ぎると毎年ドックに入る事が出来、補助が会社と健保組合から出ます。オプションを付けなければ個人負担は1万円ちょっと、これを使わない手は無いわけで、今回もわざわざ松本市の丸の内病院まで出掛けました。
 
イメージ 1
 
丸の内病院というのは、元々松本城のすぐそばにあったのですが、設備を一新して郊外に移っています。
 
なぜわざわざ松本まで?と思われるのでしょうが、実は上田市には良い病院が少ない(いや、正直言って無い)のです。それに松本勤務時代にドックで通っていた事もあり、前のデータが残っていますから。
 
さて、体重が昨年比-3キロ、おかげで数値がずいぶん改善されていました。「え?あんなラーメンばっかり食べていて?」なんて思われてしまいそうですが、酒を飲まない日の夕食は極めて低カロリーなんですよ。
 
今回から胃カメラが鼻から挿入するタイプが標準になりました。昨年までの経口胃カメラに比べ、確かに辛さが少ないですね。鼻腔麻酔のスプレーの苦さと気持ち悪さは、まあ我慢出来るレベルですし、吐き気がくる事も殆どありませんでした。
 
今回はオプションで肺のヘリカルCTと脳のMRIをお願いしました。CTは3,000円弱、MRIは10,000円。いずれも結果は郵送でデータが送られるまではわかりませんが、かなりドキドキしています。
 
MRIは人生2度目ですが、なにせ狭いところが大の苦手で、実は今回もかなり心配しました。脳の場合、頭を完全に固定するため、さらに拘束感が強くなります。とにかく目をしっかりと閉じ、検査が終わるまでひたすら我慢をしていました。途中、息苦しく感じて、SOSのブザーを押そうかと思ったのですが、なんとかこらえました。
 
この年齢になると無病息災というわけにはいきません。正直私にもいくつか問題がありますが、上手に付き合っていくしかありませんね。

星景写真が撮りたいと

会社の同僚H君、我が社に入る前はプロのカメラマンとして活動していた経歴を持っています。
 
かつて銀塩時代はニコンユーザーで、最後はF4Eを使っていたとの事。その後デジタルでキヤノンユーザーに転向(?)して現在に至ります。EOS1Dは初期モデルからのユーザーで、フルサイズとAPS-Cを両用していたようです。最近のメインは5D MkⅡでしたが、つい最近、1D Xを手に入れました。
 
彼とは昨年5月21日の日食の際、バーダーフィルムの残り彼にあげて、一緒に会社の前で連続撮影をしました。その時の使用機材は2人とも、EOS7D+EF70-200F4でした。私が彼に構図についての説明をし、ちょうど画角の真ん中あたりで食最大になる位置決めをしてあげたのです。
 
私はCFカードの容量や、その後の使用目的も考えて5分おきの撮影でしたが、彼は30秒のインターバルで撮り続け、その後動画ファイルに変換して臨場感溢れる日食動画を作りました。
 
イメージ 1
(こちらは当日私が撮影したもの)
 
以来、どうやら星(天体写真)に興味を持ったらしく、私を見かけると「Tさん(私の事)、ちょっと教えて下さい」と、星の写真の取り方を聞かれる事が増えました。
 
星座の事は全く知らないので、星空を元に構図を決める事はしません(出来ません、が正しい)。しかし風景とのマッチングなどは、やはりプロのセンスがあるのですよね。
 
その彼が、今度は「比較明合成を教えて欲しい」と言うわけです。聞けば近々白川郷に出かける予定があり、週末のみされているライトアップを使って雪の白川郷と星空を撮影してみたいのだと。
 
ノイズリダクションをOFFにして、とにかく30秒くらいの露出でひたすら撮影を続ければ良いのでは?と伝え、「ただし、雪深い場所は当然の事ながら天気が悪いという事だよ」と言いました。あとは月齢を頭に入れて行った方がいい事も説明しました。
 
さて、彼はどんな写真を撮影してくるのでしょう?楽しみにしています。

腰が抜けた!!

会社の同僚、U君からの情報でぶっ飛びました!
 
ほぼ日刊イトイ新聞で紹介されている『告井延隆のひとりビートルズがやってくる!ヤァ!ヤァ!ヤァ!』、演奏を聴いてビックリ仰天!生ギター一本でビートルズを見事に再現している!最初の“I Saw Her Standing There”で腰が抜けました。凄すぎる!
 
映像の中で、「ロックンロールはグルーヴ感なんだ」というコメント、そうですよね~。ビートルズのファースト・アルバムの第1曲目、ポールのカウント「1,2,3,4!」だけでワクワクしちゃう感覚、ギター1本で再現ですよ。これは必聴です。
 
アナウンスされている通り、2/7(木)21時から、USTREAMで生放送との事。どうしても聴かなくては!
 
告井さんのコメントに「ビートルズのコピーをやっていたけど、それは、曲を演奏したいからやっていたんじゃない。ビートルズになりたくてやっていたんだ」とあります。うん、そうですね。そんな気持ちです。英語は理解出来ないけど、歌っている気持ちは良くわかるみたいな感覚。
 
とにかく、紹介されている動画をぜひご覧下さい。
 
よし!CD買うぞ!!
ギャラリー
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ