Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

訃報

私が前の諏訪勤務のころ、今から20年以上前のことですが、一緒に乗鞍や霧ヶ峰、富士見町などで星の写真を撮っていた方が亡くなったとの連絡がありました。

しばらく前に倒れて、以降は入院生活だったと聞いていました。まだ60代前半、いくらなんでも早すぎます。

その方は中判・大判カメラを早くから使っておられ、いわゆる星景写真を一般の風景写真のジャンルでも評価されるようにした方でした。私はかなり影響を受け、マミヤプレスやペンタックス67で固定撮影を真似てみましたが、ロケハンを重視して、前景をおろそかにしない彼の写真に肩を並べられるような作品は永久に出来ないと思いました。

ビーナスラインの富士見台駐車場で狙ったカノープス、乗鞍で撮影した夜明けの空のグラデーション…、思い出は尽きません。

IMG-0001d

ご冥福をお祈り申し上げます。
合掌

BORGパズル

1960〜70年代、日本人アマチュア天文家による彗星発見が相次ぎました。天文雑誌に発見時のレポートが載り、捜索に使った望遠鏡の写真が出ていました。
当時は15〜20センチのニュートン式反射経緯台に広角アイピースの組み合わせが多かったようですが、その広角アイピースというのが、各社から出ていたエルフレ型アイピースでした。

アストロ光学や高橋製作所が出していたのが焦点距離32ミリのエルフレでした。これさえあれば新彗星発見も夢じゃないなんて思ってました。いや、一生懸命探さなきゃ見つけられないんですけどね。

数年前に手に入れた、高橋製作所のエルフレ32ミリですが、取り付けサイズが古い高橋規格の43ミリP0.75ネジというもの。今の望遠鏡にはなかなか取り付けにくい規格です。

こんな時に頼りになるのは、やはりBORGのパーツですね。今回は【7425】50.8→M57/60ADと【7430】43ミリP0.75リングを使いました。これで2インチの接眼部にエルフレ32ミリが取り付け出来るようになります。

IMG_4258
IMG_4259
かつては見かけ視界60°のエルフレを、超広視野アイピースなんて言っていましたが、今や70〜80°の視野を持つアイピースもザラにありますね。しかしレンズ枚数が少ない設計のエルフレ型は、ヌケが良くて良く見えるアイピースです。

IMG_4261
まだまだ使わせてもらいます。

よろしくお願いいたします

livedoorブログに越して参りました。
yahoo!ブログで10年やって来ましたが、まさかのサービス終了に伴い、こちらでお世話になることにしました。
どうぞよろしくお願いします。

引越し先です

引越し先…その③

ようやくYahoo!から、ブログ移行ツールが供給されましたね。

がしかし!

上手く移行出来ないという記事を上げている方がたくさんいらっしゃいます。移行に失敗した結果、移行先は空っぽで元のブログは書き込み出来なくなってお手上げ状態、なんて話を聞くと、これは急いでやるとひどい目に遭いそうです。

移行ツールが安定するのを待って(たぶん夏から秋口?)、ゆっくり進めたいと思います。それまでは今までと同じペースで、このブログを更新していきます。引き続きよろしくお願いいたします。
ギャラリー
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
  • 新コロ対策で・・・
  • 新型コロナウィルスに思う
  • 月齢8.2
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ