Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2010年09月

わいわいムーンディナーショー

29日、飲み友達(?)の秋本奈緒美さん
と、女優仲間の兎本有紀さんと小林美江さん3人によるユニット“わいわいムーン”のディナー
ショーが、松本市大名町のホテルアルモニー・ビアン(旧第一勧業銀行松本支店)でありました。
 
イメージ 1
アルモニー・ビアンの披露宴会場には今回初めて入りましたが、高い天井と豪華な装飾には
びっくりしました。昭和初期の銀行の建物というのは、本当にお金がかかっていますね。
 
美味しいディナーの後始まったステージは、3人の楽しいおしゃべりと素敵な歌が楽しめた、
とても寛げた時間でした。私たちと同世代の3人ですから、選曲がど真ん中ストレートに
決まるのです。竹内まりやのSEPTEMBERや荒井由美の卒業写真などなど、聞いていて思わず
涙が出そうになりました。
イメージ 2
3人の直筆サイン入りポストカードが、来場者全員に手渡されました。
 
ジャズシンガーとしてデビューした秋本さんですが、こうして歌声を聴くのは久しぶり。
 
ステージが終わった後、打ち上げに誘われ、ホテル2階のスタッフルームに行きました。
着替えを終えた3人が駆けつけ、スタッフが拍手で迎え入れます。各テーブルに分かれて
座り、それぞれ談笑。私の横には兎本有紀さんが座られました。
 
そもそも、このユニットが出来るきっかけを作ったのが兎本さん。その時の経緯をいろいろ
伺う事が出来ました。
 
さて、会場での打ち上げは23時まで続き、ではそろそろ失礼しようと席を立とうとした
ところ、秋本さんから「え?まさか帰るんじゃないでしょ?もう一軒行きますよ!」と。
 
「えぇっ?まだ行くの?!」「当然!」
で、結局オーダーストップの時間を過ぎたバーに11名で乱入!またまた大盛り上がりを
してしまいました。
 
秋本さん、兎本さん、そしてバックバンドのASKの皆さんや、今回のディナーショーを成功
させた秋本さんの中学時代の同級生の方々と共に、1時半頃まで飲んでしまいました。
 
秋本さんに「選曲が最高だったね!思わず泣きそうになっちゃったよ」というと「なーんだ、
泣けばよかったのに」なんて言われてしまいました。いや、正直ちょっとキュンってなったん
ですよ。その曲がヒットしていた頃の自分を思い出して・・・。

松代城(海津城)

イメージ 1
先週の穏やかな秋晴れの日、長野市松代町にある松代城址に行って来ました。
 
松代城は古くは海津城と呼ばれ、武田氏の上杉攻めの出城として造られたのが最初だとか。
完全な平城で、場所も長野電鉄松代駅のすぐ裏です。
 
堀にかかる橋から橋詰門、太鼓門とも再建されたもので、往時の建造物は残っていません。
イメージ 2
 
江戸時代、徳川によって上田から真田家が松代に移封され、以後約250年間に渡り真田家の
所領となりました。
 
上田市のいたる所に六文銭があるように、松代にも六文銭が溢れています。上田市民から
すれば、真田は上田だと言いたいところですが、領有の長さからすれば松代の方が断然長い
ですね。
 
とはいえ、関八州の精鋭徳川軍を2度に亘って打ち破ったのは、やはり上田城の真田軍です。
上田で六文銭を掲げる事も悪くはないでしょう。
 
本丸の中は、ただの広場なんですね。なにかもう少し見せる工夫が出来ないものでしょうか?
なんだか映画のセットのように思えるのは、私だけではないですよね。

クールビズ終了

10月1日は衣替え、明後日でクールビズも終了です。
 
わが社は今年で3年目、ようやくノーネクタイにも慣れました。
そもそもビジネスウェアは、相手に不快感を与えない、失礼にならない服装が基本。クールビズだからと
いって、変にカジュアルっぽい服装をするのはおかしいと思っています。
私は営業職なので、特に気を使います。
 
シンガポール並みの暑さの日本で、ヨーロッパで生まれた服装をする事自体に無理があるとも言えますが、
さりとて麻のカッターシャツ1枚でお客さんと会うわけにもいきません。
 
シャツが汗ばんで、肌に貼り付いているのも見苦しいので、真夏でもYシャツの下にはTシャツを着ます。
東京支社勤務時代と違い、こちらでは営業車での移動なので、それほどひどい汗をかくことも無いんです。
 
ネクタイは嫌いじゃありません。
一度締めると、帰宅までまず緩めませんね。飲んでいてもたいていそのままです。
 
しかし、夏の間にちょいと太った気がしないでもないので・・・、ひょっとすると首がきついかも知れません。
今、首回り41センチの裄丈84センチという、いわゆる標準Lサイズのシャツでピッタリなのですが、もしか
したら首回りを42センチにした方が良いかな?

ウィスパー・カード・・・知ってます?

イメージ 1
声の出るウィスパー・カード  桜田淳子 その2「おしゃべり大好き」
企画制作:文化放送・JCM  発売:プラチナ萬年筆・プラチナオーディオ 200円
 
“ウィスパー・カード”です!ご存知ですか?
 
表は歌手のブロマイド、裏面に小さなソノシートが貼られていて、プレーヤーにかけると本人の
声が聴けるというものです。当時のアイドル歌手は、けっこうこのウィスパー・カードを出して
いたと思います。
 
桜田淳子さんのウィスパー・カードは、たしか“その1”も持っていたはずですが、どこかに紛れ
込んでしまったようで見つかりませんでした。
 
さて、内容ですが・・・、
実は、今やこれを聴くことが出来ないのです。
 
レコードのレーベルよりも小さなサイズのソノシートなので、オートリフトが付いたレコード
プレーヤーでは使用不能なのですよ。
イメージ 2
 
昔のポータブル・プレーヤーや電蓄でなら聴けるのですが。
 
さすがに35年以上昔の事なので、全く内容は覚えていません。
しかし定価200円!歴史を感じる価格ですねー・・・。
 
なんとかして、もう一度聴いてみたいものです。

静岡ホビーフェア その2

さて、プラモデル製作がポピュラーな趣味になりつつあった1960年代といえば、アポロ計画。
サターン5型ロケットや、月着陸船など。このあたりのモデルは当時レベル社から数多く出て
いた気がします。そういえば最近、タミヤから月着陸船イーグルが発売になりましたね。
イメージ 1
 
ボックスアートの原画も展示されていました。こちらは菊水作戦時の戦艦大和ですね。
イメージ 2
 
タミヤのミニ四駆、20年ほど前には大ブレークして、子供達が夢中になりました。プラモデル
離れが進んでいた子供達が、また模型製作に戻ってきてくれました。作って動かして遊ぶ、
プラモデルの楽しみ方の原点でした。
 
そのミニ四駆を実物大にしたら?という事で、タミヤが作ったのがこちら。
イメージ 3
 
実力派の模型制作者の手によるディオラマが、いくつか展示されていました。
イメージ 4
 
なぜかキャノピー後部分が接着されていないまま展示されていた1/32二式単座戦闘機“鍾馗”。
イメージ 5
ガラス越しの写真で、写りが悪くてすみません。
 
メーカー別の展示コーナーもありました。こちらはハセガワ。
イメージ 6
手前の軍艦は1/350(?)の戦艦長門。後方の旅客機の出来は、さすが飛行機のハセガワです。
 
1/250スケールの木製キットによる戦艦大和。価格は\81,900-だそうで、デアゴスティーニで
買い揃えるよりはかなりお買い得ですか。
イメージ 7
 
戦艦大和のプラモデルというと、昭和40年代当時、ニチモから1/200と1/300スケールの大型
モデルが出ていました。1/200スケールというと、全長1メートルを超えるビッグサイズでした。
いつか作ってみたいと思っていたのですが、さすがに買えず、1/300のモデルを作りました。
 
最近は1/350スケールというのが軍艦モデルの標準スケールになりましたね。
もちろん、静岡のプラモデルメーカーが共同でラインナップをしている1/700ウォーターライン
シリーズは、手軽な大きさ・値段で底堅い人気があります。
 
なにせ時間がなくて駆け足でしたが、機会があればもう一度、今度はゆっくりと見学したいと
思いました。

静岡ホビーフェア その1

先日、短時間で実物大ガンダムを見学した際、同じ会場で開催されていた『ホビーミュージアム』を、
駆け足でしたが見てきました。
 
入場料600円を取られましたが、懐かしいプラモデルの数々を見られて、なかなか楽しい時間
でした。
 
イメージ 1
入り口近くに並んでいたのは、昭和40年代頃のプラモデル。イマイやLS、ニチモなど懐かしい
メーカーのものが多くあります。当時のプラモデルは、まさに子供のおもちゃ。動かして遊ぶことが
前提でしたから、それぞれギミックが仕込まれています。左上のスターリンはラジコンも搭載
出来るモデルのようです。
 
イメージ 2
LSの1/72航空機シリーズ。私もずいぶん作りました。確か1個100円だったんじゃなかった
かな?良く覚えているのは、烈風です。同じスケールの零戦に比べ、ずいぶん大柄な戦闘機
でしたね。
通なモデルとしては、右上に『東京オリンピックメインスタジアム』なんてのがあります。
なんでもプラモデルになっちゃうものですねー。
 
イメージ 3
続いては、SFものモデルを中心に。原子力潜水艦シービュー号、懐かしいなあ。手前には
アニメ『スカイヤーズ5』のミニジェット。コンポーネントステレオのプラモってのも、かなり
レアですね。おっと奥には『ジョー90』のマックスカーも!
 
イメージ 4
左の宇宙戦艦ヤマトは、アニメの中で手前に向かって飛行してくる際のイメージをそのまま
デフォルメして再現したもので、視点が決まっているモデルです。横から見ると、かなり
マヌケな感じがしたものです。マイティジャックの手前に置かれているのは、『インターセプター』
でしたか。
 
出口までには、まだまだ展示物がありました。続きは次回に・・・。

結局この有様

昨夜、風呂場で強打した足首ですが、土踏まずは紫色になり、くるぶし周辺と向う脛は腫れ
上がりという
状況になりました。
 
午後、伊那に仕事で出掛け、20年来のお付き合いをさせて頂いている取引先を訪問しました。
歩き方が少々変だったため、先方の社長から「どうした?」と聞かれました。事情を説明すると、
「そんなもん、タダの打ち身だよ!3日もすりゃ、痛みもとれるだろう」なんて、ずいぶん
冷たいなぁと思っていたのですが、社長が席を外して戻ってきた時、手には湿布薬を持って
いました。
「靴下脱げ!湿布を貼ってやる」と笑っています。
 
ふだんはとても厳しい、いやどちらかと言えば怖い社長なのですがね。
貼ってもらっている時は、なんだか恥ずかしいような変な気持ちでした。
 
イメージ 1
しかし、未だにかなり痛いです。
飲みすぎはいけませんね。海より深く反省です!

泥酔

久々に酔っ払って家に帰り、風呂に入ろうとしたら滑って思いっきりくるぶしを角にぶつけました。
めちゃくちゃ痛い!!!!!
 
でも、酔ってると案外痛みを忘れている時間もあったりします。
 
髪を乾かして、いざ布団に入ろうとしたら、くるぶしがめちゃくちゃ痛い!今も痛い
見たらくるぶしのそばが紫色になってる。
 
痛いなぁ。かなり痛い。
 
酔うというのは、まあそういうことですね。
 
朝起きたら、まだ痛いかも。
では、おやすみなさいzzz
 
ギャラリー
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 補正レンズをテストする
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ