Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

2009年09月

古いネタですが・・・

イメージ 1

火星(たぶん2005年撮影)

動画ファイルの元が見つからず、いつ撮影したものかわからなくなっちゃった『火星』です。

極冠と大シルチスが見える、良いチャンスを捉える事が出来ました。

撮影機材は、MT-160にLE-5mm、ソニーデジタルビデオカメラPC-100のコリメート撮影で、
RegiStaxで合成・画像処理しました。

火星は、小口径にとっては難物の対象です。単位面積あたりの明るさはありますが、何せ
視直径が小さいので、かなりの強拡大を必要とします。15年に一度の大接近と2年に一度の
小接近時が、小口径望遠鏡での撮影好機となります。

2003年は、非常に条件の良い大接近でした。
デジカメでの写真撮影は何度もしましたが、ビデオで撮影をする機会がありませんでした。

そして迎えた小接近(中接近くらいでした)の2005年。

この画像処理を行った頃、DVのAVIファイルを640×480のaviファイルに変換し、音声
トラックを外すという作業が上手く出来ず、ずいぶん苦労しました。同じ頃に撮影した
デジカメ画像の合成よりも、やはりコマ数の多い動画ファイルからの合成の方が良く写って
います。

2003年の大接近時よりも、この年の撮影画像(動画からの合成)の方が良く写っています。

ただ観測時期中盤以降、火星面を砂嵐が広く覆い、この写真を写した後は、殆ど模様のない
火星になってしまった事は残念でした。

戸隠

イメージ 1

鏡池から戸隠連峰を望む

戸隠に行ってきました。
紅葉には、まだちょっと早かったですね。

中社より少し上から入ったところにある鏡池のほとりから、戸隠連峰を見ています。
ちょっとガスっていて、なかなか全容を見るのが難しかったです。

道すがら、道路わきの漆の木が真っ赤に色づいていました。10月に入れば、美しい紅葉が
楽しめそうです。

ベビーシュー

イメージ 1

マサムラ ベビーシュークリーム 1個110円

松本市ネタです。

洋菓子のマサムラといえば、写真のベビーシューですよね。
ふだん、殆ど甘いものを食べないのですが、このマサムラのベビーシューは、時々無性に
食べたくなります。

良くあるシュークリームと違うのは、包んでいるシューがしっとりと柔らかい事ですね。

お客さんへの手土産にも良く使いますが、皆さんとても喜んでくれます。
たいていは「頂けばこちらのものだから・・・」と言って、早速お茶菓子に出してくれたり
して、ちゃっかりご相伴に与れる事も多いのです。

しかし、食べる際には、かなり注意が必要です。中のカスタードクリームが飛び出して、
衣服やテーブルが大変な事になります。私もネクタイの上に、半分くらいのカスタード
クリームをこぼした事があります。

安全な食べ方は2通り。
,劼噺?念豕い砲曚張る。
▲スタードクリームの注入口を見つけて、そこから少しチューっと吸い取ってから食べる。

・・・上品な味の洋菓子なのに、食べ方はあまり上品にはいかないという、不思議なお菓子
なのでした。

40年前なら・・・

イメージ 1

40年前の大口径!
8センチ F15屈折(タカハシ)と15センチF8ニュートン反射(コスモス)鏡筒。

連休中、実家に戻った際に、置いてある筒の手入れをしました。

今や個人でオーバー50センチクラスの筒を持つ時代、屈折の8センチや反射の15センチは
最小口径になってしまいました。

しかし“見え方”は、屈折10センチや反射20センチクラスまで、驚く程には変わりませんね。
もちろん、像の明るさは違いますが。

まあ、私の目が『その程度』という事なんですけど。

写真を撮るとなると、かなり違いが出ます。
惑星や月面の強拡大において、シャッタースピードが速く出来るということは、微細な模様を
写す能力にも大きな差が出ます。

ただ、以前のように、屈折ならF12~15、ニュートン反射ならF8程度であれば、口径が
大きくなるにつれて焦点距離も長くなり、使うアイピースもより焦点距離の長いものを使えた
のですが、最近の短焦点の鏡筒では、大口径でも短焦点のアイピースを使わなくてはならず、
そのあたりに像質の甘さの要因がありそうです。

短焦点の鏡筒は、アイピースに入射する光の収束角が広くなるため、スマイス系のレンズが
入ったアイピースや、バローレンズを上手に使う事が求められますね。

色収差をしっかり補正されたアポクロマート屈折でも、なぜか恒星像がポッテリとした感じに
なりがちです。

針で突いたようなシャープな星像の気持ちよさ、この2本の筒はいずれもそれを楽しめる
筒なのです。

シルバーウイークorz

イメージ 1

筑波大学!(立派な大学だぁ)

友人のO畑君から、「毎朝ブログをチェックしているから、ぜひ毎日更新して欲しい」という、
ありがたいメールを頂きました。

がしかし、

昨日はさすがにその暇がありませんでした。

野暮用があり、朝5時に家を出発。つくば市に向かったわけです。
上信越道から関越道新座料金所までは、全く渋滞も無くスムーズに走れました。外環道に入った
ところで、少々動きが悪くなり始めます。川口JCあたりで、かなり混雑してきました。

三郷JCから常磐道に入ると、渋滞一歩手前の雰囲気。とりあえず守谷SAで休憩を取り、谷田部
を下りたのが8時過ぎでした。谷田部までほぼ3時間と見ていたので、まあ予定通りに順調な
ドライブでした。

もう少し遅く常磐道に入ったら、かなりの渋滞に巻き込まれたと思われます。

筑波大学に行ったのは、実に27年ぶりの事です。学生時代、弓道北関東リーグで、同じ1部に
いたのが筑波大学でした。実力的には、我が大学よりはかなり上でしたね。

同じ大学でも、ずいぶん立派な学校だなぁというのが、当時の感想でした。今回、あらためて
学内に入ってみましたが、やっぱりそうとう立派な施設でしたね。とにかく広くてデカイ!
もっとも、つくば市自体が、そもそもこの大学ができた事で発展してきた町ですから、立派で
当然という気もしますが・・・。

さて、10時半に筑波大学を出発し、今度は桜土浦ICから常磐道に入りました。三郷までは順調、
外環道も若干スピードが出ない場所もありましたが、とりあえず関越道合流点まではほぼ予定
どおり。

新座の料金所を抜けたところから、既に関越道は渋滞気味。所沢ICあたりまで時速30キロ前後の
ノロノロ運転が続きます。三芳PAは満車で入れず、鶴ヶ島JCまでひたすらノロノロと進みます。

花園ICあたりの渋滞がいちばんひどく、殆どストップしてしまう事が何度もありました。

上郷SAも、当然の事ながら入り口から大渋滞。入る事が出来ません。

藤岡JCを抜け、ようやく上信越道に入ったのが13時半過ぎ。1時間くらいのロスでした。
横川SAに入って、遅めの昼食を・・・と思ったのですが、軽井沢への観光客でごった返して
いて、車を停めるのにもひと苦労でした。

碓氷軽井沢ICあたりも渋滞4キロ。あれじゃあ、その日のうちにプリンスショッピングプラザには
到着出来ないでしょう。

ふと気がつくと、ガソリンのメーターが、すでにEmpty寸前。トリップメーターを見ると、既に
520キロほど走行していました。燃費の悪さが欠点のレガシィです。これは上田まで残り50キロを
走り切れない可能性大。

佐久で下りて給油しようかとも思いましたが、極力アクセルを動かさずに、90~100キロの速度を
保ちつつ、東部湯の丸SAまで辿り着きました。ちょびっとだけ給油して、ようやく一安心でした。

15時半に自宅に戻り、その足で実家へ。休憩も含め、帰りは5時間もかかってしまいました。
さすがにヘトヘトになり、夜飲んだビールが良く回りました。

休日1,000円のETC割引ですが、たまたま今回初めて使いました。
しかし、ビジネスで高速を使う人からはお金を高く取り、遊びで使う人を値引きするというのは、
どうなんでしょう?通勤割引や、深夜割引というのは、それはそれで意味がある事だと思います。
休日1,000円というのは、やっぱりどこかおかしい気がします。

使っておいて、こんな事言うのも失礼ですけど。

急遽

明日、つくば市まで行って来る事になりました。

夕方には、実家で用事があるため、朝5時頃出発予定です。
しかし、シルバーウイーク中の道路混雑の状況が、全く読めませんね・・・。

しかし、今晩は非常に天気が良さそうなので、木星の撮影だけはやりたいと思っています。
南中時刻が21時頃ですから、あまり遅くまではかからないでしょう。

明日は、渋滞に巻き込まれない事だけを、ただただ祈りたいところです。

サマーウォーズ 鑑賞報告


ようやく観てきました。

上田でんき館1で、12:40~の回でした。
前回は開演15分前に到着したものの、既に補助席(パイプ椅子)まで一杯で、立ち見も
出来ずに見られませんでしたが、さすがに今回は大丈夫でした。

入りは6割くらいでしょうか、それでも田舎の映画館としたら多い方でしょう。
以前に、同じ映画館で土曜日の夕方、『男たちの大和』を観た時には、観客は私を含めて
4人(!)でしたからねー・・・。

映画はとても面白かったです。スクリーンの中に、子供の頃に見た夏の空が広がっていました。
ストーリーもわかり易くて、幅広い世代で楽しめる映画だと思います。

ネットの中で繰り広げられる、息詰まるような戦いと同時進行で、上田高校が高校野球
県大会で勝ち進み、決勝で松商学園を破って24年ぶりの甲子園出場を決めるという快挙を
果たすのですが、舞台設定が2010年ですから、ちゃんと辻褄が合っているんですね。

宇開発事業団(JAXA)とか、実際のロゴが出てくるのですけど、あまり良い役回りでは
無いのに、よくまあ使用を了解したものです。

経験上、JAXAは名義使用にも非常にうるさい団体です。たぶん、台本を全部提出するように
言われたと思います。

上田の風景が何か所も出てきて、とても楽しめました。
最後の戦いが“花札(コイコイ)”ってのも面白かったですね。

ところで、猪鹿チョウの“チョウ”は、やはり牡丹(六月)の蝶がポピュラーなのでしょうか?
我が家ばかりではないかと思うのですが、坊主に雁(八月)をチョウ(鳥)にしていた方は
いませんかね?上田でポピュラーなのは猪鹿鳥ではなかろうか?とも思うのですが・・・。
まあ、Wikipediaで見ても蝶なんですが、牡丹には青短もあり、坊主に役札が無いから
そうしていたのか・・・。

殆ど映画の感想じゃなくなっちゃいましたけど。

お買い得!

イメージ 1

ウルトラワイド9mm

さて、今年の原村星まつりで、唯一光学製品で購入したのが写真のアイピースです。
他に買ったのは・・・、生ビールに缶ビール、つまみのたこ焼きにカップラーメン、あとは
星空を守る会会長、大友哲さん特製のカレーライスと、アイソテックさんで売っていた
世界天文年ロゴ入りウインドブレーカーです・・・。

このアイピースは、スコープタウンさんのブースで購入しました。
外観に難あり(赤線にカスレ・キズあり)というもので、光学性能には全く問題なし。
これが正価\5,980-のところ、その1/3くらい(ハッキリは書けません)のメチャ安でした。

中国製ですが、造りなどとてもしっかりしています。
4群6枚のレンズ構成で、見かけ視界は66°視野最周辺の像質は悪いですが、月面など
全面を見渡す対象以外であれば、あまり気にならないでしょう。
ギャラリー
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ2019
  • 補正レンズをテストする
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ