Across the Universe

天文ブログでスタートしたつもりが、いつの間にかB級グルメブログになり、さらにダラダラ日記に変化しつつあります。

やはり流星写真は難しい…

ペルセウス座流星群極大の12日は、夕方からベタ曇りの上、時折夕立の雨が降る状況でした。それでも今年は夜半前までかなりの好条件でしたので、自宅から30分ほどの東の空が開けた高台の公園に出掛けました。
しかし21時を過ぎても一向に雲が消える様子がなく、早々に撤収してしまいました。

13日は迎え盆。実家に戻って夕食を済ませ、外に出て空を眺めると前日よりは雲が少なく、北極星も見える状況でした。カメラは持ち帰っていたので、ポラリエにセットしてインターバルタイマー撮影を開始しました。

途中1時間ほどは完全に雲に覆われてしまい、無駄なカットを量産しましたが、群流星と思しきものを2つ捉えることが出来ました。この写角を選んだのは、天の川を対角線に配して夏の大三角を射抜くペルセ群を…というムシのいい目論見からでした。しかしまあ思い通りに飛んでくれるわけもありませんよね。

雲が少なかった方のカットをアップします。背景がネムい感じになってしまいました。

resize0920
2020年8月13日20:47:12 57秒露出
Canon EOS Kiss X7i Tokina AT-X116(14mm F2.8) ビクセンポラリエにて恒星時追尾
ケンコープロソフトンクリア使用

C/2020 F3 ネオワイズ彗星

今年はとにかく天気が悪いですね。いくら梅雨時とは言っても、全国有数の少雨地域である長野県東部が、これほど毎日雨が降るというのは異常です。夜間も全く晴れない日々が続き、巷で話題になっていたネオワイズ彗星(C/2020 F3 Comet Neowise)も近日点を過ぎても全く見ることが出来ませんでした。

最後のチャンスと思っていたのが、この週末でした。月が無く、天気予報も梅雨の中休みといった感じでしたので、とにかくどこか遠征してでもと考えていました。

18日(土)、朝から庭の草刈りを行い、すっかり疲れて昼寝をしている時、携帯電話が鳴りました。星景写真をメインに撮影している知人からでした。
「ネオワイズ、今日チャンスじゃないですか?」と。私は自宅近くで撮影しようと考えていると伝えると、「美ヶ原まで上りましょう」との提案です。美ヶ原と言えば標高2,000メートルを越える、長野県の中心に位置する高原です。場所を移動すれば360°のパノラマが見られる場所ですから、北西が高度0°まで見渡せる場所もあります。しかし急カーブが続く山道を含め自宅から1時間強かかる場所、しかも自宅から見る美ヶ原方面はその時間雲の中でした。少し躊躇しましたが、彼のプッシュもあり行くと決めました。

晩酌を我慢して夕食を早めに済ませ、17:30に自宅を出発。カメラ2台にP2赤道儀とカメラ三脚、最小限度の機材を積んでの遠征です。途中、忘れ物は無いか考えながらでしたが、久々の遠征ながら問題はないと確信、現着18:40でした。

到着時は西の空に青空が出ていたのですが、機材を組んでいるうちに西から北の空を黒雲が覆ってしまい、その後は全く雲が切れませんでした。20:50に撮影を断念し、機材撤収21:00過ぎに現地を後にしました。当夜は我々以外に10名ほどが撮影に来ており、赤道儀を組んでいる方も3名ほどいたようでした。

19日(日)、夕方から天気は崩れるとの予報でしたが、前夜の悔しさが残っていた私は知人に「今夜もどう?」と電話をしました。彼はその夜地区の懇親会があり遠征は無理とのこと、さてひとりで美ヶ原まで行くのも面倒くさいなあと少々気持ちが後ろ向きになりました。しかし彗星は一期一会、行かずに後悔するより行って曇っていた方がすっきりするだろうと自分に言い聞かせ、前日と同じ時間に出動しました。

美ヶ原高原美術館の駐車場に着くと、前日にような望遠鏡やカメラをセットしている人どころか、車も殆どいません。しかも到着時は完全に雲の中で湿度100%、外に立っているだけで衣服がしっとりとして来ます。前夜は薄手のパーカーだけで来てしまい、寒さで参ってしまったので、冬用のマウンテンパーカーにオーバーズボン、寒さ対策はバッチリでしたが、こりゃ合羽を着た方が良かったか?と思うような天気でした。

やる気も失せてしまいましたが、せっかくなのでP2赤道儀とポラリエをセット、しかし北極星など見える状況ではなく、磁石で適当に北に向けた状態で組み立てました。問題はピント、何か星が見えなくては無限遠を出せません。ふと振り返ると東の低空に木星が雲間から出たり入ったりしています。慌てて2本のレンズのピント合わせを行い、固定してすぐに木星も見えなくなってしまいました。

20:00を過ぎた頃から西の空に雲の切れ間が現れ始めます。奇跡が起きるか?と祈りながら双眼鏡で掃天を始めると、「!見えた!!」慌ててカメラの画角を決めて撮影開始です。何度となく雲にかき消されながら21:00頃まで撮影を続けました。

雲の影響を受けなかったのは、ほんの数枚でしたが、135ミリと50ミリの画角で撮影が出来ました。ちゃんと処理した画像ではありませんが、記録としてアップします。

IMG_0190
2020年7月19日20:27 Canon EOS Kiss X7i EF50mm F1.8STM(F2.0) ISO1600 露出15秒
ビクセン ポラリエにて恒星時追尾

IMG_4157-2
2020年7月19日20:28 Canon EOS Kiss X3 EF70-200mm F4L IS USM(135mm F4) ISO1600 露出30秒
タカハシP2赤道儀にて自動追尾

P2はかなり極軸がいい加減だったので、135ミリの焦点距離でも星が少々流れてしまいました。でもまあ、あの短時間でカメラ2台、しかも予行演習無しで撮影出来たわけで、自分的にはとても満足できる結果でした。イオンテイルとダストテイルがしっかりとわかる、彗星らしい姿の彗星でした。また淡い天体を撮影するには、やはり標高の高さは重要だと再認識しました。

22:00過ぎに自宅に戻り、缶ビールを開けてひとり祝杯を上げました。

カローラツーリング

5月に営業車が更新され、マツダアクセラからカローラツーリングのハイブリッドSになりました。
ステーションワゴンかセダンか、好きな方を選んでいいと言われたので、普段からレヴォーグに乗っていることもあり、ワゴンタイプのツーリングにしました。

IMG_6022

営業車では10年前に2代目プリウスに乗っていたので、ハイブリッド車は2回目になります。プリウスのような電化製品的インテリアではなく、普通の車と同じシフトレバーで違和感はありません。この10年で、一般の乗用車の多くがプッシュ式スターターになったことも理由でしょう。

さて、このカローラツーリングを買おうと考えている方がいるかも知れませんので、約2か月乗った感想を書いてみたいと思います。

IMG_6026

まずボディ剛性が高く、カチッとしています。バッテリーが床下にあり、重心が低いため、コーナリングも安定しています。FFにありがちなコーナーでの大回りする感じはほとんどありません。昔のプリウスのような、アクセルのリニア感の無さについても、だいぶ改善されていると感じます。

不満な点としては、まず荷室の左右に窪みがあり、横幅を十分に使えないのはいただけません。またドアの内側の取手がヒンジ側に近すぎる上、節度感がないために一気に大きく開いてしまい、駐車場などでは隣の車にドアパンチしてしまいそうになります。これは絶対に改良して欲しい点です。

少々不満はありますが、デザインもカッコいいですし、走りもキビキビしていて運転が楽しい車です。

部分日食はほぼ雲の中

今日は夏至。
夏至に日本で日食が起きるのは372年ぶりとか。まああまりピンときませんが…。
それよりも、休日の天文現象ということが希少でありがたいと思ったのは私だけではないでしょう。

午前中はいい天気で、ちょっと早すぎるなあと心配していたのですが、観測場所に到着し、望遠鏡を組み立てているうちに雲行きが怪しくなって来てしまいました。
今回はED80Sに1.5×テレコンバーターで拡大撮影、30ミリで全行程を5分のインターバルで、135ミリで食最大の前後25分を狙うという作戦でした。

観測場所は西の空が開け、遠く山並みが美しい場所を選びました。

IMG_6389

30℃を越える酷暑の中、望遠鏡を組み立てて汗だくになりました。今回使った望遠鏡は、好きな方にはわかって頂けるシステム、ビクセンのSP-DX赤道儀にK-ASTECの両軸モーターを付けたものです。

IMG_6397

日食が始まると急に雲が増え始め、16:30過ぎには厚い雲に覆われるようになってしまいました。結局インターバル撮影の2台は諦め、雲が薄くなる瞬間を望遠鏡を覗きながら待ちます。

写せた中でいちばん大きく欠けた写真がこちらでした。

IMG_0174-1
(写真は上が北になります)
2020年6月21日16:42 Vixen DE80S+1.5×テレプラス(FL1,080mm) Canon EOS Kiss X7i ISO100 Tv1/15s バーダーアストロソーラーフィルター使用

とりあえず結果は残せましたが、最大食が写せなかったのは残念でした。

月齢9.3

ステイホームの大型連休、この3日間は天気も良く、今日などは真夏日になりました。長野県飯田市南信濃が全国最高気温だったとか。上田もめちゃくちゃ暑かったです。

昨夜は設定も適当な新改造EOS Kiss X7iで上弦の月を撮影したのですが、ホワイトバランスが合ってない上に撮影画像の自動回転がONになっていたため、RegiStaxで処理が出来ず大失敗してしまいました。

今夜は使い慣れたKiss X3での撮影で、何とか結果を残すことが出来ました。

IMG_4100-2
2020年5月2日19:17 ビクセンED103S+BORG1.4×テレコンバーター(合成FL1,113mm)
Canon EOS Kiss X3ボディ ISO400 Tv1/200 タカハシEM200Temma2Jr RegiStax使用
ギャラリー
  • やはり流星写真は難しい…
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • C/2020 F3 ネオワイズ彗星
  • カローラツーリング
  • カローラツーリング
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 部分日食はほぼ雲の中
  • 月齢9.3
  • 月齢2.3
  • 月齢2.3
  • 新コロ対策で・・・
最新コメント
記事検索
管理人

matchiro

読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ