Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2012年09月

保険

50歳をとうに過ぎ、若い頃に加入した生命保険が今月いっぱいで満期を迎えました。
 
今までと同額の死亡時受け取り金額を維持すると、何と月々の保険料が倍額近くになってしまうとの事。今でも子供の学資保険2本を合わせると月収の1割が保険料、さすがにこれ以上は払えません。
 
どうしたものか、と考えていたのですが、家人から「最近よくある『保険の見直し』って会社に聞いてみたらどう?」と言われました。調べてみると、市内の大型ショッピングモールの中にもそういった会社がある事がわかり、先日家人が話を聞いてきました。
 
今は死亡保険と傷害保険、医療保障も一括になった総合保険に入っていたわけですが、死亡時受け取り金のベース部分だけ残し、特約部分と傷害・医療部分は、それぞれ別の専門保険に入った方が割安で、かつ保障も充実するとの事。
 
まあ死亡保障は私が受け取るわけではないので(笑)、その金額で家人が良いと言うならそれでいいでしょうという事にして、提案してもらった保険に加入する事になりました。いわゆる外資系の保険などですね。
 
とにかく保険というのは、わざと加入者にわからないように設計しているんじゃなかろうか?と思うくらいに複雑怪奇です。私など途中で「もうなんでもいいんじゃないの?」と、ほぼ投げやり状態になってしまいました。
 
説明を受けた家人が納得したようなので、今週日曜日、現在の保険が切れる前日に新たな保険に加入し、保険の空白期間は避けられる事になりました。めでたし、めでたし(爆)。

一言御礼

本日、累計訪問者数が100,000件を超えました!
 
2008年11月、松本単身赴任中のアパートでひっそりと始めたブログですが、いつまで続くか?なんて思いながら今日を迎えました。
 
ここまで続けて来られたのも、ご訪問頂きコメントを下さる皆さんのおかげです。こんな駄文を毎回読んで頂き、感想やご意見を頂戴する事に張り合いを感じ、こうして4年近く続ける事が出来ました。
 
始めたばかりの頃、1日の訪問者数はひと桁の日も多く、知人に「ブログ始めたから・・・」と一生懸命PRしたものでした。ブログを通じて知り合った皆さんからコメントを頂けるようになり、伺ったブログで刺激を受けたり感心したり、PCの前に座る事が楽しくて、アパートで独り夜更かしが続いたものです。
 
昨年7月自宅に戻り、上田市から長野市まで通勤するようになってからは、松本時代のように頻繁な更新が出来なくなりました。それでも毎日多くの方に訪問頂き、こうして今日、訪問者100,000を超えるという事が出来ました。本当にビックリする数字です。
 
さて、記事もあと2件で1,000本になります。以前のペースなら1か月以上前に1,000本達成していなくてはならないのですが、このところ週2本ペースくらいに落ちてしまいました・・・。実はしばらく前に、1,000本目で100,000件達成を狙っちゃおうか?なんて思ったんですが、まあそう上手くはいきませんよね(笑)。
 
ペースは落ちましたが、引き続き役にもたたない記事をアップして参りますので、懲りずにご訪問をお願いして、まずはお礼のご挨拶とさせて頂きます。
 
いつもありがとうございます!引き続きよろしくお願い致します。

雨の夜に

今日は、諏訪勤務時代にお世話になった方の葬儀に参列するため、昼過ぎから上諏訪まで行って来ました。私が諏訪にいたのは、1989年から1998年まで。もうずいぶん昔の事になりました。
 
行きも帰りも雨の中、さすがにこの天気では星を見ることは叶いません。20時近くになって家に戻り、ソファに座りながらiPhoneを手に取ります。iステラを起動し宙にかざすと、晴れていれば見えるであろう星空が、小さな液晶画面に映し出されます。
 
イメージ 1
 
北東の空、もう木星が顔を出しているのか・・・なんて思いながら・・・。
 
来週末は仲秋の名月、月日が経つのは本当に早いですね。

進化か後退か

巷ではiPhone5の発売が話題です。
 
私のiPhoneは4Sなので、さすがにまだ買い替えというわけにもいきません。4を使っている知人は、既に昨日までに入手して、早速使い始めているようです。
 
iPhone5のOSであるiOS6の配布は5の発売前から始まっていましたが、AppleとGoogleとの関係から、youtubeが外されたり、マップがApple独自のものに変更されたりと、ユーザーからしたら不便になったんじゃないの?と思うような変更もいくつかあるようでした。
 
しかしまあ、ずっとOSのバージョンアップをしないわけにもいきません。未知のトラブルが怖い気もしましたが、昨日iOS6.0へのアップデートを行いました。
 
イメージ 1
 
デフォルトでyoutubeのアイコンが消え、代わりにPassbookなるAPPが入りました。しかしこりゃ何に使うんでしょうか?まあいいや・・・。
 
とりあえず私のiPhoneは大きなトラブルなく動いていますが、息子のiPhone(同じ4S)は、フリーズを頻繁にするようです。入れているアプリがiOS6に対応していないからだと思われますが、アプリをたくさん入れている方は、それだけ地雷が多く潜んでいるかも知れませんね。
 
近いうちに、必ず修正プログラムが含まれたOS修正版が出ると思いますが、肝心な時に固まらない事だけを祈りつつ、しばらくは様子見の日々ですね・・・。

長野県人?信州人?

 
長野県の県歌『信濃の国』。
長野県に生まれ育った人なら、ほぼ100%の人が歌えます(2番くらいまで)。これ、事実です。
 
私たちが小中学生だった頃、入学式や卒業式で歌うのは、校歌とこの『信濃の国』でした。
 
明治31年(1898年)に県歌に制定された『信濃の国』には、多くのいわくがあります。
 
明治初期の廃藩置県とその後の統廃合により、現在の長野県は長野市を県庁所在地とする長野県と、松本市を県庁所在地とする筑摩県の2つに統合されました。その後明治9年(1876年)に筑摩県庁が火事により焼失、それを契機に筑摩県を長野県に統合し、現在の長野県が出来上がります。
 
地図を見ると理解出来ますが、長野市は長野県のかなり北に位置しており、南部の飯田市から長野市まで出掛けるとすると、高速道路を使っても2時間以上かかります。飯田からだと、むしろ名古屋に出た方が早いのです。
 
筑摩県統合以来、松本を中心とする中信地区と諏訪・伊那・飯田の南信地区は、長野市を中心とする北信地区に対して南北戦争と言われるくらいにライバル意識があり、何かにつけて南北格差の問題が発生してきました。そんな長野県の成り立ちから、全ての県民がひとつの県としてふるさとを愛せるようにとの思いから作られたのが、『信濃の国』というわけです。
 
戦後になり、昭和23年(1948年)の第74回定例県議会に於いて、中南信地区出身議員から旧筑摩県の分県案が提出されました。当時の県議会は東(上田・小諸・佐久)北信出身議員25名、中南信出身議員25名の構成で、議長を北信地区の議員が務めていたことから、そのまま議案の採決まで進むと、分県推進派が多数を占めるという結果となりそうな状況となりました。
 
議決に進もうとした時、議会を傍聴していた県民の中から、突如この『信濃の国』の合唱が始まり、議事堂を取り巻いていた分県反対派の人々も巻き込み、大合唱となったのだそうです。それを聞いた分県推進派の県議たちは、「県を分けたらこの歌が歌えなくなる」という事で一気に勢いがなくなり、分県運動が潰えたというのです。
 
そうした経緯があったからでしょうか、学校行事や地区の行事、果ては全国の県人会などでも必ず歌われており、なんと通信カラオケにもしっかりと選曲されているという珍しい県歌なのです。
 
「ご出身は?」と聞いて、「私、長野県の○○町で・・・」と答えが返ってくれば、
「しーなーのーのくーにーはー じーっしゅううにー」と歌い始めると、そこからは2人で「さーかいつらぬるくーににしてー そーびゆるやーまはいやたーかくー・・・」と完璧に歌えます(笑)。
 
他と比べ、かなり特異な県民性を持つと言われる長野県民。例えば全国的には支持率20%を超えるという『維新の会』ですが、長野県ではわずか4~5%の支持しかないという事実が、それを如実に物語っています。実は地域ごとに違った文化を持ち、ひと括りで“長野県民”とは言えない部分も多くありますが、それをひとつにまとめる根底にあるのは、この『信濃の国』に歌われた郷土への誇りなのかも知れません。
 
分県騒動などの歴史があるせいか、今でも東北信出身者は「生まれは長野です」と言い、中南信出身者は比較的「信州出身です」と言う人が多いような気もします。
 
そんな事も考えると、県歌『信濃の国』は、まだまだ大切に歌い続けていかなくてはいけないようです。
 

あなたは天才です!

 
王様の直訳ロックTHE BEATLES篇ですが・・・。
面白すぎるし上手すぎるし・・・。
 
大人の事情でLennon McCartneyの曲は演奏出来ないようですが、カヴァー曲だけでも充分『カブトムシ』しています。
 
あー腰振り赤ちゃん♪で吹き出してしまいました(笑)。
 
王様、あなたは天才です!

四川料理きりん

長野駅善光寺口を出て左、徒歩7~8分のところにある小さな中国四川料理のお店『きりん』さん。何を食べても美味いと、社内にもファンが多くいます。
 
平日のランチタイムは、かなり早く出動しないと満席になってしまいます。なにせカウンター9席、テーブル席は2つで6名というコンパクトなお店なのです。
 
先日、たまたま11時半頃に近くを通る用事があり、迷わずランチにお邪魔しました。
 
カウンターに座り、オーダーしたのは
 
イメージ 1
坦々麺800円+半チャーハン150円
 
ゴマの風味と程よい辛さが絶妙な坦々麺、美味い。こちらのお店の一番人気メニューです。麺に絡むスープの辛さと麺自体のほのかな甘さ、熱さも忘れて思わず勢いをつけて頬張りたくなります。チャーハンはふっかふかに炒められていて、これまた絶妙。ご飯一粒ずつが上手に油に絡んでいるという感じです。こちらはわりと上品な味付けで、坦々麺の相方に最適です。半チャーハンの他に半半チャーハン(1/4サイズ)というのもあり、普通ならこちらで充分な量があります。値段は定かではありませんが、確か100円だったと思います。
 
四川料理きりん
長野市中御所1-15-18
電話026-225-1519
営業時間:11:30~14:00、17:30~21:30 定休日:日・祝

1969の片思い その4

先週ようやく稼動のメドが立った1969年製TS式65ミリ屈折赤道儀ですが、今回は実際に星を見ての確認をしようと思い、昨夜から実家に帰りました。付属のケルナーはコントラストが良くなかったため、手持ちのアイピース持参での帰宅です。
 
しかし夕方から天気は下り坂、20時過ぎにはとうとう雨が降り出してくる始末。結局、星を見ることは諦め、翌朝庭に除草剤を散布するため早めに就寝しました。
 
今朝は6時過ぎに起床し、朝食前のひと仕事でラウンドアップ・マックスロードを散布。今年3回目、たぶんこれで終了です。
 
8時前には散布を終わり、家の近所を散歩しました。 
ちょうど蕎麦の花が満開、真っ白な可憐な花が朝日に美しく咲いていました。
 
イメージ 1
 
さて、朝食を済ませ、65ミリ屈赤を組み立てます。先週できなかったメッキ部分の錆落としと、全体の清掃を行います。
 
まずは『ピカール』を使って金属部分を磨き上げます。クランプ類やフレキシブル・ハンドルなど、青錆がかなり出ており、特に赤緯クランプの腐食が進んでいます。さすがに再メッキまでは出来ないので、まずは出来る限り錆を取り、錆止めスプレーをかける事にします。
 
イメージ 2
 
錆落としが終わったところで、家庭用洗剤を使って全体のクリーニングを行います。これが驚くくらい汚れていて、フレキシブル・ハンドルの握手部分を拭いたらタオルが茶色になりました。
 
赤道儀の塗装は黒色の梨地塗装で、ホコリやヨゴレがつきやすいのです。スプレーをかけては拭くという作業を続け、おおむねきれいになりました。木製三脚も全体にヨゴレが目立つので、同じように拭き掃除を行いました。鏡筒も同様に洗剤を使ってきれいにし、最後に硬く絞った濡れタオルで拭き上げました。
 
さて、永年の垢を落としてサッパリとしたTS式65ミリ屈折赤道儀です。
 
イメージ 3
 
初回にも登場した、シリアルナンバー部分の拡大。
 
イメージ 4
 
この時代の望遠鏡には、やはりツァイスサイズの接眼レンズが似合いますね。
 
イメージ 5
 
今回準備したのは、高橋の24.5ミリのオルソ・アイピースを5~25ミリまでです。5ミリ・12.5ミリ・25ミリは1977年製、7ミリと18ミリはマルチコートになってからのものです。
 
イメージ 6
 
望遠鏡を眺めているだけでも嬉しくなってしまうというのは、正しい天文ファンの姿ではないのかも知れませんね。今回、オルソ・アイピースを使って地上風景を見ましたが、送電線のガイシなどを見ても、殆ど色収差を感じませんでした。次回は星の実視インプレッションをご紹介出来ればと思っています。
ギャラリー
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ